ホルティ by GreenSnap 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

【パーライトとは?】土壌改良での使い方や価格、黒曜石など種類は?

ガーデニングをはじめようとホームセンターにいくと、たくさんの種類の土が並んでいますよね。それぞれの種類によって、成分や性質は様々。何を使えばよいかと悩んでしまう人が多くいます。でも、それぞれの性質を知ると、自分で植物に合った土を配合することができ、ガーデニングの楽しみが広がりますよ。

今回は、そんな土の中でもパーライトとはどんなものなのか、土壌改良での使い方や価格、黒曜石など種類についてご紹介します。

パーライトとは?

パーライトとは、鉱物を高温で熱することで発泡させた白色粒状の土です。原料によって性質の違いはありますが、土壌改良材や培養土の原料として利用されます。いずれも高温処理する過程で水分が蒸発し、表面に細かい穴が開いています。そのため、空気をたくさん含む軽石状になり、水に浮くほど軽くなります。

黒曜石などパーライトの種類ごとの特徴

パーライト

パーライトの原料は、黒曜石か真珠岩です。以下にそれぞれの特徴をご紹介します。

真珠岩パーライト

真珠岩は、ガラス質の火成岩です。もともと水分を多く含んでいることから、高温で熱すると軽く多孔質でやわらかな質感になります。通気性と水もちに優れており、土の水はけがよすぎるときの土壌改良材として使います。

黒曜石パーライト

黒曜石とは、黒緑色をしたガラス質な火成岩です。真珠岩に比べて水分の含有量が少なく、高温処理をすると細かい穴が空いた粒になります。

土に加えると、水はけや水もち、通気性のバランスが整います。また、イオン交換性能があることから、黒曜石パーライトについた水はミネラル水になり、根腐れを防止する効果も期待できます。

パーライトの使い方は?

バーミキュライト 土 ガーデニング

黒曜石パーライトは、「土に水が染み込まない」「根の発育が悪い」といった場面で利用します。土に加えることで、水はけと水もち、通気性のバランスをよくしてくれます。これによって、根が酸素を取り込みやすい環境になるほか、土に潜む微生物の活動を活発にして植物の生育を促します。一方、真珠岩パーライトは、水はけがよすぎるときに土に加えて使います。

土壌改良材として以外は、無菌なので種を保存するための土として活用できるほか、ハンギングなど土を軽くしたいときにも利用されますよ。

パーライトの注意点は?

軽いという特徴から、徐々に土の表面に粒が浮き上がってしまいます。植物を定期的に植え替えて、パーライトを土に混ぜ込んでいきましょう。また、土に入れすぎると軽くなりすぎてしまい、植物が浮き上がってくることも。使う量はメインの土の1~2割程度が適当です。

パーライトの価格は?

パーライトは、2~4Lで150~400円、10~20Lで600~1400円前後が相場です。土に加える量は少ないので、2Lほどで10鉢ほどの植物に使うことができますよ。粒が小さければ小さいほど水もちがよくなるので、加える土に合わせて種類を選ぶことが大切です。

パーライトを楽天市場で探す

パーライトを土壌改良材として使ってみよう

土  肥料と堆肥を合わせた用土

パーライトは、赤玉土との相性がよいほか、清潔なので挿し木用の土としても活用することができます。また、通気性がよく軽いので、鉢やコンテナを吊るしたり、壁にかけたりするときにぴったり。玄関先やベランダにたくさんの花を飾りたいときは、土にパーライトを混ぜてみてくださいね。土の質も改善してくれるので、野菜を栽培する畑に加えるのもおすすめですよ。

更新日: 2018年08月30日

初回公開日: 2016年01月20日

関連コンテンツ