ホルティ by GreenSnap 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

【アマリリスの花言葉】種類や品種は?開花時期と見頃の季節は?

春や秋に花を咲かせるアマリリスは、大きく鮮やかな大輪をつけるインパクトのある花ですよね。学校など人の集まるところによく飾られているので、見覚えがあるという方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんなアマリリスについて、花言葉や学名の由来、種類や品種、開花時期などをご紹介します。

アマリリスとは?学名・原産国・英語は?

学名
Hippeastrum
科・属名
ヒガンバナ科ヒッペアストルム属
英名
Amaryllis
Knight’s star lily
原産地
南アメリカ
開花期
5~10月
花の色
赤、ピンク、白、グリーン、複色
別名

アマリリスとは、春や秋に花を咲かせる多年草です。原種の多くは、ブラジルやペルーなど南アメリカに生息しています。春や秋になると、葉と茎を一緒に生長させて花を咲かせるのが特徴の植物です。

アマリリスはどんな花を咲かせる?色や形は?

アマリリスは、中輪の剣弁咲きや八重咲きの花びらをつけ、ユリのような見た目をしています。ヒガンバナの仲間の1つで、基本的に6つの花びらをした大きい花を2~4輪ほど咲かせます。

花色としては赤色が有名ですが、ピンクや白、黄、グリーン系の品種もあります。通常、アマリリスの花は横向きですが、上を向いて咲く受け咲き種もあります。

また、近年では香りのあるものも作られています。

アマリリスの開花時期や見頃の季節は?

アマリリスは春咲きと秋咲きの品種があります。春咲きは3月末~6月、秋咲きは9月末~10月に花を咲かせます。庭植えや鉢植えだけでなく、その華やかさと花のボリュームから切り花として花束やアレンジメントにもよく用いられています。

アマリリスの花言葉は?

『誇り』『内気』『おしゃべり』『強い虚栄心』『すばらしく美しい』

アマリリスの花言葉は、ギリシャ神話に登場する羊飼いの少女アマリリスのエピソードに由来しています。

羊飼いの少女アマリリスは、同じく羊飼いの少年であるアルテオに思いを寄せていました。しかし、アルテオは花が好きだったため、花を届けてくれる別少女に恋をします。

彼を振り向かせたいアマリリスは、神様にお願いをして、ある日1本の矢を手に入れます。その矢で自らを傷つけ、流れ出た血からとても美しい花を咲かせます。

その花の美しさに心奪われたアルテオは、アマリリスを好きになり、咲いた花はアマリリスと呼ばれるようになりました。

この神話から花の美しさにちなんで「すばらしく美しい」、アマリリスが話好きであったことから「おしゃべり」、自らの血で美しい花を咲かせたことから「誇り」「強い虚栄心」という花言葉が生まれたといわれています。

アマリリスの種類と品種は?

アマリリスは品種改良が盛んに行われ、現在は数百種類以上あるといわれています。赤をはじめ、ピンク、白、グリーン、複色などの花色があり、大輪から小輪、八重咲きなど見た目も様々なので、自分好みのものを見つけることができますよ。

ルードリッヒ系

オランダのルードリッヒ社で改良された品種で、出回っている大輪アマリリスのほとんどがこの系統にあたります。

  • レッドライン:巨大輪の春咲き品種で、真っ赤な花びらからは圧倒的な存在感が感じられます。
  • ハッピーメモリー:赤色の花をやや上向きに咲かせます。内側が黄色になっているので、南国風の印象をうける品種です。
  • クリスマスギフト:白ユリを思わせる美しい白色の花びらをしている品種です。結婚式のブーケや切り花によく用いられます。
  • ブロッサムピーコック:白地の先が薄い赤色をしている複色のアマリリスです。
  • アフロディーテ:花びらの桃色に赤い鹿の子斑が入っている複色の八重咲き品種です。

ガーデンオーケストラ系

2007年に(株)サカタのタネが開発した中輪のアマリリスの系統です。アマリリスは元来寒さに弱い花ですが、このシリーズは土中温度がー5度でも育つことができるので、庭植えでも栽培しやすいのが特徴です。

  • バレンチノ:鮮やかな赤色の花びらが特徴です。花径が10㎝と中輪咲きの中では大きな花びらをしています。
  • ベネット:白とピンクの複色の花びらをつける品種です。外弁のピンクは徐々に色が濃くなっていきます。
  • ヘリオス:淡い黄色の花をつける品種です。花径が約6cmと小さく、ラッパスイセンに似ています。
  • スワンレイク:真っ白の花をつける品種です。小さくかわいらしい花姿からは、清楚な印象をうけます。

ヒッペアストラム属「ソナチニシリーズ」

南米パタゴニア地方原産のものから交配育種された品種です。原種の特徴がしっかりと残っており、普段見かけるアマリリスとは少し違う変わった花を咲かせてくれます。

  • マラケシュ:黄色をベースに、オレンジとピンクが混ざった花色が魅力の中型の品種です。
  • バレンチノ:赤色の花びらの中央に白筋の入る品種です。咲き方がヒガンバナに似ています。

小輪系品種

  • トレシック:白と赤のコントラストが美しい、複色の花びらをつけます。分厚い花びらをもち、やや斜め上を向いて咲きます。
  • フェアリーテール:白地に朱色の筋が入っている複色の品種です。コンパクトな花が特徴です。
  • グリーンゴッデス:テッポウユリのような白く清楚な花びらをしている品種です。
  • ドナウ:赤とピンクの花びらをしており、花径が約13cmの小輪品種です。濃い桃色に近く、愛らしい雰囲気があります。

その他のアマリリスの品種(色別)

  • 赤系:レッドスター、アウリククム、ティントナイト、グランドクルー、リバティー、グラシリス、ロイヤルベルベット、フェラーリー、パピリオ、レッドシェード、ストライプなど
  • ピンク系:ダブルファッション、リロナ、ヘラクレス、カリスマなど
  • 白系:モンブラン、フェバリッド他
  • グリーン系:ポラリス、マジックグリーン、パピリオ、モカなど
  • 複色:ショーマスター、アンビアンサス、アップルブロッサムなど

アマリリスの花言葉を贈ろう!

気品ある姿や多様な色合いから、アマリリスはどこに飾っていても映える花ですよね。また、新しい品種も市場にたくさん出回っています。

誰もみたことのないアマリリスを育てて、花言葉と一緒に大切な人へプレゼントするのも良いかもしれませんね。

初回公開日: 2015年06月22日