ホルティ 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

柊(ヒイラギ)の花言葉とは?節分に鰯と飾る意味は?種類や葉の特徴は?

柊は、トゲトゲの葉が特徴の樹木です。昔から魔除けになると信じられ、日本では正月飾りや節分に鰯の頭と一緒に飾られます。また、クリスマスの飾りとして、リースによく使われていますよね。今回は、柊の花言葉や節分に鰯と飾られる意味、種類などについてまとめました。

柊(ヒイラギ)の花言葉は?

『用心深さ』『先見の明』『保護』

甘く香る花をつける一方で、トゲのある葉っぱを持っていることから、「用心深さ」という花言葉がつけられました。「保護」は、魔除けになるトゲにちなみます。

柊(ヒイラギ)の学名・原産国・英語

ヒイラギ 葉っぱ 柊
学名
Osmanthus heterophyllus
科・属名
モクセイ科・モクセイ属
英名
Holly
hiiragi
Chinese holly
false holly
holly olive
holly osmanthus
原産地
日本、台湾
開花期
10~12月
花の色
別名
鬼の目突き(オニノメツキ)
疼木(ヒイラギ)

柊(ヒイラギ)の葉の特徴は?どんな花や実?名前の由来は?

柊 ヒイラギ 実 青 枝

4~10mほどに生長する常緑性の樹木で、日本や台湾の山地に自生しています。葉は肉厚で光沢があり、縁にトゲのようなギザギザがあります。若い木は特にトゲがギザギザしていますが、年老いていくとトゲが減っていきます。秋になると金木犀に似た白い花をまとまって咲かせ、甘い香りを放ちます。花の後には黒い実をつけます。

葉のトゲにちなんで、ヒリヒリ痛むことを意味する「疼ぐ(ひいらぐ)」が、和名の語源とされています。また、痛みがうずくという意味で、「疼木」という字が当てられることもあります。

柊(ヒイラギ)を節分に鰯と飾る意味は?風水にいい?

トゲには魔除けの効果があるとされ、古くから庭木として利用されてきました。今でも節分に飾られる柊鰯は、平安時代から続く習慣です。

当時、節分は季節の変わり目で、鬼が現れやすい日とされていました。鬼は、鰯の臭いと柊のトゲを苦手としていることから、柊鰯を飾って追い払っていたんですよ。

風水では、鬼門の方角や、縁起物として玄関脇に植えるのがよいとされています。

柊(ヒイラギ)の開花時期と見頃の季節は?

10~12月に開花し、11月上旬が見頃になります。白く小さな花は、葉に隠れるようにひっそりと咲きますよ。通常、花の後は黒い実をつけるのですが、クリスマスには赤い実をみかけますよね。あれは、セイヨウヒイラギという別種のものです。

柊(ヒイラギ)の種類や品種は?セイヨウヒイラギは別種?

セイヨウヒイラギ 西洋柊 実 葉

名前に「ヒイラギ」とつく植物は、色々な種類があり、日本に自生しているものは「モクセイ科」です。赤い実をつけるセイヨウヒイラギは「モチノキ科」、ヒイラギナンテンは「メギ科」と別種になります。以下にモクセイ科の種類をいくつかご紹介します。

ゴシキヒイラギ

ゴシキヒイラギ 五色柊

葉に黄色やクリーム色、ピンクの斑が入る、観賞価値の高い園芸用の品種です。和洋どちらのテイストにもよく合い、庭木によく使われます。

シマヒイラギ

柊 斑入り ヒイラギ

葉に白の斑が入る品種で、「フイリヒイラギ」とも呼ばれます。日本の本州南部~九州、沖縄に自生していることが名前の由来です。生垣を明るい雰囲気にしてくれます。

ヒイラギモクセイ

ヒイラギモクセイ ヒイラギ 白い花 ヒイラギ

柊と銀木犀が交配して生まれたとされる品種です。葉が小さく、つやはあまりありません。白い花は咲きますが、実がつかない特徴があります。

オニヒイラギ

新芽は黄色がかった明るい緑色をした品種です。次第に葉の色が濃くなっていき、魔除けの効果が高いとされています。

マルバヒイラギ(丸葉柊)

葉の縁にトゲがない園芸用の品種で、白い花を咲かせます。

節分に柊鰯を飾って魔除け

柊 ヒイラギ 木 葉

柊は、古くから魔除けの効果がある植物として親しまれてきました。生垣や庭木として植えられていたのには、悪い気を追い払う意味もあるんですよ。すぐに庭木を植えるのは難しいかもしれませんが、節分に柊鰯を飾れば、その効果にあやかれるかもしれませんね。

初回公開日: 2015年10月01日