ホルティ 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

スイートピーの育て方!種まきの方法や時期は?

スイートピーには、冬咲き、春咲き、夏咲きの3つの品種があります。自分で育てる場合は、4~6月に花をつける春咲きや夏咲き品種がよく使われていますよ。

品種改良によってさまざまな花色があるので、花壇やプランターに寄せ植えすると、華やかになりますよ。今回は春咲きと夏咲きのスイートピーについて、種まきの時期や日常の管理方法をご紹介します。

スイートピーってどんな花?

スイートピーとはマメ科・レンリソウ属の一年草または多年草です。4〜6月ごろに茎の先から赤や紫、ピンクなどの花を咲かせます。

草丈が15cmの小柄なタイプから、大型になると数mを超えるものまでさまざまだったり、切り花として活用されるなど、ガーデニングだけではなく場所や用途によって使い道の多い草花です。

スイートピーの育て方!種まきや苗植えの方法と時期は?

スイートピーの苗は秋の終わりから冬に出回ります。育ちすぎてしまうと根付きが悪くなってしまうので、手に入れ次第鉢に植えましょう。土は草花用の培養土を用意してください。

■ 苗植えの手順

  1. 新しい鉢の底穴に鉢底ネット、鉢底石を順に敷く
  2. 土を鉢の1/3ほどまで入れる
  3. ポットからスイートピーを引き抜く
  4. 根についた土を手でやさしく揉んで落とす
  5. 黒ずんでいる腐った根を剪定バサミで切る
  6. 鉢の中心に植物を置き、縁から下4cmのところまで土を入れる
  7. 土の表面を割りばしでつつき、根の隙間まで土をなじませる
  8. 鉢底から流れ出るくらいたっぷりと水やりをする

その後は、明るい日陰で管理し、新しい芽が出始めたら土に根が定着した証拠です。

スイートピーのお手入れ方法!水やりの仕方や肥料の与え方は?

スイートピーの苗を植えたら定期的にお手入れをして生長を促してあげましょう。

水やりの仕方

表土が乾いたら、たっぷりと水を与えてください。特に暖かくなってくると、つるがどんどん伸びて生長するので、水切れしないように注意してください。

スイートピーは寒さに弱いので冬は土の表面が凍って枯れてしまうことがあります。水を与えすぎないように気をつけましょう。

肥料の与え方

肥料は、まず元肥として緩効性肥料を施します。そして追肥として月に1度、薄めた液肥を与えるとよく育ちます。土が酸性に傾いていると、巻きひげが赤くなります。

そんなときは、リン酸を多く含む液肥を与えるか、スプレーを使って葉面散布をするようにしてください。

スイートピーの育て方!誘引と花がら摘みで見た目をキレイにしよう

ヒゲを巻きつける(誘引)

スイートピーはマメ科の植物なので生長すると巻きひげが伸びます。そのままにしておくと倒れてしまうので、3月頃に茎が伸び始めたら、支柱やネットにつるを巻き付ける「誘引」を行っていきましょう。

洗濯バサミやクリップなどで葉の一部をネットにとめておくと、きれいに巻き付いてくれます。

花がら摘みと摘心

草丈が20cmほどに伸びたら上の部分5~6節ほどを切り取る摘心を行い、わき芽を伸ばすようにします。

これによって枝数が増え、ボリューム感をだすことができます。ただし、草丈の低い品種に摘心は不要です。

また、花持ちをよくするために花がら摘みを行いましょう。花が色あせてきたら摘むタイミングです。ただし、種を収穫したい場合は、最後の方に咲いた花はそのまま残しておきます。

スイートピーの栽培で注意する病気や害虫は?

虫除け 水やり 防虫 葉水 霧吹き スプレー

うどんこ病

うどんこ病は、葉や茎に小麦粉をはたいたような白い粉状の菌がつく病気です。菌は葉の栄養を吸って光合成をできなくしてしまうので、発見したら早めにサプロール乳剤やトップジンMスプレーなどの殺虫剤を散布して対処しましょう。

また、カビ系の病気ですが水に弱い性質があるので、定期的に水やりを行うことで予防できますよ。

アブラムシ

アブラムシは、茎、葉、花などについて栄養を吸汁する病害虫です。見つけたときは、オルトランなどの駆除剤を使って対処しましょう。特に花が咲いてから発生しやすいので注意してください。

ヨトウムシ

葉を食べてしまう害虫で、夜になったら土中から出てきます。朝に葉の裏や茎にヨトウムシがついていないかチェックしましょう。また、予防として株元にオルトランをまいておけば効果的です。

スイートピーに植え替えは必要?

スイートピーは一年草なので、毎年の植え替えは必要ありません。また、直根性なので誤って根を切断してしまうと再生しにくい植物でもあります。

誤って日当たりの悪い場所に植え付けてしまった場合、場所を変えるために植え替えをしたくなりますが、できるだけ避けるようにしてください。

スイートピーの増やし方!栽培に慣れてきたら種まきをしよう

スイートピーの栽培に慣れてきたら種をまいて数を増やしてみませんか?花が咲くタイミングによって種まきのタイミングが違うので注意してください。

春咲き品種なら9月下旬~10月中旬頃、夏咲きは10月中旬~11月に種をまきます。寒さに弱いので初霜の降る前には種まきを終わらせておきましょう。種の発芽温度は15~20度です。

  1. スイートピーの種の皮は硬く発芽しにくいためカッターで皮に傷をつける
  2. お皿などに水をはって一晩つけておく
  3. 4~5号鉢に3〜4粒の種を目安に水を吸って膨らんだ種を用意する
  4. 指を使って深さ2~3cmの穴を20cmほどの間隔で掘る
  5. 1つの穴につき3〜4粒の種をまいて軽く土をかぶせる
  6. 芽が出てきたら、周りの生長の遅い芽を摘み取る
  7. 芽が伸びてきたら新苗として植え直す

スイートピーは日光を好む花

スイートピーの軽やかな花は春を思わせ、庭全体が明るい雰囲気に包まれますよね。日光を好むので、日向に植えれば元気に育ってくれますよ。

ぜひ種から育てて、ガーデニングを楽しんだ後は切り花やポプリにして楽しんでみてください。

初回公開日: 2015年07月04日