ホルティ 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

古い土を再生させる方法!プランターや庭土に違いはある?

植木鉢やプランター、庭でガーデニングを楽しむなら新しい土を使うのが基本です。これは、古い土は、栄養成分が減り、植物の生育によくない細菌が繁殖しているからです。でも、土は捨てる場所やタイミングが限られていて、どんどん新しい土が増えていくのも大変ですよね。そこで今回は、古い土を再利用する方法をご紹介します。

一度使った(古い)土を使ってはいけない理由

土作り 耕す 土壌改良

1. 雑菌や細菌が増えている、前の病気の菌が生きている

土の中には、植物の生長を助けてくれる微生物や病気のもとになる細菌などがたくさん住んでいます。古い土や一度植物が枯れた土の中には、病原菌が増殖している場合があるため、新しく苗を植えたり種をまいたりしても元気に育たず、枯れてしまうことが多いのです。

2. 泥化して水はけが悪い

土は、小さな土の粒が集まってできています。ただ、長くガーデニングなどで使用した土の粒は、川の上流と下流の石のように、どんどん小さくなっていきます。粒が小さくなると、土の粒同士の間が狭くなり、水はけが悪くなります。反対にいえば、泥のように極小の土の粒があつまると水もちがよくなるのです。

3. 雑草や前に植えていた植物が生えてくる可能性がある

球根や宿根草など、土の中の根が生きていれば何度でも生えてくる植物を育てていた土を使う場合、球根や根が完全に取り除けていなくて、それらの植物が生えてくる可能性があります。生長したとき、生長が早く生命力が強い植物が他の植物の生長の邪魔になることもあるので注意が必要です。

植物が好む土の条件とは?

大粒 赤玉土 赤土 植え付け 土作り

植物の中には、沼地や水辺に生える草花や肥料成分を作り出せるため栄養分をあまり必要としない植物もいます。しかし、ガーデニングで楽しむ植物の多くは、水はけと水もちのバランスがよく、栄養分が豊富に含まれた清潔な土を好みます。

ただ、プランター栽培をしている人は、古い土がたまっていくと処分にも困ってしまいますよね。適切な方法で古い土を再生させれば、また植物が育ちやすい環境を作り出すことができますよ。

プランターと庭の土の再生方法や頻度は同じ?

プランターと庭の土の再生方法に違いはありません。ただし、土の量が少ない植木鉢やプランターは、栄養や微生物が減りが早く、庭土に比べて土の入れ替え回数が多くなります。鉢植えやプランターは1〜2年に1回は土の入れ替えを、庭植えであれば植え替えや違う植物を植えるタイミングなどがおすすめです。

古い土を再生させる方法

土作り 混ぜる 庭土 植え付け

■ 道具

  • 古い土
  • ビニールシート
  • フルイ(細目、中目、荒目の3種)
  • 腐葉土や堆肥などの土壌改良材
  • ビニール手袋や軍手

1. 不純物を取り除く

植物を育て終わったプランターの土は乾燥させたら、プランターからビニールシートの上に土を出して、目に見える茎や葉っぱ、根、虫やサナギなどのゴミを手で取り除きます。手作業になるので、手が傷つかないよう軍手やビニール手袋を付けて作業をすると安心です。

2. 土をふるいにかける

荒目、中目、細目の順に土をフルイにかけていきます。荒目のフルイにかけると、手では取れなかった植物の根などのゴミがひっかかります。そして、中目、細目をフルイにかけることで、細かすぎる微塵がなくなり、土の粒が揃います。細目のフルイに残った土を使っていきます。

3. 熱消毒をする

フルイにかけて粒が揃った土は、熱消毒をして清潔にしていきます。土の表面をマルチングして太陽光で蒸して消毒するか、熱湯を土にかけて病原菌を退治します。

4. 土壌改良材を混ぜる

古い土が消毒されて清潔な状態になりましたが、植物が育つための栄養は足りない状態です。仏イ土に腐葉土や堆肥、培養土、土壌改良剤などを土に混ぜ込んで栄養を補充していきましょう。古い土に対して3~4割ほど混ぜ込んでいくとよいですよ。そして、新たに植物を植え付けるときに、苦土石灰や有機石灰、肥料を混ぜて使っていきます。

土の消毒方法

空 日光 日差し 晴天

直射日光で消毒

土にたっぷりと水をかけて湿らせたら、黒いビニール袋に入れて密封します。そして、直射日光のよく当たる場所においておきます。真夏なら1~2週間、真冬なら1ヶ月ほどで土が消毒されていきます。ときどき、土を混ぜて全体がまんべんなく消毒できるようにしましょう。ポイントは蒸すことなので、必ず土は水で湿らせてください。

熱湯で消毒

土が完全に浸かるように、たっぷりの熱湯を土にかけていきます。その後土が冷めたら、霜や寒さに当てて病害虫を完全に駆除していきます。日差しが弱く、太陽熱では消毒しきれない冬におすすめの方法です。

プランターの土を再生する際の注意点は?

プランター 土 シャベル 植え替え

病気と連作障害に注意

前に育てていた植物が、ウィルスやカビなどが原因の病気で枯れてしまっているときは、古い土を使わない方が懸命です。土に病原菌が残っていると、被害が拡大し、また植物を枯らしてしまいます。

消毒や新しい培養土を混ぜるなど再生させた土であっても、同じ科に属する植物を育てたときには連作障害を起こすことがあります。特にナス科やウリ科、マメ科の植物に発生しやすいので、野菜のプランター栽培を楽しんでいる人は注意してください。

古い土を再生してプランター栽培を長く楽しもう

鉢 土 培養土

土の再生には少し手間がかかりますが、新しい土を購入するコストが抑えられ、エコにもなりますよね。また、古い土を処分する手間も省けるのも、うれしいポイント。自分に合った再生方法を楽しみながら、追加する腐葉土や培養土を工夫して、植物が育ちやすい環境を作ってあげてくださいね。