ホルティ 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

【常緑樹とは?】低木や広葉樹など庭木におすすめの種類は?

一年中美しい葉っぱを楽しめる常緑樹。日よけや風よけの役割を果たし、暑さ寒さを和らげながら寂しくなりがちな冬の庭を彩ってくれます。また、常緑の植物は「気」を活発にするともいわれ、美しく茂るほど気分が明るくなると風水でも考えられているんです。

今回は、そんな常緑樹とは何なのか、低木や広葉樹など庭木におすすめの種類を8種ご紹介します。

常緑樹とは?

常緑樹とは、一年中葉っぱを茂らせている樹木の総称です。反対に、葉っぱが枯れ落ちる樹木のことを落葉樹といいます。

常緑といっても、いつも同じ葉っぱが茂り続けているわけではありません。1~3年ほどかけて、古いものから新しいものへと、少しずつ生え変わりながら生長していきます。落葉樹のように葉っぱが一気に落ちないので、生垣などの目隠しや庭の背景、グランドカバーに最適です。

常緑樹にはどんな種類がある?

常緑樹は、針葉樹と広葉樹の2つのタイプに大別できます。針葉樹の代表はマツ科やスギ科の樹木で、日本の人工林の90%以上を占めています。これらは、寒帯~亜寒帯に分布しているものが多いので、寒さに強いことが特徴です。

庭木に使いやすいのは広葉樹です。広葉樹は、たくさんの葉っぱを横に広げる性質があり、きれいな花や実をつけるものが多く、種類の豊富さから庭作りに欠かせない存在となっています。樹高によって低木、高木などに分けられ、樹形や性質の違いからそれぞれに違った楽しみ方を楽しめます。

庭木におすすめの常緑樹10選!低木や広葉樹など

常緑樹の最大のメリットは、一定の樹形を保ちながら生長し、季節の変化に大きく左右されないことです。常緑樹を主体にして庭作りをすると、景観が変わらないので、雰囲気が安定しますよ。下記に、低木や広葉樹など、庭木におすすめの常緑樹を10種ご紹介します。

常緑低木

1. クチナシ(梔子/ガーデニア)

クチナシは、真っ白な花びらから甘い香りを漂わせる花木です。花の香りがよいことから、沈丁花、金木犀と並んで三大香木の1つに数えられます。樹高は2~3mほどと低く、玄関先の生垣などにおすすめです。

寒さに弱いことが育てるときのポイントです。関東以南であれば地植えにできますが、寒い地域では冬になると弱ってしまうので注意してください。また、乾燥にも弱いので、土が乾きやすい夏は水切れに注意してください。

2. アメリカイワナンテン

アメリカイワナンテンは、ツツジ科に分類されるアメリカ原産の低木です。「セイヨウイワナンテン」という別名の方が馴染みやすいかもしれません。ナンテンに似た葉っぱをつけ、岩場に自生することから名付けられました。樹高は1~1.5m程度で半日陰を好み、4~5月頃には弓状に伸びた枝の先に白い小花を垂れ下げて咲かせます。

風通しと日当たりのよい場所に植え付ければ、元気に生長していきます。剪定などの手入れもあまり必要ないことから、手間をかけずに楽しめますよ。耐寒性も高く、防寒対策を施す必要もありません。

■常緑高木

3. シマトネリコ

「偉大」「荘厳」といった神々しい花言葉をもつシマトネリコ。北欧神話では、9つの世界をつなぐ樹木とされています。生育旺盛で、放っておくと10m以上に生長します。ただ、幹がまっすぐに伸びて幅をとらないことから、狭い場所に活用できる庭木として人気がありますよ。

雌雄異株なので、花を咲かせたいときは雌株を選んで植え付けます。また、直射日光に当たると葉っぱが焼けて美観が損なわれるので注意してください。毎年夏、秋、冬の3回剪定をして樹形を整えると、きれいな姿を維持できますよ。

4. ヒメユズリハ

ヒメユズリハは、子孫繁栄の縁起木として正月飾りによく利用される常緑高木です。樹高は10mほどに生長します。春の新葉が出た後、席を譲るように古葉が枯れ落ちることが名前の由来です。葉っぱはユズリハよりも1回り小さく、葉柄は赤く色づき、枝先にかたまってつく雄しべは見応えがありますよ。

水もちのよい粘土質の土を好みます。土作りをするとき、堆肥や腐葉土をたっぷりと土に混ぜ込み、土中の湿度を保つようにしましょう。また、日陰でも育ちますが、日向に植えた方が強い枝を生やしますよ。

■グランドカバーになる常緑樹

5. フッキソウ

フッキソウは、低木とも草花とも扱われる、日本発のグランドカバープランツです。ツヤのある分厚い葉っぱを茂らせ、20cmほどの高さにこんもりと茂ります。植えっぱなしでも地下茎でよく増え、春になると枝先に白い小花を咲かせますよ。

乾燥に気をつけてさえいれば、ほとんど手間がかかりません。広がりすぎたときだけ、剪定をしていきましょう。日陰に強い性質を生かして、シェードガーデンに利用するのがおすすめです。

6. サルココッカ

サルココッカは、ツゲ科に分類される中国原産の低木です。日陰に強く、濃い緑色をしたシャープな形の葉っぱをつけることから、洋風の庭によく合います。樹高は20~60cmほどに生長し、横にはって生長します。また、2~3月には甘い香りのする花を咲かせますよ。

日陰や大気汚染に強く、病害虫にもかかりづらいことから、手入れの必要はほとんどありません。植え付けるとき、しっかりと腐葉土や堆肥を土に混ぜ込んでおくだけで十分です。大きく育てたいときだけ、肥料を与えるようにしましょう。

■洋風な常緑樹

7. オリーブ

地中海沿岸を思わせる、シルバーリーフの丸い葉っぱが美しいオリーブ。観葉植物として育てられることが多いですが、本来は10~15mほどと大きく生長します。おしゃれなのに控えめな姿から、どんな草花や樹木とも相性がよく、洋風のお庭にぴったりです。

自家受粉ができないため、実をつけて楽しみたいときは、違う品種を2本隣接して植えます。それでも実をつけるまでには3~5年ほどかかるので、気長に育てていきたいですね。また、湿度の高い環境を嫌うので、風通しのよい場所に植えてください。

8. 月桂樹(ローリエ)

乾燥させた若葉は、煮込み料理の香辛料「ローリエ」としても知られる月桂樹。古代ギリシャでは太陽神アポロンの木とされ、オリンピックの勝者には月桂樹の冠が贈られていました。樹高は10m以上に生長し、春には黄色い花がつきます。

水はけと日当たりのよい場所であれば元気に育ちます。ただ、生育が旺盛でどんどん枝を茂らせるので、春と秋と年2回、毎年剪定をして樹形を整えていきましょう。剪定した枝は挿し木に使えますし、葉っぱは乾燥させて香辛料としても活用できますよ。

常緑樹の低木、高木を使い分けて庭の目隠しやを楽しもう

庭木は、庭全体の雰囲気を左右する大切な存在です。だからこそ、サイズや育てやすさを考えて、長く付き合えるものを選びたいですよね。

日当たりの良し悪しや他の植物との相性によっても、その場所にぴったりの樹木は違います。まずは大きくなった姿を思い浮かべてみるところから、初めて見てください。目隠しやシンボルツリーなど用途に合う広葉樹がきっと見つかりますよ。

初回公開日: 2016年01月26日