ホルティ by GreenSnap 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

笹(ササ)とは?花や葉の特徴、竹との違い、種類は?

笹は、生垣に使えばさわやかな雰囲気が演出でき、玄関へのアプローチに植えれば和風の趣のある空間を作りだすことができる竹の仲間です。七夕に願い事を書いた短冊を飾ることでも知られていますよね。今回は、花や葉っぱの特徴や、竹との違いなど、笹とはどんな植物なのかについてご紹介します。

笹(ササ)の花言葉!由来と意味は?

『節度』『節操のある』

竹と笹が似ているため、笹は竹と同じ花言葉をもちます。茎に「節」があることにちなんでつけられたといわれています。

笹(ササ)の学名・原産国・英語

学名
Sasa
科・属名
イネ科
英名
Sasa
原産地
日本
開花期
不定期
花の色
白、黄緑、褐色など
別名

笹(ササ)とは?

ササ

笹とは、イネ科・タケ亜科に分類される植物です。植物学上、竹の中でも草丈が低く、枝をたくさん生やすものを笹といいます。地中に地下茎を生やしてどんどん新しい茎を生やし、群生することで知られます。この笹の群生は、水質保全や崩落の防止に効果があり、自然環境を保護するうえでも大切な存在となっています。

日本には縄文時代にはすでに生えていたとされ、ザルやカゴなど多くの生活用品の材料として古くから利用されてきました。ただ、その生態は謎に包まれている部分が多く、花の咲く周期などはわかっていません。

笹(ササ)の花や葉の特徴は?

笹は、稲穂が開いたときのような地味な花を咲かせます。この花は、竹と同様に数十年に一度しか咲きません。一説によると、花の周期は60~120年に一度なんだとか。あまりにも珍しいことから、笹や竹の花が咲くと、大地震など不吉なことが起こる前触れとされ、古くから恐れられてきました。実際は迷信なので、見られたらラッキーと思って楽しんでくださいね。

ササ 笹 

笹は、なんといっても細長く伸びたすずしげな葉が特徴です。パンダが食料としたり、笹舟にして遊んだりと様々な方法で利用されます。特に、笹の葉の抗菌作用や通気性を利用して、弁当箱の代わりなど食品の包装に使われてきました。これは、笹に含まれるフィトンチドやサリチル酸といた抗菌性の揮発物質による効果です。ただ、葉が新鮮でないと効果は薄まることから、利用するときは注意してください。

笹(ササ)と竹の違いは?

竹 バンブー タケ

笹も竹も植物学上は同じ分類となり、見た目もよく似ています。一般には、背が高いものは「竹」、低いものが「笹」とされますが、笹の中には大きく生長するものもあることから、草丈だけでははっきり区別することはできません。

最大の違いは、生長していく中で見られます。竹は、タケノコが大きくなっていくときに皮が剥がれ落ちるのに対して、笹はそのまま付いています。また、笹は節目から3本以上の枝を生やしますが、竹は2本馬でしか生やしません。ちょっとした違いですが、笹と竹を見分けるときには役にたちますよ。

笹(ササ)の種類や品種は?

笹の種類はたくさんあり、そのほとんどが日本原産のものとされています。また、「オカメザサ(阿亀笹)」や「チゴササ(稚児笹)」のように、竹でありながら見た目が笹と親しいことから、名前にササと付けられているものもあり、しばしば紛らわしいことでも知られています。そこで、以下によく知られている笹の種類や品種をご紹介します。

クマザサ(隈笹)

高さ1~2mに生長する大型の品種です。葉っぱの縁に隈取りのような白い斑が入ることから名付けられました。葉色が美しいことから、料理の飾りとしてよく利用されています。

コグマザサ(小隈笹)

クマザサの草丈の低い品種です。冬になっても葉が枯れることが少なく、小さな緑葉が美しいことから、根締めやグラウンドカバー、盆栽の植え込み材に用いられます。低めに仕立てるときは、毎年3~4月に短く刈り込みましょう。

アケボノザサ(曙笹)

草丈が低く小ぶりな園芸用の笹の1種です。春咲きに付く若葉は、先端が白く色づきます。よく、樹木の生え際に植えられます。

ミヤコザサ(都笹)

草丈50~70cmに生長し、薄紙のような質感の葉っぱをたくさん茂らせます。葉の幅は3cmほどと狭く、冬には枯れてしまうことが特徴です。

チシマザサ

千島列島など日本の最も北部にまで分布する笹です。大型で、草丈は1.5~3mほどに生長します。変異が生まれやすく、たくさんの品種がありますよ。

笹をガーデニングに取り入れて和の雰囲気を作ろう

ササ

笹は、どんどん地下茎を伸ばして広がっていく、生命力の強い植物です。樹高もコンパクトなので、庭植え以外にも鉢植えやコンテナ栽培、盆栽などちょっとしたスペースで育てるのに向いています。地下茎が広がりすぎないように注意する必要はありますが、和の雰囲気の庭を作りたいときは、ぜひ笹を活用してみてくださいね。

更新日: 2016年03月25日

初回公開日: 2016年03月25日

関連コンテンツ