ホルティ 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

ヤマモモ(山桃/楊梅)とは?花や実の特徴、食べ方は?

初夏を迎えると、青々とした葉っぱのつけ根に真っ赤な実を付けるヤマモモ。庭木や街路樹としても植えられている、日本人にとってはなじみ深い樹木ですよね。梅雨のまっただ中に収穫期を迎えますが、雨に当たると水っぽくなってしまうので、収穫のタイミングがむずかしい果実としても知られています。今回は、そんなヤマモモとはどんな樹木なのか、花や実の特徴、食べ方などについてご紹介します。

ヤマモモ(山桃/楊梅)の花言葉

『教訓』『一途』『ただ一人を愛す』

ヤマモモの花言葉の由来となったエピソードは詳しくはわかっていません。ただ、雌雄異株で、遠く離れた場所でも花粉を飛ばして実を付ける性質から、「ただ一人を愛す」「一途」といった花言葉が付けられたのではないかと考えられています。

ヤマモモ(山桃/楊梅)の学名・原産国・英語

学名
Morella rubra
科・属名
ヤマモモ科・ヤマモモ属
英名
Red bayberry
Wax myrtle
原産地
日本、中国南部~インド
開花期
3~4月
収穫期
6~7月
別名
楊梅(ヨウバイ・ヤンメイ)

ヤマモモ(山桃/楊梅)とは?花や実の特徴は?

ヤマモモは、日本や中国からインドにかけて自生する、ヤマモモ科・ヤマモモ属に分類される高木です。大きくなると20~25mほどと高く生長し、直径が1mに及ぶものもあります。日本では、関東南部~沖縄にかけての温かい地域にあり、古くから和歌の題材などに詠まれて親しまれてきました。

幹は灰白色で、皮目は楕円形をしています。古い木になると、縦の裂け目が出てきますよ。葉っぱは深い緑色で、10cm前後の楕円形をしており、枝の先端に丸く束に広がって付きます。この葉っぱの脇から赤い小さな花が穂のようになって咲き、結実すると真っ赤な果実が付きます。雄株と雌株がありますが、花粉が遠くまで飛ぶことから、雌株だけ育てていても自然と結実しますよ。

ヤマモモ(山桃/楊梅)の食べ方は?ジャムや果実酒の作り方は?

ヤマモモの実は、6~7月に収穫期を迎えます。ただ、雨に当たると水っぽくなってしまうので、梅雨の合間に一気に収穫してしまうことがポイントです。採った実は、ジャムやお酒にして楽しめますよ。以前はスーパーでも普通に目にしましたが、近年は見かける機会も少なくなってしまったので、ぜひ自分で栽培して、色々な方法で味わってみてください。

ジャムの作り方

■ 材料

  • ヤマモモ5kg
  • 砂糖2kg

■ 作り方

  1. ヤマモモを塩水で洗い、ステンレス鍋で500mlほど水を沸騰させる
  2. 沸騰したお湯に、洗ったヤマモモを入れてゆっくり混ぜる
  3. 果実が柔らかくなったら、ザルにあげて裏ごしする
  4. 裏ごしした果実を、ステンレス鍋で加熱し、沸騰したら砂糖を一気に入れる
  5. 沸騰の手前の温度で焦げ付かないよう混ぜ、アクを取り除きながら煮詰まり具合をチェックする
  6. とろみが出てきたら、熱々のまま殺菌済みのガラス瓶に入れる
  7. 軽く蓋をして蒸し器で20分ほど熱し、脱気する
  8. 瓶を逆さまにして荒熱を取り、冷水で冷やして出来上がり

お酒の作り方

■ 材料

  • ヤマモモ1.6kg
  • アルコール(焼酎など)1.8L
  • 砂糖1kg
  1. 広口の瓶を用意して熱湯消毒する
  2. ヤマモモを潰れないように水洗いする
  3. 水気を切り、実をそっと瓶へ入れる
  4. ヤマモモの上に氷砂糖を入れ、焼酎を注ぎ入れる
  5. 2ヶ月ほど保存し、アルコールが赤く染まり、香りもうつったら、実を取り出す
  6. ヤマモモ酒をろ過し、別の瓶に詰めたら完成

ヤマモモ(山桃/楊梅)の種類や品種は?

瑞光(ずいこう)

常緑高木で、庭植えのときは3〜4mほどに生長します。実の酸味は強く、日持ちもすることから、果実酒にするとその風味を生かすことができますよ。隔年結果せず、毎年たくさんの実を収穫できることもポイントです。

森口(もりぐち)

毎年良く実がなり、酸味が少なく甘みが強いことから、ジャムや果実酒など色々な加工方法を楽しめる品種です。生長も早いことから、庭のシンボルツリーとしても育てやすいですよ。

ヤマモモ(山桃/楊梅)をジャムやお酒にして楽しもう

ヤマモモ

真っ赤な実が、緑の葉っぱと美しいコントラストを作り出すヤマモモ。甘酸っぱい味わいで、古くから日本人に愛されてきたフルーツです。育て方もむずかしくないので、庭のシンボルツリーととして育てている人も少なくありません。収穫した実は、お酒やジャムなど色々な方法で加工して楽しめますよ。ぜひ、庭の仲間にくわえてみてください。

初回公開日: 2016年05月23日