ホルティ 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

カスミソウの花言葉と花束にいい理由は?見頃の季節は?臭いはある?

カスミソウは、白くふわふわした見た目がお菓子のようでかわいらしいですよね。アレンジメントやブーケの脇役としてよく花束に用いられます。今回は、カスミソウの花言葉や花束にいい理由、見頃の季節や臭いについてまとめました。

カスミソウの花言葉、由来は?

『無邪気』『清い心』『親切』『幸福』『夢見心地』

● 色別の花言葉
ピンク:切なる願い/感激

カスミソウの咲かせる純白で小さな花は、奥ゆかしく可憐な印象であることから、「無邪気」や「夢見心地」「清い心」といった花言葉をもつようになりました。また、他の花と合わせて花束にするときに、目立たず他の花をひきたたせることから「親切」「幸福」といった花言葉がつきました。

カスミソウが花束にいい理由は?

カスミソウ バラ 花束

カスミソウは、網の目のように枝が細かく分かれています。単体ではあまり目立たない花ですが、他の花と合わせるとベールに覆われたようなイメージになることから、花束によく用いられています。また、「清らかな心」「幸福」「夢見心地」といった花言葉は、花嫁や結婚式を執り行うカップルの心情をイメージさせることから、結婚式のブーケにもよく用いられています。

カスミソウの学名・原産国・英語

学名
Gypsophila elegans
科・属名
ナデシコ科カスミソウ属(ギプソフィラ属)
英名
Baby’s breath
Gypsophila
原産地
アジア、ヨーロッパ
開花期
5~8月
花の色
白、ピンク
別名
小米撫子(コゴメナデシコ)
群撫子(ムレナデシコ)
花糸撫子(ハナイトナデシコ)

カスミソウとは?どんな花を咲かせる植物?

カスミソウは、アジアからヨーロッパの広い地域におよそ125種が自生しています。一般的に出回っているカスミソウのエレガンス種は、1mほどの高さに育つ一年草で、白やピンクの細かい花をたくさん咲かせます。この他にも、切り花用の宿根草で草丈が高い「パニクラータ」、矮性の「ムラリス」、多年草の「オノエマンテマ」などの種類が出回っています。

名前の由来

学名は、石膏を意味する「gypsos」と、愛することを意味する「philios」が語源で、石灰質の土壌を好むことに由来しています。和名は、白い花をたくさん付ける様子が春の霞(かすみ)のように見えること由来しています。また、英名の「Baby’s breath」も赤ちゃんもしくは愛しい人の吐息という意味で、花姿に由来しています。

カスミソウの種類や品種は?

カスミソウ ピンク

エレガンス種

ウクライナやイランなどが原産の一年草で、一般的にカスミソウというと本種を指します。日本には大正時代に渡来しました、草丈は20~50cmと中型で、細かく枝分かれし、小さな花が株を覆うように咲くのが特徴です。

パニクラータ種

上記のエレガンス種と区別するために「宿根カスミソウ」の名前で流通する種類です。ヨーロッパ東部の寒い地域が原産で、明治初期に日本に渡来しました。近年はエレガンス種の開花調節技術が確立されていないことから、切り花用としては本種が多く出荷されています。「フェスティバルスノーシリーズ」が、主流の品種です。

ムラリス

草丈は15~30cmほどの矮性種で、白やピンクの小さな花を咲かせる一年草です。

オノエマンマテ(カーペットカスミソウ)

ヒマラヤ原産の高山植物で、矮性品種です。よく目にするカスミソウに比べて花が大きく、カーペットのように広がって咲くのが特徴です。

カスミソウに臭いはあるの?

カスミソウは、その名前や可憐な見た目から、とても甘くていい香りがしそうですよね。しかし、実際は、「トイレの臭い、汗の臭い、加齢臭」と例えられるように、あまりいい臭いはしません。

これは、カスミソウに含まれる脂肪酸「メチル酢酸」によるものです。この話を聞くと、花束に使うのをためらってしまいますが、最近は臭いの少ない品種や、臭いを抑制するトリートメントなどが開発されているので安心してください。

カスミソウの季節は春から夏

カスミソウ 花瓶

カスミソウは、年中花屋さんに並んでいるイメージがありますが、本来は春から夏にかけて花が咲きます。育て方が簡単なので、季節を感じたい方は、ぜひ育ててみてください。一重咲きから八重咲きまであり、花のサイズも種類によって違うので、育ててみると新しい発見があるかもしれませんよ。

初回公開日: 2015年08月02日