ホルティ by GreenSnap 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

種類もカラーもMix!簡単ドラマティックなフラワーアレンジメントのコツとは?【#エリの花日記 〜vol.24〜】

人気フラワーアーティスト エリさん連載の「#エリの花日記」では、毎週金曜日に旬のお花や植物のインテリアとしての取り入れ方や、組み合わせ方などを教えてもらいます!可愛いイラストに注目ですので、お楽しみに♪

「#エリの花日記」過去更新の記事一覧はこちら

色んな種類の花を飾るのって、とても楽しいこと!

飾った花を愛でるとき、もちろん全体も見ますが、各花を一種類ずつ見ることってありませんか?この花も綺麗だし、この隣にある花も綺麗…など。自分で切って、水を入れて、お手入れをしていると、自ずと視線も優しく丁寧に花をみるものです。

そんなとき、色んな種類の花が入ってると、もっと目が楽しいですよね。

ドラマティックにするコツは「色のトーン」を合わせること?

種類もカラーもMix!簡単ドラマティックなフラワーアレンジメントのコツとは?【#エリの花日記 〜vol.24〜】

色のトーンとは、単純にいうと「色のテンションが同じこと」です。赤だろうが、青だろうが、明度や彩度が同じで、雰囲気が似てることを指します。たとえば、ドライフラワーって色んな色がたくさん並んでいてもまとまりがありますよね。すべてドライとして茶色みがかっているからです。
そんなドライフラワーのまとまった雰囲気を参考に、花の色のトーンを合わせることを意識してみましょう!

最近のおすすめは、ずばり「スモーキーカラー」

スモーキーカラーのような、あいまいな色って優しくておしゃれですよね。パステルカラーよりも大人っぽく、どこか可愛さよりハンサムな雰囲気に。まさに大人が楽しむ花のバラエティ。

ワイルドフラワーのキングプロテアがスモーキーカラーの代表です。ドライにしても綺麗になりそうなくすんだ色を合わせると、途端にドラマティックに。流行りの北欧インテリアにもぴったりハマります。

1本1本お気に入りを買ってみましょう!

花屋さんで気に入った花を1種類1本ずつ選んで、1つの花瓶に生けてみる。直感で選ぶ花って、大体色のトーンが似るものなんです。お気に入りだけを飾ったら絶対に素敵なコーディネートになるはず。花は丁寧に選んでくれた人をご機嫌にしてくれますよ!

今回紹介した植物やグッズ

○プロテア
○アジサイ
○ルナリアシード
○ススキ
○スプレーされてるブランチ

以上、「種類もカラーもMix!簡単ドラマティックなフラワーアレンジメントのコツとは?」でした。次回も楽しみにしていてくださいね♪
※エリの花日記は毎週金曜日更新予定。

エリ

エリ

神奈川県横浜市出身、多摩美術大学卒。在学中に生花店にて勤務し、卒業後はデザイン会社、造花メーカーを経験。instagramにて「エリの花日記」(@flowereriy)をもとにイラストレーションで花や植物の魅力を伝える活動を行う。

初回公開日: 2019年11月08日