ホルティ by GreenSnap 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

【グランドカバーにぴったり】サギナ(アイリッシュモス)の育て方や増やし方は?

ふわふわとした手触りと、鮮やかな緑色が癒やしを与えてくれるサギナ。苔のように見えますが、撫子と同じナデシコ科に分類される多年草です。

よく広がって生長するので、グランドカバーに利用されることもありますよ。今回は、そんなサギナとはどんな植物なのかについてと、育て方や増やし方をご紹介します。

サギナ(アイリッシュモス)とは?

サギナとは、ナデシコ科・サギナ属に分類される常緑性の多年草です。葉っぱが苔のようにモサモサと茂ることから、「アイリッシュモス」や「モフリッチ」という流通名で親しまれています。

草丈は10cmほどと低く、やわらかい葉っぱをたくさん茂らせます。涼しく乾燥した環境であれば、横に広がって生長する特長を生かしてグランドカバーに利用できますよ。

葉っぱはライトグリーンと濃い緑色の2種があり、5~8月になると可愛らしい小さな花を密に咲かせます。

サギナ(アイリッシュモス)の学名・原産国・英語は?

学名
Sagina subulata
科・属名
ナデシコ科・サギナ属
英名
Corsican pearlwort
原産地
ヨーロッパ
開花期
5~8月
花の色
別名
アイリッシュモス
モフリッチ

サギナ(アイリッシュモス)の花言葉とは?

『可憐』

欧米では、サギナの葉っぱはお金や運、保護の象徴とされ、持ち歩いたりじゅうたんの下に挟んだりすると幸運が訪れるとされていました。初夏に咲かせる白い小さい花にちなんで、「可憐」という花言葉が付けられたとされています。

 

サギナ(アイリッシュモス)の苗植えの時期と方法は?

3~5月か9~10月がサギナの苗植えの適期です。鉢植えは、苗よりも1回り大きな鉢に鉢底石をしき、赤玉土(中粒)5:腐葉土2:川砂2:ピートモス1の割合で混ぜた水はけのよい土を入れて植えていきます。

市販の草花用培養土を使ってもかまいません。植え付け直後に水やりをしたら、2週間くらいは水やりを控えるとよいですよ。

地植えは、風通しと水はけのよい半日陰を選んで植え付けます。30cmほど地面を掘り返したら腐葉土や川砂などを混ぜて水はけをよくしておくとよいですよ。

苗より1回り大きな植え穴を掘ったら、根に付いた土を軽くほぐして苗を植えていきます。複数植え付けるときは、株同士の間隔を20cmほど空けるようにしてください。

サギナ(アイリッシュモス)の水やり、肥料の与え方は?

水やり

湿度の高い環境だとすぐに枯れてしまうので、乾燥気味に育てていきます。鉢植えは、土が乾いたらたっぷりと水を与え、受け皿に溜まった水は捨てるようにします。葉っぱにかからないよう株元へ注ぐように水を与えるのがポイント。

また、冬は生育がにぶるので、土が乾いてから数日おいて水やりをするくらいでかまいません。地植えは、特に水やりの必要はありません。

肥料の与え方

3~4月と10~11月の年2回、薄めた液体肥料を水やりがわりに与えるか、ゆっくりと効く緩効性化成肥料を規定量よりも少なめに鉢の縁に埋め込みます。

サギナ(アイリッシュモス)の剪定の時期と方法は?

茎が伸びて茂ると株が蒸れてしまうので、季節に関係なく定期的に剪定していきます。鉢植えは、短く刈り込んで丸い形に仕立てるとかわいらしいですよ。

地植えは、茂りすぎているところをこまめに切り落としていくと見た目が整います。

サギナ(アイリッシュモス)の植え替えの時期と方法は?

鉢植えは、1年に1回、3~5月か9~10月に1回り大きな鉢に植え替えていきます。手順は、植え付け時と同じです。同時に株分けをすると効率的ですよ。

サギナ(アイリッシュモス)の増やし方!株分けの時期と方法は?

3~5月か9~10月に、サギナは株分けをして数を増やすことができます。根を傷めないよう株の回りをスコップで堀り、土から抜き出していきます。

そして、手で根をほぐしたら、それぞれの株に茎葉や根が十分付くよう、手やナイフで縦に切り分けていきます。後はカットした大きさに合わせて鉢や地面に植え穴を準備し、苗と同じように植え付けていきます。

サギナ(アイリッシュモス)の育て方のポイントは?

夏の温度管理と水のやりすぎに気を付けることが、サギナを枯らさず育てるポイントになります。

高温多湿の環境が苦手で、日当たりが足りないと徒長して間延びした姿になってしまいます。風通しと水はけのよい半日陰で育てていきましょう。

サギナ(アイリッシュモス)はインテリアグリーンやグランドカバーに人気

サギナを栽培するポイントは、夏の高温多湿の環境をできるだけ避けてあげること。

水分が蒸発しないよう朝や夕方の涼しい時間に水やりをする、風通しのよい場所で育てるなど、ちょっとした気遣いでその美しさが変わりますよ。トピアリー感覚で剪定する形を工夫するのも楽しいですよ。

初回公開日: 2016年05月08日