ホルティ 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

ひまわり(向日葵)の種の効能や栄養、食べ方や収穫方法は?

ひまわりの種は栄養価が高く、アンチエイジング(老化対策)やダイエットにも効果があります。ハムスターやリス、小鳥のエサというイメージが強いかもしれませんが、食用としてとても使い勝手のよい種なんですよ。

今回は、そんなひまわりの種の収穫方法や栄養素・効能、食べ方についてまとめてみました。

ひまわり(向日葵)はどんな種を付けるの?何に使える?

ひまわりの種は1.5cmほどと植物の中でも大きい方で、1輪あたり約500~3,000個の種を付けます。花の大きさに比例して種の数も多くなり、たくさん収穫できます。一般的にはリスやハムスターなどの小動物のエサとなる他、植物油の原料や実を煎ってナッツとして食用、化粧品の原料などに用いられます。

日本ではひまわりの種を食すことはあまりありませんが、アメリカではメジャーリーガーが補助食品として試合中に食べたり、中国ではおやつ代わりに食べたりします。

ひまわり(向日葵)の種の栄養素と効果・効能は?

ひまわりの種の栄養素

ひまわりの種には、葉酸、ビタミンE、鉄分、亜鉛、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンB12、マグネシウム、カルシウム、カリウム、トリプトファン、リノール酸など幅広い種類の栄養分が含まれています。

ひまわりの種の効果・効能

ひまわりの種に含まれるリノール酸という不飽和脂肪酸は、血中コレステロールを減らし、血行をよくする働きがあります。そのため、ひまわりの種をよく食べるアメリカでは、生活習慣病や高血圧、動脈硬化を予防する食材とされています。

また、ビタミンEが豊富に含まれ、体内の細胞の老化を防ぐ抗酸化作用がります。アンチエイジングや冷えの解消、美肌効果があり、更年期障害の改善にも効果が期待できます。

さらに、造血作用や細胞の生まれ変わりを助ける葉酸も多く含まれ、貧血防止や免疫力を高める効果もあります。

他には、セロトニン不足による睡眠障害やうつ病を防ぎ、口に含んで殻を割ることで外皮に含まれるオリザノールがリラックス効果をもたらしてくれます。

ひまわり(向日葵)の種は食べ過ぎに注意!適量はどれくらい?

ひまわりの種は、カロリーが100gあたり611kcalと高く、脂質も多く含まれるので、食べ過ぎには注意が必要です。1日スプーン1杯程度を目安に食べるようにしてください。

ひまわり(向日葵)の種の収穫!時期と方法は?

ひまわりの種は、花が咲き終わった約1ヶ月後にあたる10~11月頃を目安に収穫します。下の葉が枯れ、茎が黄色く変色してきた頃が収穫するのにいい時期ですよ。

熟した種子を収穫するポイントは、花が枯れて花首が下向きに折れ曲がっているものを選び、手で触ると種がポロポロと剥がれ落ちるくらい乾燥が進んでいることです。

手で行うときは、花首から切り取り、種に付いている花を取り除いてから収穫していきます。ひまわりの数が多い場合は、手で採っていくと時間がかかるので、BBQや魚を焼く網などを用意し、花をこすりつけていくと簡単に種を回収できますよ。

乾燥が進んでいないものや、野鳥の被害を避けるために早く花首を切り落としたりしたものは種が取りにくいので、風通しのよい日陰で乾燥させてから収穫作業を行ってください。

収穫した後は、ビニールシートなどに収穫した種を広げ、2~3日天日干しでよく乾燥させます。

収穫したひまわり(向日葵)の種の食べ方は?食用のひまわりの種はおいしいの?

ひまわりの食べ方は簡単で、種の殻を歯で割ってから手でむいて食べます。殻は、食べられないで捨ててくださいね。

中の実をフライパンで炒めてから塩をふって食べると、ナッツ感覚で楽しめるのでおすすめです。シリアルやヨーグルト、サラダなどのトッピングとしても使えます。また、ブラウニーなどの焼き菓子やパンを焼くときに入れても相性がいいですよ。

ひまわりの種は、あまり味にくせがないので食べやすく、子供でも安心して食べることができます。市販で売っている食用のひまわりの種は、フライパンで炒めて塩で味付けがしてあるので、試しに食べてみたいという方は一度チャレンジしてみてください。

ひまわり(向日葵)の種の効能を実感しよう!

ひまわりの種は、体の働きを活性化させたり、肌をきれいにしたりと老化防止効果があります。その効果効能を知っていたからなのか、ネイティブアメリカンは紀元前から食用や染料、医療用としてひまわりを栽培していたんですよ。

きれいなひまわりを楽しんだ後は種を収穫して、お菓子や料理に使って最後まで楽しめるといいですね。

初回公開日: 2015年07月05日