ホルティ 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

グズマニア(アナナス)の花言葉と育て方!株分けや植え替えの方法は?

グズマニアは、四方に広がる細長い葉が美しい観葉植物です。開花期を迎えると、数ヶ月の間赤やピンクのトロピカルな花を咲かせ、楽しめることも魅力です。今回は、そんなグズマニアの花言葉と、株分けや植え替えの方法など育て方についてご紹介します。

グズマニア(アナナス)の花言葉とは?

『理想の夫婦』『いつまでも健康で幸せ』『情熱』『あなたは完璧』

グズマニアは、花が徐々に色を失っていきながら、株の周りに子株を作ります。この様子から、「理想の夫婦」という花言葉が付けられました。「いつまでも健康で幸せ」は、花の色が長期間あせないことが由来です。「情熱」は、鮮やかな花の色合いにちなんでいます。

グズマニア(アナナス)の学名・原産国・英語

学名
Guzmania
科・属名
パイナップル科・グズマニア属
英名
Guzmania
原産地
中~南アメリカ
開花期
5~10月
花の色
赤、黄、オレンジ、ピンクなど
別名
アナナス

グズマニア(アナナス)とは?どんな花を咲かせる観葉植物?

グズマニア 花

グズマニアは、中~南アメリカに120~130種ほどが自生するパイナップルの仲間です。樹木の上などに着生し、草丈は20~60cmほどに生長します。

短い茎から光沢のある細長い葉っぱを放射状に広げます。葉っぱの付け根は筒状で、水を溜められる構造になっています。開花期は種類や品種によって異なりますが、主に5~10月にかけて、赤やピンクの鮮やかな色の花を咲かせます。実際の花は中心にあり、花びらのように見える部分は葉っぱが変化した苞です。花は短命ですが、苞は色あせることなくおよそ3~5ヶ月の長い間楽しむことができますよ。

グズマニア(アナナス)の育て方のポイントは?

葉っぱに水を与え、たっぷりの日差しに当てることがポイントです。グズマニアは、筒状になっている葉っぱの根元から水分を吸収する構造をしており、根から水を吸い上げることはできません。また、もともと熱帯地域に自生していることから、高温多湿を好み、寒さに弱いという特徴を持っています。

グズマニア(アナナス)の苗植えの時期と方法は?

グズマニア 花

5~7月に鉢植えにして育てていきます。寒さに弱いので、日本での地植えはできません。根元を土や水苔で覆って、苗よりも1周り大きな鉢に植えていきます。株がぐらつかないよう、土をしっかり詰めるようにしてください。

グズマニア(アナナス)の土作り、水やり、肥料の与え方

グズマニア 花

土作り

木に着生して育つ性質から、たっぷりの水苔かヤシ柄チップに植え付けます。

水やり

生育期の5~10月は、筒状になっている葉っぱの根元に水が溜まっているようにしておきます。ただ、常に同じ水が溜まったままだと腐ってしまうので、筒状の部分に溜まっている水が入れ替わる程度に株の上から水を注ぐようにしてください。11~3月は、筒の底に少し水が溜まる程度にし、多いときは株を逆さにして減らします。乾燥するようであれば、葉っぱや株の周りに霧吹きで水を吹きかけて湿度を保つとよいですよ。

肥料

5~9月に薄めた液体肥料を月1回ほど筒状の部分に与えるか、ゆっくりと効く緩効性化成肥料を2~3ヶ月に1回施します。

グズマニア(アナナス)の剪定の時期と方法は?

色あせた花をそのままにしておくと、子株に栄養が行き届かなくなってしまいます。花が枯れはじめたら、茎から切り戻してしまいましょう。

グズマニア(アナナス)の植え替えの時期と方法は?

花を咲かせた後は、1年ほどで株が弱って枯れてしまいます。そのため、植え替えの必要はありません。このときに株分けをして、新たな株を育てていきます。

育てている途中で株が窮屈なようなら、5~7月に植え付け時と同じ手順で1回り大きな鉢に植え替えてもかまいません。

グズマニア(アナナス)の増やし方!株分けの時期と方法は?

グズマニア 地植え

花が咲き終わった後、子株を分けて新しい株を育てていきます。子株の葉っぱが5~6枚になったときが適期です。清潔なナイフで子株を切り分け、水苔に植え付けてください。2ヶ月ほどたって根が出たら、液体肥料を施して生育を促します。だいたい3~4年で、花が咲くまでに生長しますよ。

グズマニア(アナナス)の栽培で注意する病気や害虫は?

炭疽病

春~秋の葉っぱに発生するカビが原因の病気です。黒褐色の小さな斑点がどんどん広がり、葉っぱに穴が空いて株が衰えてしまいます。病気にかかった部位は早めに切り取り、殺菌剤を散布して拡大を防ぎます。

カイガラムシ

年間を通して発生する害虫で、株の栄養を吸い取って弱らせます。幼虫のうちは薬で駆除できますが、成虫は硬い殻で覆われており駆除が大変。見つけたら早めに薬剤を散布し、成虫はブラシで株からこすり落とします。

グズマニア(アナナス)の子株を育てて何度も花を咲かせよう

グズマニア 花

グズマニアは、赤や黄色の花を咲かせる、トロピカルな雰囲気を持った観葉植物です。葉っぱの色合いもよく、空間をパッと明るい印象にしてくれることから、インテリアとして取り入れやすいですよ。花は1度きりですが、子株から次へつながっていくので、何度も花を咲かせていくのも楽しみですね。

初回公開日: 2016年01月21日