ホルティ 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

カラーの育て方!鉢植えや地植えの方法は?植え替えの時期は?

シンプルな花姿のカラーは、切り花やアレンジメントに人気です。凛とした咲き姿が印象的で、鉢や地面に植えると、すっきりとした印象の庭やベランダに。

今回はカラーの育て方について、鉢植えや地植えの方法や植え替えの時期などをご紹介します。

カラーとは?育て方のポイントは?

カラーとは、南アフリカに約8種が自生する球根植物です。「畑地性」と「湿地性」の大きく2つのタイプに分けられ、園芸では畑地性のカラーをよく育てます。

畑地性は乾燥気味に、湿地性は湿気気味に育てるのがポイントです。以下に大まかな違いをまとめました。

畑地性カラー

乾燥地域で育つタイプです。湿地タイプに比べて栽培が簡単なため、園芸でよく用いられます。また、花色が豊富で、水はけのよい草地や岩場を好むため、湿度の高い環境が苦手です。

湿地性カラー

エチオピカやチルドシアナの水辺に群生していた品種から作られたカラーです。湿り気のある土壌を好み、耐暑性に優れています。

カラーの種まきや球根の植え付け!鉢植えや地植えの時期と方法は?

種まき

花を咲かせた後につける種から育てることができます。8~9月に、底の浅い育苗箱や平鉢に川砂を入れ、種が重ならないようにばらまきます。

発芽するまでは土が乾かないように水やりをし、日陰で管理します。発芽したら、月に1回液体肥料を与えながら育て、1年後に鉢や地面に植え替えます。

球根の植え付け

鉢植えと地植えのどちらも4~5月中旬に植え付けます。日当たりと風通しのよい場所を好みますが、湿地性の場合は、土壌が乾燥すると花つきが悪くなるので注意してください。

鉢植えは、底の深い5~6号鉢に鉢底石を入れ、土の表面から2~5cmほどの深さに球根を植えます。地植えは、午前中に日が当たり、午後は日陰になる場所を選びます。

事前に土を深さ30cmほど掘り起こして、肥料を混ぜて寝かせておきます。そして、株同士の間隔を20~30cmほど空けて、深さ5cmのところに球根を植え付けましょう。

1~2ヶ月ほどで花が咲きだし、6~7月に見頃を迎えますよ。

カラーの育て方!土作り・水やり・肥料の時期と方法は?

土作り

湿地性と畑地性で、好む土質が異なります。畑地性のものは、赤玉土(小~中粒)5:腐葉土3:川砂2の割合で混ぜた土か草花用培養土など水はけのよい土に植えます。

湿地性のものは、水もちのよい土を好むため、赤玉土(小~中粒)6:腐葉土4の割合で混ぜた土か、鹿沼土だけを使いましょう。

庭植えのときは、植え付けの2週間前に掘り上げ、土と腐葉土を混ぜて寝かせておきます。腐葉土は水はけがよくなるので、それぞれのタイプに合わせて量を調節してください。

水やり

生育期には、土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。葉や茎を傷めないよう、根の生え際に水を与えます。

秋から徐々に水やりの回数を減らし、休眠期の冬には、水やりをストップします。ただ、湿地性のタイプは、冬も乾き切らない程度に水を与えるようにしましょう。

肥料

最初に植え付けるとき、ゆっくり効果が出る緩効性の化成肥料を土に混ぜておきます。5~6月は、週に1度液体肥料を与えるか、月に1度、固形の肥料を与えてください。

カラーの剪定・球根の掘り起こしの時期と方法は?

剪定

多湿を避けて風通しをよくするためにも、枯れた花や葉はこまめに切り取ります。ただ、葉は球根が大きく育つために必要なので、黄色くなるまで置いておきましょう。

また、枝や花が茂り過ぎているときは、葉や花の芽を摘んでしまいます。

球根の掘り起こし

畑地性の地植えは、自然に葉が枯れたら球根を掘り起こします。掘り上げた球根は、湿らせた水苔に包み、5度以上の場所で保管し続け、翌年植え付けましょう。

湿地性は、土が凍結しないのであればそのまま冬越しができます。鉢植えの場合は、掘り上げずに室内へ移動させましょう。

カラーの植え替えの時期・方法は?

3~4月頃、3年に1度ほどを目安に植え替えます。同じ場所で育て続けると生育が悪くなるので、植え付け時と同様の土と容器を用意し、病気予防として殺菌剤を散布してから植え付けましょう。

球根の植え替えの時期や方法は、植え付けの時期や方法と同じです。

カラーの増やし方!分球の時期と方法は?

3~4月に分球で数を増やすことができます。湿地性は、葉を半分のサイズにカットし、球根を2つほどに分けましょう。

あまり細かく分けると花つきが悪くなります。畑地性は、球根のくびれた部分を切り分けていきます。いずれの場合も、植え替えと同時に行うとスムーズですよ。

カラーのどんな病気になる?病気の対処法は?

品種によって抵抗力に差はありますが、高温多湿な環境では軟腐病にかかることがあります。感染すると球根や茎が腐って溶けてしまいます。

一度かかると治療ができないため、株は抜き取って焼却処分してください。また、土から他の植物へ感染してしまうので、土壌消毒をして感染を防ぎます。

カラーはタイプによって育て方が違う

カラーには、2つのタイプがあり、水やりのタイミングや土作りなど、育て方に違いがあります。ただ、ポイントを抑えれば、育てることはそれほど難しくありません。

耐暑性や耐寒性があるので、気温が高い暖地なら、真冬でも花を咲かせてくれますよ。

初回公開日: 2015年09月08日