ホルティ 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

鳳仙花(ホウセンカ)の花言葉!種や実、つぼみの特徴、見頃の季節は?

鳳仙花は、植物の育ち方を知るための教材として扱われる草花です。暑さに強く、カラフルな花をたくさん咲かせてくれることから、夏のガーデニングプランツとしても人気はあります。

今回は鳳仙花について、花言葉や種・実の特徴、見頃の季節などをご紹介します。

鳳仙花(ホウセンカ)とは?学名・原産国・英語は?

ホウセンカ 増やし方
学名
Impatiens balsamina
科・属名
ツリフネソウ科・ツリフネソウ属
英名
Balsam
Rose balsam
Touch me not
原産地
東南アジア
開花期
6~9月
花の色
赤、ピンク、紫、白、複色
別名
爪紅(ツマクレナイ・ツマベニ)
骨抜(ホネヌキ)
ティンサグ

鳳仙花とはツリフネソウ科ツリフネソウ属に分類される一年草のことをいいます。また、枯れた花についた黒く熟した実に触れると、種が弾ける特徴があります。

草丈20~80cmと品種によって幅があり、まっすぐ上に伸びる茎には細長く縁にギザギザのある葉っぱが互い違いに生やすのが特徴です。

鳳仙花(ホウセンカ)はどんな花や種、実、つぼみをつける?

ホウセンカ いっぱい 栽培

7~9月になると、鳳仙花は葉っぱの脇に2~3輪の花を咲かせます。花は一重で赤色のものが多いですが、近年の品種改良によって白やピンク、紫色と花色のバリエーションが増え、八重咲きの品種も出回るようになりました。

鳳仙花(ホウセンカ)の開花時期と見頃の季節は?

6月中旬~9月中旬頃が鳳仙花の開花期です。花色は赤、ピンク、紫、白などの他、赤に白い斑点の入る複色もあります。花びらの形は、カメリア咲き、一重、八重咲きなど様々です。

鳳仙花(ホウセンカ)の花言葉の意味や由来は?

『触れないで』『短気』

「我慢できない」という意味の学名に関連して、「短気」という花言葉が付けられたとされています。

また、種が勢いよくはじけ飛ぶ姿が他の存在を寄せつけない雰囲気を出していることから「触れないで」という花言葉が生まれました。

鳳仙花(ホウセンカ)の種類や品種は?

鳳仙花 ホウセンカ 種類

カメリア・フラワード

「八重椿咲き」と呼ばれる、他の品種よりも花びらの数が多い品種です。

古くから園芸用の品種として親しまれ、現在では「カメリア・フラワード・ミックス」という混合品種の形でよく市販されています。

背丈は60cmぐらいに生長し、花色は赤、濃桃、サーモンピンク、淡桃、紫、白色など様々です。

ローズ・フラワード

「カメリア・フラワード」よりも古い園芸用の品種です。現在は、混合品種のみがわずかに市販されています。

プリンセス・サクラ

代表的な園芸品種で、大きな一重の花を咲かせます。草丈が60~80cmと高く、日本で広く栽培されています。

ブッシュ・フラワー

「カメリア・フラワード」と同じく八重の花を咲かせる、鑑賞価値が高い品種です。株元でよく枝分かれし、草丈が40〜50cmくらいと低めなことが特徴です。

トム・サム

草丈が20〜30cmで小さくまとまり、茎の先に大輪の八重の花を付ける小型の品種です。病気や害虫の心配が少ないことから、鉢植えでの栽培に人気です。

鳳仙花(ホウセンカ)は花言葉も栽培も楽しもう

ホウセンカ 鳳仙花 夏

鳳仙花は平安時代に日本へと伝わってきた古くから親しまれる夏の花です。花の特性からネガティブな花言葉がつけられていますので、プレゼントにはあまりおすすめできません。

ただ、ガーデニングを楽しむ分にはなんの問題もなく、育てやすいのでむしろおすすめです。ぜひ、夏の真っ青な空を背に咲く鳳仙花の花をガーデニングの仲間に加えて楽しんでみてください。

初回公開日: 2015年09月28日