ホルティ 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

【インパチェンスの育て方と花言葉】種まきや苗植え、冬越しの方法は?

インパチェンスは、日があまり当たらない場所でも元気に育ってくれる、初心者でも育てやすい植物です。初夏から秋にかけて、白、赤、ピンクのきれいな花を咲かせます。

今回は、インパチェンスの育て方について、種まきや苗植え、冬越しの方法など、花言葉と合わせてご紹介します。

インパチェンスとは?どんな花を咲かせる植物?

インパチェンスは、初夏から秋まで開花する植物です。インパチェンスとは、ツリフネソウ科の植物を指し、園芸ではアフリカホウセンカ(Impatiens walleriana)と呼ばれることも。

原産地のアフリカでは多年草ですが、寒さに弱いので日本では一年草として扱われます。草丈は20~60cmで、茎がよく枝分かれします。花びらは、一重、八重、半八重、バラ咲きとバリエーションが豊富。花色や形も様々です。

学名
Impatiens walleriana
科・属名
ツリフネソウ科・ツリフネソウ属
英名
Impatiens
原産地
アフリカ
開花期
6~10月
花の色
白、赤、ピンク、オレンジ、複色
別名
アフリカホウセンカ

インパチェンスの種類や品種は?

カリフォルニアローズ・フィエスタ

バラのような花が咲く、ゴージャスな見た目の園芸品種です。草姿がこんもりとまとまるので、鉢植えにして楽しみます。

インパチェンス・パレードミックス

インパチェンスらしい一重の花が咲く品種です。暑さに強く、最盛期には赤や白、ピンクの花をたくさん咲かせます。

インパチェンス・カーニバルミックス

5cmほどの大きな一重の花をつけます。半日陰でもよく育ち、開花期には光沢のある花が株を覆うほどたくさん咲きます。

ニューギニアインパチェンス

ニューギニア原産の野生種を掛け合わせて作られた園芸品種です。アフリカ原産のインパチェンスに比べて、花や株が大きく、暑さに弱い特徴があります。

インパチェンスの花言葉は?

『豊かさ』『鮮やかな人』

鮮やかな花の色や、次々に開花する豊富な花数から『豊かさ』『鮮やかな人』という花言葉がつきました。

インパンチェスの育て方!種まきや苗の植え付け時期と方法は?

インパチェンスは、植え付け後に一度根付いたら、植え替えをしないようにします。根が垂直に生えているので、植え替えの際に根を傷つけ、枯らしてしまうことがあります。

種から育てるときは、苗が若く、根が生長しきらないうちに、鉢や地面に植え替えます。

種まき

3~6月が種まきの適期。発芽温度が20~25度ほどなので、5~6月頃の暖かい時期がおすすめです。

1. ピートモスやバーミキュライトを底の浅い容器に入れ、浅い溝を数本作る
2. 種が重なり合わないように溝へまき、静かに水をかける
3. 明るい日陰で土が乾燥しないように管理する
4. 本葉が2~3枚まで生長したら鉢や地面に植え替える

苗の植え付け

5~7月に、鉢植えか地植えをします。苗よりも一回り大きな鉢に、軽石と赤玉土(小粒)6:腐葉土3:堆肥1を混ぜた土か、市販の草花用培養土を入れておきましょう。ポットから苗を取り出し、土を崩さずに鉢に入れて、すき間を土で埋めます。最後に水やりをして、完成。

地植えの場合は、落葉樹の下など、半日陰の場所に植え付けます。少し土を耕し、腐葉土や川砂など水はけがよくなるように混ぜ、苗を植えます。複数株を植えるなら、25~30cmほど間隔を空けてください。

インパチェンスの育て方!水やり、肥料の与え方は?

水やり

鉢植えは、土の表面が乾いたら、たっぷりと水を与えてください。真夏は水が蒸発しやすいので、土が乾いていれば、朝晩に水をやってもかまいません。

地植えの場合、水やりは特に必要ありません。ただ、水を切らすと葉が垂れ下がるので、元気がないと感じたときは、午前中か夕方に水を与えてください。

肥料

植え付けのときに、ゆっくり効く緩効性の化学肥料を土に混ぜておきます。その後は、花が咲き終わるまでの間は2週に1度、薄めた液体肥料を与えてください。

窒素成分の多い肥料は茎の生長を促しますが、花が咲きづらくなるので、あまりおすすめできません。

インパチェンスの剪定!切り戻しの時期と方法は?

インパチェンスは、春~秋にかけて次々と新しい花を咲かせます。ただ、茎や葉が密集しやすいので、7月に茎を切って株の大きさを調節し、秋の花つきをよくしていきます。

茎の付け根にある芽を確認しながら、草丈が1/2~1/3になるようカットします。芽がよくわからないときは、ざっくりと茎を切って整理してもかまいません。切った後は、液体肥料を与えてください。

インパチェンスの冬越しの方法は?

寒さに弱く、霜に当たると枯れてしまいます。冬を越したいときは、鉢で育てるか、気温を5度以上に保ちましょう。花が咲き終わったら、室内に取り込み、日当たりのいい場所で管理してください。

インパチェンスの増やし方!挿し木の時期と方法は?

気温が15度以上の5~7月に、挿し木で数を増やします。芽のついている茎を10~15cmの長さで切り取り、切り口を水に1~2時間つけておきます。

水から揚げて、茎の下にある葉を全て取り除き、赤玉土やバーミキュライトだけのポットに挿します。土に穴を開けてから挿すと、挿し穂を痛めずにすみますよ。

十分に発根するまで、土が乾燥しないように管理します。根がある程度伸びたら、鉢に植え替えてください。

インパチェンスに栽培で注意したい病気や害虫は?

高温で乾燥した環境だと、ハダニが発生しやすく、多湿の環境で灰カビ病にかかりやすくなります。ハダニは植物の栄養を吸って弱らせる害虫で、葉の裏に寄生します。薬剤を散布して駆除するか、定期的に霧吹きで葉っぱへ水を吹きかけてやると予防できますよ。

灰色カビ病は、一度感染すると回復できません。水がしみたような模様の病変をみつけたら、切り取って処分し、被害を抑えましょう。発症初期であれば、薬剤を散布して病気の進行を防ぎ、そのまま育てることができますよ。

インパチェンスの育て方のポイントは?

育てるポイントは、日当たり、気温、湿気です。15~25度ほどで、半日陰がベスト。日陰や暗い場所でも育つ強さはありますが、日に当たったほうが元気になります。

日陰で育て続けると、間延びした草姿になるので、ときどき日光に当ててください。また、多湿の環境を好むため、湿り気のある場所で育てるといいですよ。

インパチェンスの寄せ植えを楽しもう

インパチェンスは、横に広がりながらたくさんの花を咲かせます。また、日陰でもよく育ってくれるので、植える場所を選ばないことがうれしいポイントです。インパチェンスの株をいくつか寄せ植えにして、ちょっとさびしい日陰をカラフルに彩ってみてくださいね。

初回公開日: 2015年09月03日