ホルティ 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

カラーの花言葉は?ブーケにおすすめ?見頃の季節や種類は?

シンプルな花でブーケによく使われるカラー。凛々しく上品な美しさを感じさせてくれますよね。今回は、そんなカラーの花言葉やブーケにおすすめの理由、見頃の季節、種類についてまとめました。

カラーの花言葉は?ブーケにおすすめ?

『乙女のしとやかさ』『華麗なる美』『清浄』『清純』

● 色別の花言葉
ピンク:情熱
黄色:壮大な美
紫:夢見る美しさ

「乙女のしとやかさ」「華麗なる美」など、カラーは女性の美しさを表す花言葉をもっています。これに加えて、真っ白な花やシンプルな形が花嫁を引き立たせることから、ウェディングブーケによく用いられます。白以外にもピンクや黄色、赤などもあるので、カラードレスの雰囲気に合わせてブーケを作る方もいます。

カラーの学名・原産国・英語

学名
Zantedeschia aethiopica
科・属名
サトイモ科オランダカイウ属
英名
Calla lily
Arum lily
原産地
南アフリカ
開花期
4~7月
花の色
白、ピンク、赤、黄、オレンジ、紫など
別名
海芋(カイウ)

カラーの語源は、ギリシア語で美しいを意味する「カロス」に由来するという説や、修道女の襟(カラー)に花の形が似ているという説など諸説あります。ユリのような白く美しい花を咲かせることから、英語では「カラーリリー」とも呼ばれています。

カラーってどんな花?

カラー 花

くるりと巻いたラッパのような花をつけます。この花の部分は、仏焔苞(ぶつえんほう)と呼ばれる葉が変化したもので、花の本体は中心の黄色い棒状の部分です。草丈は30~100cmに生長し、葉楕円形や三角形、ハート型など葉の形は種類によって異なります。中には葉に斑が入る種類もあります。まっすぐに伸びた茎が美しく、見栄えもいいことから、切り花やアレンジメント、鉢植えに人気です。

カラーの開花時期と見頃の季節は?

カラーは3月頃から市場に出回り、6月に見頃を迎えます。初夏の花として知られていますが、近年は花束への需要が高まっていることから、温室で育てられたものを冬でも見かけます。花持ちが1週間ぐらいと長いことも好まれる理由です。

カラーの種類や品種は?

カラー 種類

カラーは南アフリカに6~8種ほど自生する球根植物です。園芸上は、育てる場所によって「湿地性」と「畑地性」の2種に大別できます。日本で育てる場合は、育てやすい畑地性のものがよく使われます。以下に代表的な品種をいくつか紹介します。

オランダカイウ

湿地性の代表品種で、草丈は90cmほどに育ちます。耐寒性があり、強くて丈夫なことから、多くの園芸品種の元となっています。花は白く、先端から大きく広がっていい香りがします。

シロボシカイウ

畑地性の品種で、葉に白斑があります。本種を元に交配させたものがハイブリッドカラーとして知られ、園芸品種が豊富にあります。

カラーの花は個性的でインテリアにぴったり

カラー

カラーは、原種は8種程度と少ないですが、園芸品種は100種類ぐらいあるとされ、色や形、大きさも様々です。すっとした個性的な花姿は、個性的ですよね。インテリアとして、一度お部屋に飾ってみてはいかがでしょうか。

初回公開日: 2015年08月27日