ホルティ by GreenSnap 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

少ない花材で華やかに♪マムが主役のフラワースタイリングのコツとは?

horti × hanaikeの連載企画!こちらでは、季節の花の定期便「hanaike」の会員限定で公開している、花の飾り方や楽しみ方コンテンツをhortiでも特別にご紹介していきます。月曜日(隔週)に記事を更新予定なので、お楽しみに♪

過去の記事はこちら

horti × hanaike

hanaike logo

この記事は、季節の花の定期便「hanaike」の購入者限定で公開している、花の飾り方・楽しみ方コンテンツをHORTIでもお届けするという連載企画です。hanaikeのコンテンツクリエイターの中から、隔週で順番に一人ずつ、花いけとそのポイントを特別に公開します。

今回のクリエイターは、フローラルスタイリストのYokoさん。ティーインストラクターの資格をもつYokoさんらしいスタイリングのご提案です(Yokoさんのプロフィール・記事はこちら)。

花瓶が無くても大丈夫!オリジナルの花器で楽しもう

可愛いお菓子や紅茶のパッケージ…。捨てられなくて、何となく取ってあるものがご自宅にありませんか?わざわざ花瓶を買わなくても、花器として活用できる方法をご紹介します。

準備するもの

◎花材:マム(ロサーノシャルロッテ)、アスター、ユーカリ
◎器:紅茶の空缶、オトシ

少ない花材でも華やかに!スプレータイプの花を活用しよう

今回は紅茶の缶で、高低差のある3種類を用意しました。そのままだと水が漏れてしまうことがあるので、「オトシ」を仕込みます。

今回のオトシはプラスチック製のキャップと、ガラスのミニボウルを使います。缶からはみ出ないように、ひとまわりくらい小さいものを選びましょう。

アスターとユーカリはスプレータイプのものを選び、切り分けていけることで小さなアレンジメントをたくさん作ります。

マム→アスター→ユーカリの順にいけていきます。大輪のマムが1輪入ることで、全体の雰囲気が引き締まります。

ユーカリは枝分かれした付け根のところで切り分けていきます。切り分けたあとの茎がでこぼこにならないように整えます。この処理で、見た目も美しく、他の花材をスムーズに添えることができるようになります。

水につかる部分の葉は全て取り除き、切り口を斜めにすることで吸水力がアップします。

お気に入りの雑貨を加えて空間を演出することで、ワンランク上の仕上がりを楽しみましょう。今回は、アンティークのシルバートレイやティーカップを加えて一ヶ所に飾るスタイリングでまとめましたが、それぞれ別の場所に飾っても素敵です。

動画でフラワースタイリングをおさらいしよう!

以上「少ない花材でも華やかに♪マムが主役のフラワースタイリング」でした。次回も楽しみにしていてくださいね♪

今回のアレンジメントについて

今回は季節の花の定期便「hanaike」より、会員限定コンテンツのひとつをご紹介しました。こちらから会員登録いただくと、動画でマムの花いけをより詳しくご覧いただけます。サイトでは、こちらの作品以外のマムの楽しみ方も多数紹介しています。

世界らん展2020に出展します!

日時

2/19(水)、2/20(木)
・12:00〜14:00
・16:00〜18:00

plantica×hanaike


お好きな「らん」と楽しむ♪“IKEBANA KIT”で簡単いけばな体験
世界で活躍するフラワーアート・ユニット「plantica」がプロデュース!

“IKEBANA KIT”とお好きな「らん」、季節の枝やグリーンを組み合わせて花いけを体験してみませんか。
床の間や広い空間がなくても、自宅のちょっとしたスペースに飾って楽しめるいけばなをご紹介します。

●参加費用:1,500円
(IKEBANA KITは別途お買い求めいただけます。ご自宅でいけなおしができるように オアシスまたは器 いずれかをプレゼントします)

>>予約応募フォームはこちら<<

みなさまのご参加お待ちしております。

hanaike はないけ

hanaike はないけ

「季節の花」を「お手本コンテンツ」と一緒にお届けする花の定期便【hanaike】。 有名フラワーアーティストや華道家たちが提案する飾り方や、一級建築士、インテリアデザイナーが提案する楽しみ方コンテンツが生花とセットになった、新しい花のサブスクリプションサービスを展開中。会員登録で限定コンテンツをお届けします。 公式HP: https://hanaike.chsp.jp

初回公開日: 2020年01月27日