ホルティ 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

イベリス(キャンディタフト)の花言葉とは?宿根草などの種類は?

イベリスは、砂糖菓子のようなかわいらしい花姿が魅力の植物です。様々な種類や品種があり、花壇や鉢など飾りたい環境に合わせてタイプを選べるのも魅力となっています。今回は、そんなイベリスの花言葉や宿根草などの種類・品種などをご紹介します。

イベリス(キャンディタフト)の花言葉とは?

『心をひきつける』『初恋の想い出』『甘い誘惑』

茎や花が太陽の方に向かって曲がる性質があることにちなんで、「心をひきつける」という花言葉が付けられました。「初恋の想い出」「甘い誘惑」は、花の甘い香りに由来します。

イベリス(キャンディタフト)の学名・原産国・英語

学名
Iberis
科・属名
アブラナ科・マガリバナ属(イベリス属)
英名
Candy tuft
原産地
ヨーロッパ、北アフリカ
開花期
4~6月
花の色
白、ピンク、赤、紫
別名
キャンディタフト
屈曲花(マガリバナ)
常盤薺(トキワナズナ)

イベリス(キャンディタフト)とは?どんな花を咲かせる植物?

イベリス 地植え

イベリスは、ヨーロッパ南部から北アフリカを原産とするアブラナ科の植物です。一年草と宿根草の2つのタイプがあり、草丈も10~60cmと種類によって違います。株元から細い葉っぱを付けた茎をたくさん伸ばし、株を覆うようにたくさんの花を咲かせます。

名前の由来

「イベリス」という学名は、スペインの昔の国名である「イベリア」に由来し、スペインが原産地であることにちなんで名付けられました。その花姿が砂糖菓子に似ていることが、「Candy thuft」という英名の由来です。和名の「屈曲花(マガリバナ)」は、イベリスの花が太陽に向かって曲がる性質にちなんでいます。

イベリス(キャンディタフト)の宿根草などの種類や品種は?

イベリス 地植え

マガリバナ属(イベリス属)には、一年草と多年草(宿根草)など、およそ40種が分類されています。以下によく栽培されているそれぞれの品種をご紹介します。

イベリス・アマラ

甘い香りの白い花を咲かせる、一年草もしくは二年草のタイプです。草丈が20~40cmと低く、ボリュームのある花姿が特徴です。花壇や鉢植え、切り花など幅広く利用されています。

イベリス・ウンベラータ

一年草もしくは二年草のタイプで、白、赤、ピンク、紫と豊富な花色が特徴です。草丈が50~60cmほどとアマラに比べて高く、フラワーアレンジメントなどによく使われています。花色がたくさんあることにちなんで、「色屈曲花(イロマガリバナ)」という和名でも知られます。

イベリス・オドラータ

ギリシャから西南アジアに分布する、一年草もしくは二年草のタイプです。「匂薺(ニオイナズナ)」という和名を持っており、白い花はアマラよりも強い香りを放ちます。

イベリス・センペルビレンス

アマラに似た白い花を咲かせる、宿根草のタイプです。草丈は20~30cmと低く、地面をはうように広がって育ち、満開になると株全体を覆うようにたくさんの花が咲きます。白色が主流ですが、藤色の品種もあります。

イベリス・ジブラルタリカ

花が咲き進むにつれて、白からピンクへと花色が変化する種類です。他のイベリスに比べて大きく、生長も速い宿根草タイプで、グランドカバーや花壇の縁取りに利用されます。耐寒性が強いことも特徴です。

イベリス・マスターピース

ジブラルタリカとセンペルビレンスを交配して作られた品種で、関東以南であれば屋外でも常緑で冬を越すほどの強い耐寒性を持っています。とても大きな花を咲かせ、よく枝分かれするので株にボリュームがあります。

イベリス(キャンディタフト)の花は春の寄せ植えに活用してみよう

イベリス 地植え

イベリスは、白い小さな花が集まって花房を作ります。その姿は、砂糖菓子に似てかわいらしく、ガーデニングの様々なシーンで活躍してくれます。ピンクや紫色など花色にもバリエーションがあり、宿根草や一年草などタイプも様々なことも、よく利用されるポイントですね。春の寄せ植えに加えると、優しい雰囲気を演出してくれますよ。

初回公開日: 2016年01月03日