ホルティ 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

【さつまいもの栽培】育て方のポイントや苗植えの時期と方法は?

天ぷらや大学芋、サラダなどの料理や、スイートポテトやきんとんなどのお菓子作りにとたくさんのレシピに活用できるさつまいも。日当たりのよい場所であればどこでも育つ丈夫さから、野菜の栽培に慣れていない人でも手をつけやすい野菜です。今回は、そんなさつまいもの栽培について、育て方のポイントや苗植えの時期と方法などをご紹介します。

 

さつまいもの育て方!苗植えの時期と方法は?

サツマイモの苗を地植えしている画像

さつまいもは、さし苗とよばれる茎葉に根が付いていない苗を土に挿して育てていきます。生育適温は、20~30度なので、暖地では4月中旬から、中間地以北は5月中旬~6月上旬頃に育てはじめましょう。節から出る根が芋になるので、3~4節が土に埋まるよう苗を挿していくとよいですよ。

野菜ソムリエ 伴野さん
収穫量が少なめの品種なら、垂直から斜めの角度で。収穫量が多い品種なら水平に近い角度で植えていくのがおすすめです。

プランターは深さのある60cm幅のものに、2株を目安に植え付けていきます。土は、市販の野菜用培養土を使うと簡単です。地植えは、あらかじめ25cmほどの深さまで地面を耕し、間隔が30cmほど空くようにして苗をいくつか植えていきます。高さ20~30cm、幅30cmの畝を作って植えるのも1つの方法です。また、土の表面をポリマルチで覆っておくと、土の湿度が保たれ、雑草も生えづらくなります。

さつまいもの育て方!水やり、肥料の与え方

水色のジョーロで植物に水やりをする画像

水やり

乾燥した土地でもよく育ちますが、植え付け直後はたくさんの水が必要です。植え付けから1週間は、毎日朝に水を与えて、根の生長を促します。その後は、プランターなら土の表面が乾いたら水を与えるようにし、地植えは特に水やりせずに育てていきます。

肥料

特にたくさんの肥料は必要ありません。植え付けるとき、土へ堆肥と1㎡あたり両手2杯分(100gくらい)の野菜用の肥料を与えたら、生育の悪いとき以外肥料は与えません。もし与えるなら、5月下旬~6月下旬の間に1回、カリウム成分の多い肥料を与えると収穫量を増やすことができます。葉っぱが黄色っぽくなったら肥料が足りないサインです。化成肥料か、薄めの液肥をあげても良いでしょう。

さつまいもの手入れ!つる返しの時期と方法は?

サツマイモの苗の画像

植え付けから2ヶ月ほどがたち、つるが伸びて四方八方へと茂ってきたら、ときどきつるを持ち上げて、株元以外から出る根を引きはがすようにしましょう。これを「つる返し」といいます。定期的に行うことで、芋を太らせ大きな芋を収穫することができます。

さつまいもの育て方!収穫の時期と方法は?

土の中に地植えされたサツマイモを収穫している画像

植え付けてから4ヶ月くらいたった9月下旬~11月中旬になると、収穫を楽しめるようになります。霜が降りる前に収穫していきましょう。まず、株元を残して余分なつるを刈り取って、マルチもはがしてしまいます。そして、芋を1つ1つていねいに手で掘り起こしていきましょう。掘り起こしたさつまいもは、すぐに食べるのではなく、13~15度の気温が保てる場所で2~3週間、土を落とさずに置いておくと、デンプンが糖質に変化して甘みが増しますよ。

さつまいもは低温に弱く、9度を下回るような環境で貯蔵すると腐ってしまいます。どうしても温度が保てない場合は、新聞紙に包んでから段ボールや紙袋に入れておくと良いでしょう。天気の良い日に収穫するようにし、表面をしっかり乾燥させてから貯蔵しましょう。

さつまいもの栽培で注意する病気や害虫は?

さつまいもの栽培中に心配なのは、ネコブセンチュウによる被害です。センチュウは目に見えないほど小さな害虫で、寄生されると根にこぶができたり、黒い斑点やひび割れができたりします。予防するには、被害を受けた畑で使った道具類や種芋を持ち込まないこと。また、完熟した堆肥をすき込んで土を団粒化したり、被害の少ないトウモロコシなどを輪作したりするのも有効な予防手段です。

野菜ソムリエ 伴野さん
アブラムシが媒介するモザイク病、コガネムシの幼虫による根の食害、イモムシ系による葉の食害にも十分気を付けましょう。こまめにチェックして見つけたら即除去!

さつまいもの育て方のポイントは?

断面が黄色いサツマイモの画像

日当たりのよい場所に植え付け、肥料は必要以上に与えないことが、さつまいもを元気に育てるポイントです。土の養分が多いと「つるぼけ」といって茎葉ばかりが茂り、芋が育たなくなってしまいます。

色々な品種のさつまいもを栽培して楽しんでみよう

断面がオレンジ色のサツマイモの画像

さつまいもには色々な品種があります。たとえば、甘みがとても強くてまるでデザートのような「安納芋」、安納芋よりもさらに甘いうえにネコブセンチュウに抵抗性があり、立枯病にも強い「紅はるか」、きれいな紫色でホクホクとした食感の「パープルスイートロード」などがよく知られていますが、栽培期間が短くたくさん採れて、さらに肉質ねっとりで焼きいもに最適な「からゆたか」や、絹のような滑らかな舌触りで後味すっきり上品な甘みの「シルクスイート」などもとてもおすすめです。味や色、食感もそれぞれ違うので、何種類か育てて食べ比べをするのも楽しそうですよね。

野菜ソムリエ 伴野さん
食物繊維の他ビタミンCも多く含まれ、美容食と言っても過言ではありません。皮の付近にはカルシウムが多く含まれるので、できれば皮ごと食べたいですね。

初回公開日: 2016年05月05日