ホルティ 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

ポーチュラカ(ハナスベリヒユ)の花言葉は?種類、品種、開花時期は?

夏のガーデニングに人気のポーチュラカは、炎天下でも、ピンクや黄色などカラフルな花を咲かせます。また、食用にしている国もあるほど栄養価が高いという特徴も。

今回は、そんなポーチュラカの花言葉や種類・品種、開花時期などについてご紹介します。

ポーチュラカ(ハナスベリヒユ)とは?学名・原産国・英語は?

学名
Portulaca oleracea
科・属名
スベリヒユ科・スベリヒユ属(ポーチュラカ属)
英名
Portulaca
原産地
南アフリカ
※ はっきりとは解明されていない
開花期
5~10月
花の色
白、赤、ピンク、オレンジ、黄、紫、複色
別名
ハナスベリヒユ(花滑り莧)
パースレイン

ポーチュラカは、毎年5~10月に花を咲かせる多年草です。全世界の熱帯から亜熱にかけて広く分布しています。

草丈は10~20cmと低めで、地面をはうように広がって茎を伸ばします。葉と花は肉質で、暑さや乾燥に強いことが特徴です。

ポーチュラカはどんな花を咲かせる?葉っぱは食べられるの?

ポーチュラカは初夏になると赤やオレンジ色の花を咲かせます。乾燥に強く、日光が大好きな植物です。

また、ポーチュラカは食べられることでも知られています。ポーチュラカの葉には、血流の改善やコレステロール値を低下させる「オメガ3脂肪酸」がたくさん含まれているのです。

他にも解熱や解毒に効くとされ、中国では民間療法の生薬として使われてきました。

ポーチュラカ(ハナスベリヒユ)の開花時期と見頃の季節は?

ポーチュラカは5~11月に開花期を迎えます。朝開いた花は夕方にしぼんでしまいますが、次々に新しい花を咲かせてくれます。

花色は白、ピンク、オレンジ、黄、紫、複色などがあり、たくさんの株と寄せ植えにして楽しむのがおすすめです。

ポーチュラカ(ハナスベリヒユ)の花言葉は?

『いつも元気』『無邪気』『自然を愛する』

夏の暑さにも負けず、鮮やかな花を咲かせることから、「いつも元気」「無邪気」という花言葉がつけられました。

ポーチュラカ(ハナスベリヒユ)の種類や品種は?

ポーチュラカ 八重

一重咲きの品種が一般的ですが、八重咲きの品種もあります。以下に代表的な品種をまとめました。

ポーチュラカ・マジカルキューティー

園芸用に開発された品種で、緑の葉の周りに、太いピンクの斑が入ります。乾燥した場所で育てた方が、斑の色が濃くなります。葉ごとに斑の入り方が異なり、独特の美しさを楽しむことができます。

ポーチュラカ・フェリーチェ

イタリアで作られた品種で、2014年の春頃から日本でも栽培されるようになりました。花びらにくっきりとしたストライプ模様が入るのが特徴です。

フェリーチェとはイタリア語で「幸せ」という意味なんですよ。

ポーチュラカ(ハナスベリヒユ)の花を花壇に寄せ植えして楽しもう!

ポーチュラカ 寄せ植え

ポーチュラカは、一重や八重咲きの品種に合わせて、多様な花色が楽しめる夏の草花です。多年草なので、一度植えれば、花壇を毎年彩ってくれますよ。

草丈が低いので、寄せ植えにも使えてとても便利。夏のガーデニングを楽しむなら、ポーチュラカは欠かせませんね。

初回公開日: 2015年09月16日