ホルティ 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

チューリップの花が咲き終わったら?球根の堀り上げ方や保存方法は?

球根の栄養を使いながら花を咲かせ終わったチューリップは、秋になると弱ってしまいます。このときちゃんと掘り出して保存しないと、翌年は芽や葉っぱだけで花が咲きません。そこで、今回は、咲き終わったチューリップの球根の取り方や保管方法についてご紹介します。

チューリップが咲き終わったら?球根の掘り上げ方や保存方法は?

チューリップ ドライフラワー

咲き終えたチューリップの球根は掘り出して保管しておけば、翌年も同じ球根を植えて育てられます。保管のポイントは、花が散ってからの球根への栄養補給と日陰で風通しの良い場所に置いておくことの2つ。

一般的にチューリップの球根の平均寿命は1~2年なので、「分球(ぶんきゅう)」という球根が分離した状態になると、花を咲かせるだけの体力がなくなる場合もあるので注意が必要です。

球根の堀り上げ方と保存方法

  1. 花が咲き終わる
  2. 葉っぱを残して花の茎だけを切り取る
  3. 薄めた液体肥料を月に3〜4回与え、乾燥する前に水やりをする
  4. 葉が黄色くなって、枯れはじめたタイミングで球根を掘り上げる
  5. 球根の上で茎をカットして、分球した球根を1つ1つ分ける
  6. 表面の土をキレイに落とし、ネットなどの通気性のよい袋に入れる
  7. 次の植え付けの時期まで、風通しの良い場所で日陰干しにする

チューリップの球根を掘り上げるまで

秋 球根 植え付け チューリップ 地植え ガーデニング

チューリップの花が散って葉が黄色く枯れたら球根を掘り上げるタイミング。それまで花がない状態でかわいそうになってしまいますが、この期間が長いほど球根が栄養を蓄えられます。掘り上げた球根はその先、水も栄養もない状態での保存になるので、翌年のために葉っぱの状態でも水やりと液体肥料は与え続けてください。

花がきれいなうちに切り取ると、それだけ球根へ栄養を補充できる期間は長くなります。

保存していた球根の植え方

1年前に保存しておいたチューリップの球根を植えるときは、よい球根を選び、場所に適した植え方を行うことが大切です。

よい球根選び

チューリップ 球根 土

「重くて大きい」「根にも皮にも傷が無い」「皮にはツヤがある」ことが、よいチューリップの球根の条件です。逆を言えば、傷がある、病気(腐っている)、軽い・小さい、分球している球根は植えないようにしましょう。

球根の植え方

チューリップ_球根_植え方_地植え_鉢植え_イラスト 2

2回目以降のチューリップの球根を植える方法は、1回目の植え方と同じです。ただ、土は使いまわさず、必ず新しいものを使ってください。

チューリップの球根を大切に保存しよう!

チューリップ

チューリップの球根の平均寿命は1~2年です。咲き終わった後の手入れや、ケアをしっかり行っていると3~4年間花を咲かせることができます。

愛情と時間をかけて育てるからには、ちゃんと花を咲かせてほしいものですよね。球根の手入れをしっかり行って、長い間チューリップを楽しんでくださいね。

初回公開日: 2015年05月22日