ホルティ by GreenSnap 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

環境にも人にも優しい花!オーガニックフラワーでアレンジを楽しもう

こちらの記事では、花の飾り方や楽しみ方などのコンテンツをご紹介していきます。今回はオーガニックフラワーを使った、ナチュラルなアレンジです。「環境にも人にも優しい花」として、近年注目を集めるオーガニックフラワーで楽しみましょう。

過去の記事はこちら

オーガニックフラワーって何?

オーガニックフラワーとは、化学農薬や肥料を使わずに育てられた花のことです。環境への負荷をできる限り低減した方法を採用することで、花を栽培しながらも土を活性化させ、水質を守り、優しい循環を生み出しています。

今回の用意した花材は、埼玉県小川町にあるオーガニックフラワー農園「Love the Farm」さんのものです。植物本来の色や香りを楽しめる、無農薬で育てられたオーガニックフラワーで、早速アレンジしてみましょう!
Love the Farm HP

オーガニックフラワーでアレンジをしてみよう!

準備するもの

「Love the Farm」農園さんの旬の花をおまかせでオーダーしたところ、5種類の花材が届きました!

◎花材:チューリップ、カレンデュラ、リモニューム、ヤグルマソウ、ユーカリ
◎道具:ガラスの花瓶、花バサミ
◎準備:花器には水を多めにいれておきます。

今回のアレンジの手順

まず、花材の水につかる部分の葉は、手やハサミで取り除いていきます。次に、ユーカリやリモニュームなど、枝分かれしたものを切り分けて、他の花が引っ掛かる花留めとなるように交差させていけます。このとき、最後にバランスを見て加えられるよう、1、2本は残しておきましょう。

カレンデュラやチューリップなどの頭が重い花も、花留めがあれば、好きな向きで留められます。面の大きなカレンデュラは、花の顔を太陽に向けるような気持ちで、短めに低くいけるといいでしょう。

チューリップは、1本を長めにいれて高い動きを出します。全体のバランスをみながらヤグルマソウもいれていきます。

ヤグルマソウはツボミも動きがあって可愛らしいので、今回は少し飛び出すように添えてみました。

最後に、残しておいたリモニュームやユーカリを、空いた場所にそっといれます。全体のバランスを整えて完成です。

オーガニックフラワーのアレンジは、どこへ飾る?

リビングや、ダイニングに飾ることが多いアレンジ。たまには違う場所に飾ってみませんか。

夏場の強すぎる直射日光は、切り花の劣化を進めてしまいますが、今くらいの季節や、あまり日の差し込まない窓辺なら安心です。

プランツハンガーに、花瓶を絡めてみました。ガラス製なので、落下しないように慎重に…

オーガニックフラワーをhanaikeで買おう!

オーガニックフラワーは流通量も限られていて、どこでも入手できる花材ではありません。

hanaikeでは、期間限定でオーガニックフラワーと花瓶のセットをご紹介中。良かったらサイトを覗いてみてくださいね。
hanaike Online Shop

horti × hanaike

hanaike logo

この記事は、季節の花の定期便「hanaike」の購入者限定で公開している、花の飾り方・楽しみ方コンテンツをHORTIでもお届けするという連載企画です。

月曜日(隔週)に記事を更新予定なので、お楽しみに♪

hanaike はないけ

hanaike はないけ

「季節の花」を「お手本コンテンツ」と一緒にお届けする花の定期便【hanaike】。 有名フラワーアーティストや華道家たちが提案する飾り方や、一級建築士、インテリアデザイナーが提案する楽しみ方コンテンツが生花とセットになった、新しい花のサブスクリプションサービスを展開中。会員登録で限定コンテンツをお届けします。 公式HP: https://hanaike.chsp.jp

更新日: 2020年04月20日

初回公開日: 2020年04月20日

関連コンテンツ