ホルティ 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

サギソウ(鷺草)の花言葉と育て方!植え替えの時期と方法は?

サギソウは、日本各地に生息している球根性のランです。以前は、北海道や青森以外であれば、全国どこでも見ることができていましたが、近年の乱獲などによって数が激減しています。今回は、サギゾウの花言葉や植え替えなどの育て方をまとめました。

サギソウ(鷺草)の花言葉

『清純』『繊細』『夢でもあなたを想う』

「清純」「夢でもあなたを想う」という花言葉は、サギソウの真っ白で切れ込みの入った美しい花姿からつけられたそうです。

サギソウ(鷺草)とは?どんな花?

学名
Habenaria radiata(Pecteilis radiata)
科・属名
ラン科サギソウ属
英名
Egret flower
White egret orchid
原産地
日本、台湾、朝鮮半島
開花期
7~9月
花の色
別名
シラサギソウ
サギラン

日当たりのよい平地や湿地に自生する、日本や朝鮮が原産のランです。球根から3~5枚の細い葉を根元につけ、まっすぐに20~40cmほど茎を伸ばした先に1~5輪の花を咲かせます。花は真っ白で、3つに分かれた形をしています。左右の花びらに深い切れ込みがいくつも入っており、シラサギの羽のように見えることが和名の由来です。

近縁種として「ダイサギソウ」がありますが、草丈が40~100cmになり、花びらの切れ込みも浅いことから、雰囲気が異なります。

サギソウ(鷺草)の開花時期や見頃の季節は?

サギソウの開花時期は7~9月頃です。寒さに弱いランなので、かつては北海道・青森以外の各地に咲いていました。ただ、最近ではサギソウの好む湿地環境が土地の開発などで壊され、準絶滅危惧種に指定されるほど見る機会が少ない存在となっています。

サギソウ(鷺草)の育て方のポイントは?

庭 サギソウ

サギソウは日に当てると元気に育ってくれます。ただし、直射日光に当たり当たり過ぎると葉が傷むことがあるので、西日は避けてください。また、湿地で育つので、湿度や水の管理には注意する必要があります。冬の休眠中は、凍らない場所に移してあげてください。

サギソウ(鷺草)の植え付け・植え替えの時期と方法は?

あたたかい地域であれば2~3月に、寒い地域は4月下旬頃の休眠期が植え付けの適期です。プランターや鉢などの容器か、気温の影響を受けにくい発泡スチロールの箱に植え付けてください。

容器の底に軽石を敷き、水をきった水ごけを入れた後、球根を2~3cm間隔で置きます。その上から水ごけをさらに1cmほどかぶせたら植え付け完了です。

サギソウは、花が咲いた後の球根は腐って再利用できませんが、2~3個ほど新しい球根を作っています。新しい球根を掘り起こして採取し、新しい土に植え替えをしていくことで毎年花を咲かせられますよ。

サギソウ(鷺草)の水やり・肥料の与え方!花がら摘みは必要?

サギソウ 庭

 水やり

元々湿地に生息するため、1年を通して水を絶やさないのがポイントです。芽が出てから地上部が枯れるまでは、土の表面が乾き切らない(生乾きの)うちに水をたっぷりと与えます。また、ときどき葉に霧吹きで水をかけて乾燥を防いでください。

ただ、常に水につかった状態では根腐れを起こしてしまいます。鉢皿にたまった水は必ず捨てるようにしましょう。休眠中の冬であっても水がきれると枯れてしまいますが、凍ってしまっても球根は腐ってしまうので、日中のあたたかい時間に水を与えてください。

肥料の与え方

月1回、5~6月に薄めた液体肥料を水の代わりに与えます。花が終わった後に、2~3回ほど液体肥料を与えて、新しくできた球根を太らせましょう。

花がら摘み

枯れた花は順次摘みとって、種が作られるのを防ぎます。種ができると、新しい球根に栄養がいかないので、球根を太らせることができず、次の花つきが悪くなります。一般的にサギソウは、種で数を増やさないので種を実らせる必要がありません。

サギソウ(鷺草)が気をつける病気や害虫は?

ナメクジ

つぼみがナメクジに食べられてしまうことがあります。ナメクジが通った後には粘液が残って光るので、こまめにチェックして駆除しましょう。

ウイルス病

株全体がよじれて丈が伸びない、葉が萎縮してしまうときはウイルス病に感染している恐れがあります。ウイルス病は治療が難しく、他の株にも感染が広がっていくので、病変が出た株は、抜き取って処分してください。

その他

野生種は、葉の先や裏が黒く変色する病気があります。病気の原因は不明で、球根を植え付ける前に消毒することで発生を抑えられますが、完全に防ぐことはできません。生育中に定期的に殺虫殺菌剤を散布して予防しましょう。

サギソウ(鷺草)を育ててみよう!

庭 サギソウ

自生種は珍しいとされていますが、サギソウの育て方はさほど難しくありません。年間を通して水をきさず、日当たりのいい場所で毎年植え替えをすれば、元気に育ってくれますよ。

初回公開日: 2015年08月29日