ホルティ by GreenSnap 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

さっぱりしがちな壁を可愛く!スワッグで彩りのある部屋づくりをしよう【#エリの花日記 〜vol.26〜】

人気フラワーアーティスト エリさん連載の「#エリの花日記」では、毎週金曜日に旬のお花や植物のインテリアとしての取り入れ方や、組み合わせ方などを教えてもらいます!可愛いイラストに注目ですので、お楽しみに♪

「#エリの花日記」過去更新の記事一覧はこちら

今更聞けない基本情報!スワッグとは?

スワッグというのはドイツ語で壁飾りのことを意味します。とても簡単に見た目の説明をすると、ブーケをそのまま吊るしたようなです。よく雑貨屋さんなどで見かけますね!壁に吊るして楽しめるので、ドアに飾るなども最適。リースのように楽しめます。

実際にスワッグをつくってみよう!

さっぱりしがちな壁を可愛く!スワッグで彩りのある部屋づくりをしよう【#エリの花日記 〜vol.26〜】

スワッグとブーケって違うもの?

冒頭に「ブーケをそのまま吊るしたようなもの」と伝えていますが、少し違うのが「背面」のこと。 壁に掛けて横へコロコロしないために、背面をつくるように束ねていきます。テーブルや台の上に置きながら、花を上に重ねるように束ねていきましょう。

スワッグの色々な種類

スワッグといえばブーケ束ねたお花がドーン!という印象もありますが、実は様々なアレンジがあります。2束の茎の部分をを重ねるように束ねた「リボンスワッグ」。こちらは横にボリュームが出るので広いスペースの主役にぴったり。

スワッグづくりのちょっとしたコツ

小さく束ねたスワッグをクリップで紐に留めてガーランドにするのもおすすめです。

自分でつくる壁飾りは楽しいし可愛い!

寒くなってお家で過ごす時間が増えた方も多いのでは?そんなときこそ、お家を可愛くする時間を割いてみませんか?きっと手間かけてつくった壁飾りはとっても可愛く見えますよ。

今回紹介した植物やグッズ

○ユーカリ
○ヒバ
○バラ
○ラベンダー
○スターチス
○ペッパーベリー

以上、「さっぱりしがちな壁を可愛く!スワッグで彩りのある部屋づくりをしよう」でした。次回も楽しみにしていてくださいね♪
※エリの花日記は毎週金曜日更新予定。

エリ

エリ

神奈川県横浜市出身、多摩美術大学卒。在学中に生花店にて勤務し、卒業後はデザイン会社、造花メーカーを経験。instagramにて「エリの花日記」(@flowereriy)をもとにイラストレーションで花や植物の魅力を伝える活動を行う。

初回公開日: 2019年11月22日