ホルティ 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

ポトスの花言葉は?風水にいい理由と置き場所は?種類や品種は?

ポトスは、ガーデニングビギナーからベテランまで、幅広いファン層を誇るポピュラーな観葉植物です。

季節を問わず緑の葉をつけ、温度管理に気をつけてさえいれば冬でも枯れないことから、インテリアグリーンとして重宝されています。

今回はポトスとはどんな花なのか、風水に向いているのはなぜなのか、どこに置けばいいのか、花言葉や意味・由来、開花時期と見頃の季節、色・種類・品種についてご紹介します。

ポトスとは?学名・原産国・英語は?

学名
Epipremnum aureum
科・属名
サトイモ科ハブカズラ属
英名
Pothos
scindapsus aureus
Rhaphidophora aurea
原産地
ソロモン諸島・東南アジア
開花期
花の色
別名
黄金葛(オウゴンカズラ)

ポトスとは、サトイモ科ハブカズラ属に分類されるつる性の多年草です。

ポトス属という種類も存在していますが、分類上違う植物にあたります。かつてポトス属に分類されていたことの名残で、今も園芸上は「ポトス」という名称で親しまれています。

日光と水をあまり必要とせず栽培が容易なことから観葉植物として人気があります。原産地の熱帯では、茎が10m以上に伸び楕円形の大きな葉が特長です。

ポトスはどんな花を咲かせる?

ポトス

ポトスは、株が十分に成長するとサトイモ科特有の棒状の花軸(肉穂花序)と、それを包み込むように発達した苞が伸びてきます。

ただ、10年に1度咲くか咲かないかというほど貴重な花なので、生産農家ですら目にする機会のない、非常に珍しいものです。

ポトスが花をつけるまでには長い年月を要しますが、気長に付き合っていれば忘れた頃に思わぬ感動が待っているかもしれませんよ。

ポトスの花言葉や意味は?

『永遠の富』『華やかな明るさ』

ポトスは「永遠の富」という花言葉の影響から、金運を上げてくれるとされ、銀行や企業のロビーによく飾られます。

また、繁殖力旺盛で緑を絶やさないことから「華やかな明るさ」という明るいイメージの花言葉を持つようになりました。

ポトスの風水の効果は?どこに置く?

白 ポトス

風水では、「植木は難を防ぎ、花は難を隠す」という言葉があり、植物には場のエネルギーを整えたり高めたりする効果があるとされています。

そのため、風水では観葉植物がよく用いられます。中ポトスは、「自己の活性化」や「恋愛運アップ」の効果があるとされる植物で、丸い葉っぱには人の気持を和らげる作用があるそうです。

「最近、なんだか気分が沈みがち」という方は、ポトスを育てて活力をもらいましょう。

ただ、繁殖力があるポトスは、「陰」の気が強いことから、育てる方のエネルギーを奪ってしまうこともあり、置き場所には注意が必要です。

リラックスできる空間である寝室に置くことは避け、空気の淀みやすい部屋の隅やトイレ、バスルーム、キッチンなどに置くといいですよ。

さらにポトスの効果を高めたい場合は、南西に置くのが吉とされていますよ。また、プラスチック製の容器は運気を下げてしまうので、陶器やガラス製の鉢に植えてあげるようにしてください。

ポトスの種類や品種は?

ポトスは10種ほど品種があるとされ、色別に大きく分けると、真緑、黄緑、マーブルの3種類があります。

品種によって斑(ふ)の入り方や葉の色味が少しずつ異なり、観葉植物の中でもバラエティ豊富で飽きがこないところもポトスの魅力ですね。今回は、いくつかの代表的な品種をご紹介します。

ゴールデンポトス

ポトスの中でも最もメジャーな品種で、葉の緑と斑の白のコントラストを楽しむことができます。育てやすく丈夫なことから、初心者の入門種に最適です。

葉っぱがハート型をしていることから、葉のついたつるを好きな人に贈ると想いが成就するといわれています。

ポトス パーフェクトグリーン

ポトスの中でも新しく開発された品種で、白い斑が全くない青葉が特徴です。日本では2014年頃から流通しはじめました。他の品種に比べて日陰に強く、置く場所を選ばないのがポイントです。

ポトスライム

爽やかなライトグリーン一色の品種で、お部屋にフレッシュな彩りを添えてくれます。

葉の色が薄いことから繊細な印象を受けますがポトス同様育てやすく、ミニ観葉植物としても根強い人気を誇っています。

ポトス マーブルクイーン

白をベースに緑斑の入ったやさしい色合いが人気の品種です。生育が遅い上に過湿に弱く、耐寒性をほとんど持たないことから、ポトスの中では扱いづらい品種とされています。

また、挿し木で増やすのも難しく、冬越しさせるには細かな手入れが必要なので、栽培に慣れた上級者向きです。

ポトス エンジョイ

インドの生産農家で生まれた、枝変わり(突然変異)品種です。葉のふちに覆輪があり、全体に白い部分が多く、造花のような端正さで小ぶりでも見栄えがします。

2007年にはオランダ・アールスメール主催のイベントで「FLORA HOLLAND AWARD」 を受賞し、美観を重視するヨーロッパの人々から愛され続けています。

観葉植物にはポトスがおすすめ!

ポトスのような葉ものは、シンプルなだけに少しの個体差が愛着を生みます。特にゴールデンポトスは、日照時間や光の強度で斑の入り方にばらつきがでるため、同じ種類でもそれぞれに味わいがあって楽しめますよ。

また、育て方次第で様々な表情を見せてくれるので、お部屋の観葉植物としてポトスはおすすめです。

初回公開日: 2015年07月25日