ホルティ 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

摘心(摘芯/ピンチ/芯止め)とは?草花の切り戻しの方法や意味は?

草花は、どんどん上に茎を伸ばして生長していきます。ただ、そのままにしておくと、花がつきづらくなったり、草姿が乱れたりしてしまいます。また、株が大きくなりすぎて風通しが悪くなり、病気や害虫の被害にあうことも…。そこで、元気で丈夫な草花を育てるためにマスターしたいのが、摘心や切り戻しです。今回は、摘心や切り戻しとは何か、方法や意味についてまとめました。

摘心とは?なんの意味がある?

枝 挿し木 ハサミ 摘心 芽摘み 

摘心(テキシン)とは、野菜や草花などの植物の生長を促すための手入れ作業の1つです。「ピンチ」「芯止め」とも呼ばれ、「芯」と呼ばれる芽の先端を摘み取ります。

植物の多くは、茎の先端にある芽(頂芽:チョウガ)の方が、茎の側面についている芽(側芽:ソクガ)よりも優先的に育てる「頂芽優勢(チョウガユウセイ)」という性質を持っています。放っておくと、優先的な茎だけが伸びてしまい、茎の生長に養分を使うため、その先にしか花を咲かせなくなってしまいます。

苗のうちに摘心を繰り返すことで、縦ではなく横への生長を促して草丈がコンパクトになり、側芽が発達してたくさんの花がつく、果実の収穫量が増えるといった効果が期待されます。また、繰り返し摘心をすることで、株が横に広がってこんもりとした草姿に仕立てることができます。

摘心の時期と方法は?

育てる植物によって、春・夏・秋など適した時期は異なりますが、主に発育のよい生育期に行います。長く伸びた茎の先端にある芽を、手でひねって摘み取るか、ハサミでカットしていきましょう。頂芽が伸びすぎたと感じたときは、1節ほど切ってしまってもかまいません。

また、植物によっては複数回行うこともあれば、1回だけの場合もあります。

ただし、ベルゴニウムなど冬を越すことで花芽をつける植物や、菊など日に当たる時間が短くなると花芽をつける植物は、摘心後にある程度株が大きく生長しないと、次の摘心ができず、過度の摘心は植物を弱らせるだけなので注意してください。

草花の切り戻しとは?意味は?

剪定鋏 ハサミ 剪定 高枝切り鋏 草 花 黄色 芝生

切り戻しとは、伸びた枝や茎を短くする、剪定作業の1つです。

株が生長すると、茎が色々な方向に伸びて草姿が乱れてしまい、株元の葉っぱに日が当たらず枯れてしまったり、風通しが悪くなって株が蒸れ、病気や害虫の被害にあったりします。また、株が大きくなりすぎると、土からの栄養や水が足りなくなり、弱ってしまいます。

切り戻しを行うことで株を小さくまとめ、風通しや株元への日当たりを改善し、生育を促すことができます。また、摘心と同じように切った茎から新しい脇芽が生えて、株の生長を促し、花の数を増やす効果もあります。

切り戻しの時期と方法は?

ミント 剪定 ハサミ 切り戻し 摘心 

一年草

種類によって異なりますが、多くは湿度の高い梅雨や秋に行います。株が1/2ほどの大きさになるよう、茎や枝をカットしていきましょう。「花を楽しんで、花つきが悪くなったら切り戻しをする」ことを繰り返すのが、たくさんの花を楽しむコツです。

ただし、葉っぱをすべて切ってしまうと、株への負担が大きく、枯れてしまいます。また、秋は気温が徐々に下がっていき、切り戻しの時期が遅れると生育が悪くなるので、早めに行うようにしてください。植物の育生に慣れていない方は、5~7月の間に切り戻しをするのがおすすめです。

宿根草・多年草

茎の下の方は木質化しており、脇芽は出てきません。そのため、梅雨の頃に緑色をした茎を切り戻していきます。また、大きくなった株は1/2~2/3のサイズに切り戻していきます。

ハーブ

生育の旺盛なハーブは、大きくなったら1/3ほどになるよう何回も切り戻します。ただし、真夏や真冬は弱っていることが多いので、5~7月と、9~10月に作業します。また、花が咲き終わったら、株元から10~15cmのところで切り戻し、根っこへの負担を減らしてから冬を越します。

わき芽(脇芽)や頂芽とは?

わき芽とは、葉元や枝元から出てくる枝や茎になる芽や新芽のことです。新芽には、花を咲かせる花芽と枝や茎になるわき芽があります。植物によっては、花や実への栄養を優先するために余分なわき芽を取り除くことがあり、この作業を芽かきと呼びます。トマトの栽培などでよく行う作業の1つです。

頂芽とは、茎や枝の先端につく芽のことです。頂芽もわき芽と同様に芽かき作業で取り除くことがあります。ただし、頂芽を取り除くと、わき芽の生長が促されるので、枝数を増やしたいときは頂芽を取り除いてわき芽を残し、枝数を抑えて花や実の生長を促したいときは、頂芽を残してわき芽を取り除きます。

摘心や切り戻しの仕方は草花の種類に合わせて

ハサミ 剪定 切り戻し 摘心 ハーブ 草

それぞれの植物にあった時期に、摘心や切り戻しをすることで、たくさんの枝が伸び、花つきがよくなります。また、野菜やハーブの収穫量を増やすために、摘心や切り戻しは欠かせない作業の1つです。せっかく育てた草花の茎を切り落としてしまうのは、ためらってしまうかもしれませんが、摘心や切り戻しを怠ると、むしろ悪影響を与えてしまいます。気持ちを抑えて、大胆に行うようにすると、元気な株を育てることができますよ。

初回公開日: 2015年11月02日