ホルティ by GreenSnap 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

エリカの育て方|鉢植え・地植えの方法、剪定の仕方は?

エリカはたくさんの品種がある植物で、それぞれの品種によって花の色や形、開花時期も様々です。環境に合わせて鉢植え、地植え(庭植え)で育てることができる点も魅力ですよね。今回は、そのエリカの育て方を苗や種からの植え方、日々の水やり・肥料の施し方、病気や注意点などにまとめてご紹介します。

エリカの育て方のポイントは?

ピンク色のエリカの花の画像

エリカを育てる際、はじめに「品種の確認」をすることが大切です。エリカは原産国によって育て方が異なるためです。

たとえば、ヨーロッパ原産の品種は暑さに弱く、寒さに強い性質があります。そのため、温度調節のできる室内に置いたり、日陰に植えたりして栽培されます。また、水やりの頻度も少しずつ違うので、購入時に園芸店の店員さんに確認しておくと安心ですよ。

エリカの育て方!何が必要?

エリカを育てるためには、まず「土」「肥料」「苗」と、鉢植えの場合は「鉢」を用意します。それぞれについて、どんなものがよいのか詳しくご紹介します。

エリカは弱酸性の土質を好みます。小粒の鹿沼土とピートモスを7:3に混ぜ合わせた土を用意しましょう。

肥料

油かすや骨粉を混ぜた有機肥料か、あるいは鉢植えの場合は液体肥料でも問題ありません。

苗は葉の色が濃く、花やつぼみがたくさん付いたものを選ぶのがおすすめです。また、新芽が垂れているものは水切れを起こしている可能性があるので注意してください。

苗よりも一回り大きなものを用意しましょう。

エリカの苗の植え付け!鉢植えと地植えの方法と時期は?

エリカ 庭 紫

準備が整ったらいざ植え付けです。植え付けの適期は4〜5月で、気温が温かくなり始めたタイミングで植え付けましょう。風通しがよく、日の当たる場所を選んであげてください。

まずは元肥として土に肥料を混ぜ込み、そこにポットの苗を植え付けます。もし、根についた土が固まっているようであれば、手でもみほぐしてから植えてくださいね。

ここで注意するのが、最初に育て方のポイントで伝えた「品種の確認」です。品種によっては地植えに適していないものや、日陰に植えた方がいいもの、予想以上に手間のかかるものもあります。

エリカの水やりと肥料の施し方!

ジョーロで植物に水やりをしている画像

日々の生長にかかせないのが、「水やり」と「肥料」です。多くの品種は原産国がアフリカなので、その情景を想像するとイメージがつきやすいですよ。アフリカは高温でカラカラとした天気が続き、降水量は多くありません。

それを参考に「水やり」を行います。鉢植えの場合、土が乾いたのを目安に鉢底から流れ出るくらいたくさん水をあげてください。地植えは、植え付けのとき以外は水やりの必要がありません。あまりに乾燥するようなら、霧吹きを利用して葉っぱに水を吹きかけてあげましょう。

「肥料」は、品種によって与える時期が違います。標準的なものであれば、鉢植えの場合、生育期の1月と9月に1回緩効性肥料を与えます。液肥を月に1~2回施すのでも問題ありません。地植えの場合は、同時期に油かすや骨粉などの有機性肥料を株元から少し離したところに混ぜ込みます。

エリカの植え替え!方法と時期は?

植え替え 苗 鉢植え 植え付け

鉢植えの場合は根詰まりを防ぐために1~2年に1回の頻度で、植え付けと同じ4~5月頃に植え替えを行います。さらに一回り大きい鉢に植え替えてあげましょう。

地植えで一度根付いたものは植え替えに不向きなので、基本的に植え替えは行いません。どうしても植える場所を変えたいときは、「必ずしも根付くとは限らない」ということを理解して実施ししましょう。

エリカの育て方で注意したいことは?

エリカを育てるうえで、気をつけたいことが2つあります。

1つ目は花がらを取り除く作業です。開花後、咲いた花はどんどん落ちていきます。この落ちた花を放置しておくと株への日当たりや風通しが悪くなり、枯れてしまうことがあります。

2つ目は害虫です。1つ目とも関係しますが、風通しや日当たりが悪いとカイガラムシが葉の裏や茎に付くことがあります。使用済みの歯ブラシでこすり落とすか、殺虫剤の散布で駆除してください。

どちらも枯れる原因となりますので、気づいたタイミングでとり除いてあげましょう。

エリカの剪定と増やし方は?

白色のエリカの花の画像

エリカは花が咲き終わった5〜7月頃に剪定が必要です。この剪定をうまく活用すれば挿し木で増やすこともできますよ。

まずは剪定の方法ですが、全体の1/3~1/2ほどの枝を半分の高さまで切り落とし、開花時に比べてさっぱりとした状態にします。地植えで背丈が高くなっているときは、伸び枝だけを切り詰めるようにします。

この枝は枝下の葉っぱを取り除き、コップなどに水を入れて浸けておきます。水からあげた後は、鹿沼土だけの用土を入れたポットや鉢に穴を掘り、枝の切り口に発根剤を付けて土に挿します。これをビニールなどで覆って日陰で管理します。この間、適宜水やりは行いましょう。葉っぱが大きくなり始めたら植え付けに進みます。

 

エリカの育て方は種類によって違う

赤い色のエリカの花の画像

エリカは種類によって育て方が微妙に異なります。慣れるまでは水やりの頻度や肥料のあげ方がわからずに苦労するかもしれません。

ただ、開花時の美しさはその苦労を忘れさせてくれるほど大きなインパクトがあります。様々な種類に触れて、創意工夫をしながら花の生長を楽しめますよ。

初回公開日: 2015年06月20日