ホルティ 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

キョウチクトウ(夾竹桃)とは?毒性や致死量などの注意点は?

梅雨の頃、赤や白色の花を咲かせるキョウチクトウを見たことがある方も多いのではないでしょうか。

排気ガスなど公害に強く、公道や高速道路など街中によく植えられています。今回は、そんなキョウチクトウについて花言葉や育て方をご紹介します。

キョウチクトウ(夾竹桃)とは?学名・原産国・英語は?

キョウチクトウ7

キョウチクトウは、18世紀に中国から日本へ伝わってきた、常緑低木(小高木)です。本来は熱帯性ですが、いったん根付くと寒さに強く、東北の南部でも戸外で越冬できる庭木に育ちます。

キョウチクトウは、公害に強いという性質があるので、千葉市、尼崎市、広島市、鹿児島市などの市町村の花に指定されています。

また、原爆が落ちたあと、広島で最初に花を咲かせた植物がキョウチクトウだったことから、復興のシンボルとされました。

葉が竹に、花が桃に似ていることから、「キョウチクトウ」と呼ばれるようになりました。

学名
Nerium oleander L. var. indicum
Nerium indicum
Mill.
科・属名
キョウチクトウ科・キョウチクトウ属
英名
Oleander
原産地
インド
開花期
6~9月
花の色
白、赤、ピンク、黄
別名
キョウチクトウ(キョウチクトウ)

キョウチクトウ(夾竹桃)はどんな花を咲かせる?

キョウチクトウの樹高は4~5mで、夏になると白や赤の花を咲かせます。花びらは5枚で、フリル状で少しひねった扇風機の羽のような形をしています。

葉は光沢があり、長楕円形で先が尖っているのが特徴で、薄く堅い葉を10~30cmまで生長させます。

キョウチクトウ(夾竹桃)の花言葉は?

キョウチクトウ2

『油断大敵』『危険な愛』『用心』

強い毒性があることに由来して、「油断大敵」「危険な愛」「用心」という花言葉がつけられました。

キョウチクトウ(夾竹桃)の毒性!致死量はどれくらい?

キョウチクトウ (3)

花や葉、枝、根や果実などのすべての部分に加え、周辺の土にも毒性があります。青酸カリよりも強いオレアンドリンなどが毒の成分で、体内に入ると心臓発作や下痢、痙攣などを引き起こします。

歴史上でもアレキサンダー大王の軍隊で、キョウチクトウの枝を串にして肉を焼いたために兵士が死んだと伝えられています。

ヒトの致死量は、0.30mg/kgで、キョウチクトウの枝を箸や串の代わりに使って食事をするだけでも死に至るといわれています。

身近な所に植えられているだけに、野外活動で調理に用いたり、家畜が食べたりしないよう、また子供が触らないように気をつけてください。

キョウチクトウ(夾竹桃)の開花時期や見頃の季節は?

キョウチクトウ (6)

6~9月が開花期です。春から夏にかけて、きれいな花を咲かせます。品種改良が進んだ現在では、一重咲きや八重咲き、ピンクや赤色、覆輪の花びらを楽しめるようになりました。

キョウチクトウ(夾竹桃)の種類や品種は?

キョウチクトウは品種によって花色や形、香りの有無が違います。今回はいくつか代表品種をご紹介します。

ヤエキョウチクトウ

紅色の八重咲き大輪品種です。日本で最も普及しており、日本でキョウチクトウといえば本種を指します。

セイヨウキョウチクトウ

地中海沿岸原産の品種です。日本で普及しているキョウチクトウとは違って香りがありません。

キバナキョウチクトウ

キョウチクトウ (5)

キバナキョウチクトウは黄色の花が咲く品種です。

シロバナキョウチクトウ

キョウチクトウ (2)

シロバナキョウチクトウは白い一重咲きの花を咲かせる品種です。

ウスギキョウチクトウ

ウスギキョウチクトウは黄色の一重咲きの品種です。

フイリキョウチクトウ

フイリキョウチクトウは葉に黄色の斑が入っている品種です。

キョウチクトウ(夾竹桃)の毒性に注意してガーデニングを楽しもう

キョウチクトウ (4)

キョウチクトウは、夏の風景としてなじみがある花木です。

「夾」の字ははさむ、混ぜるという意味があるように、竹や桃が混じりあったようなきれいな花姿ですが、猛毒があることを忘れずに楽しんでみてくださいね。

初回公開日: 2015年12月13日