ホルティ by GreenSnap 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

ポポー(ポーポー)の実の食べ方や味、栄養は?花言葉とは?

ポポーという植物をご存知でしょうか?今では見かける機会が少なくなってしまいましたが、1940年代までは日本でもポピュラーな果物だったんですよ。果肉には強い甘みがあり、「森のカスタードクリーム」呼ばれるほど。今回は、そんなポポーの花言葉や実の食べ方、味、栄養などについてご紹介します。

ポポー(ポーポー)の花言葉は?

『健康』

はっきりとした由来はありませんが、バナナやリンゴと同じくらい栄養価が高いことにちなんで「健康」という花言葉が付けられたとされます。

ポポー(ポーポー)の学名・原産国・英語

学名
Asimina triloba
科・属名
バンレイシ科・アシミナ属
英名
Pawpaw
Poor man’s banana
原産地
北アメリカ
開花期
4~6月 ※実の収穫は9~10月
花の色
別名
ポーポー
ポポ
ポポーノキ
アケビガキ

ポポー(ポーポー)とは?どんな果物?

ポポー 花

ポポーは、北アメリカを原産とする落葉性の果樹です。樹高は2m以上に生長する高木で、寒さに強く、バンレイシ科の中では温帯でも育つ数少ない樹木となっています。日本へは明治時代に渡来し、害虫や病気に強く、栽培に手間がかからないことから、一時はブームとなりました。しかし、実が熟してから7日ほどしか日持ちしないことと、当時は様々な植物が輸入されてきた時代であったことから、1940年代頃からしだいに姿を消していきました。今では栽培している農家が少なく、「幻の果実」と呼ばれています。

春になると、紫色の花を咲かせ、秋に実を付けます。実は、黄色もしくはオレンジ色をしており、アケビのような楕円形をしているのが特徴です。

ポポー(ポーポー)の実の食べ方や味、栄養は?

ポポー 実

味、香り

ペリカンマンゴーを細長くしたような形をしたポポーの果肉は、マンゴーのようなオレンジ色をしています。熟すと甘みが増し、クリーミーな味わいになることから、「森のカスタードクリーム」という別名で親しまれるようになりました。ねっとりとした、柿に近い食感があり、南国フルーツ特有の濃厚な香りがします。

栄養

果実には、卵10個分のエネルギーがあるとされるほど、栄養が豊富に含まれています。疲労回復やがん予防に効果があり、ビタミンCやミネラル類がバランスよく含まれていることから、美肌や免疫力を高めてくれ効果が期待できます。

食べ方

ポポーの実から甘い香りが漂いはじめたら食べ頃です、実は傷みやすいので、早めに食べてしまいましょう。

食べ方はシンプルにナイフで皮と実を切って食べるのがおすすめです。柔らかいので、皮付きの実をスプーンですくって食べることもできますよ。また、ミキサーにかけてスムージーやピューレにして楽しむのも1つの方法です。その香りと味のよさから、栽培地の1つである島根県美郷町比之宮地域では町おこしの一貫としてジェラートに加工して販売し、名産品として知られるようになりました。

ポポー(ポーポー)の種類や品種は?

ボボー (3)

オーバーリース

アメリカミシガン州の野生種が元となっている品種です。通常は通常の1.5~2倍の大きな実を付け、甘く濃厚な味わいが特徴です。

サンフラワー

アメリカで最も多く栽培されているカンザス州原産の品種です。早生で作りやすく、たくさんの実を付けます。果肉は乳白色で、種は少なめです。

ペンシルバニアゴールデン

ニューヨークで育種された品種で、他のものに比べて寒さに強いことが特徴です。収穫時期が7~8月と早く、200g前後の実をたくさん付けます。

ミッチェル

イリノイ州原産の早生品種で、バナナとリンゴを合わせたような甘さと風味が特徴です。摘果をうまく行えば、450g前後ととても大きな実を付けます。特有の味から「カスタードアップル」という別名を持っています。

ポポー(ポーポー)は育てはじめて2~3年で実を付ける

ポポー 実

「桃栗三年、柿八年」といわれるように、果樹は実を付けるまでに時間がかかるもの。しかし、生長の早いポポーは、接ぎ木苗からであれば2~3年で実を付けるようになります。寒さにも強く、病害虫にも強いことから、無農薬でも育てることができますよ。トロピカルフルーツ好きの方は、ぜひ育成にチャレンジして、幻の果実を味わってみてくださいね。

初回公開日: 2016年01月07日