ホルティ 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

ローズマリーの花言葉と種類!開花時期や見頃の季節は?

ローズマリーと聞くと、ハーブティーやクリスマスリースをイメージされる方も多いかもしれませんね。美しく洗練された、おしゃれなイメージがあり、料理によく用いられるな様々な用途で活躍してくれる植物です。

今回は、ローズマリーの花言葉と種類、開花時期や見頃の季節についてご紹介します。

ローズマリーとは?どんな花を咲かせる植物?

ローズマリーの花の画像

ローズマリーは、シソ科・マンネンロウ属に分類される常緑性の低木です。乾燥させた花や葉っぱがハーブティーや薬草、香辛料、食料として使われます。育てやすさと一年を通して収穫が可能な楽しみ方の広さから、家庭菜園やハーブ栽培、ガーデニングに人気があります。

草丈20~200cmまで生長し、10〜5月頃まで茎の先に数cmの白や淡い青、ピンク、薄い紫色などの花を咲かせます。ヨーロッパでは神秘的な力をもつ花として扱われ、祝福や葬儀の場など冠婚葬祭に欠かせない植物として知られているんですよ。

名前の由来

ローズマリーの名前には、2つの語源があります。1つは、花姿を「海のしずく」に例えてラテン語のローズ(しずく) +マリナス(海の)が合わさったという説です。別名や属名の「マンネンロウ」も中国語で同じ意味をさします。

もう1つは、聖母マリアのバラを意味する「rase of maria」が由来となった話しで、聖母マリアが衣を被せたところ、白いローズマリーが青色になったという言い伝えから誕生しました。

ローズマリーの図鑑!学名・原産国・英語

学名
Rosmarinus Officinalis
科・属名
シソ科・マンネンロウ属
英名
Rosemary
原産地
地中海沿岸
開花期
10~5月
花の色
白、淡いブルー、ピンク、薄い紫
別名
メイテツコウ(迷迭香)
マンネンロウ(万年朗/万年蝋/万年露)

ローズマリーの花言葉の意味や由来は?

『追憶』『思い出』『記憶』『貞節』『あなたは私を蘇らせる』『誠実』『変わらぬ愛』『私を思って』『静かな力強さ』

ヨーロッパでは、古代ギリシャ時代から神秘的な花としてお祝いや葬儀にローズマリーが使われてきました。この風習にちなんで「あなたは私を蘇らせる」「変わらぬ愛」「追悼」「誠実」という花言葉が生まれたといわれます。

「記憶」という花言葉は、ローズマリーを身につけると記憶力がよくなると考えられ、花冠が作られていたことが由来となっています。

ローズマリーの開花時期と見頃の季節は?

ローズマリーの開花期は10~5月頃です。見頃の季節は春から夏にかけて。開花期間が長く、暑さや寒さ、乾燥に強くガーデニング初心者の方でも育てやすい植物です。

ローズマリーの使い方や効果は?

ローズマリーの苗の画像

ローズマリーの葉っぱは、収穫後そのままや乾燥させた状態で香辛料や薬として利用されます。生肉の上に添えられたローズマリーを見たことがある方も多いのではないでしょうか。これは、肉や魚料理の臭みを消してくれる効果があるからです。

薬草は、水蒸気蒸留法で精油を抽出して作られます。このほか、ハーブティーや化粧水として利用されますが、精神安定の効果だけでなく、集中力や記憶力を高める効果もあります。

ローズマリーの種類と品種は?

ローズマリーは、草丈で大きく3つに分けられます。20〜30cmほどのほふく性、30~150cmほどの半ほふく性、200cm以上の立性です。今回は、それぞれの代表的な品種をご紹介します。

ローズマリー・オフィシナリス

ローズマリー・オフィシナリスは、細い枝に淡い青紫の花を咲かせる立性品種です。オフィシナリスは「薬用の」という意味で、すっきりとした強い香りが記憶力を高める効果を持つといわれます。収穫した葉っぱは、料理の風味づけにもよく利用されています。

ローズマリー・アープ

ローズマリー・アープは、マイナス20度近くまで耐えられるほど寒さに耐える立性品種です。白に近いほど淡いブルーの花を咲かせます。美しい花を咲かせるため多くは鑑賞用として栽培され、ときどき料理に使われることもあります。

ローズマリー・コルシカン

ローズマリー・コルシカンは、40~60cmほどの半ほふく性品種です。濃い青紫色の花からは、強い香りを放ち、肉や魚の香りづけによく利用されます。

ホワイト・ローズマリー

ホワイト・ローズマリーは、白い花を咲かせる立性品種です。寒さに弱い反面、大きくなると1~2mほどの高さまで生長します。

モーツアルトブルー

モーツアルトブルーは、20~60cmほどの大きさにまで育つ半ほふく性の品種です。ローズマリーの中でも特に花色が濃く、マイナス10度近くの寒さまで耐える性質をもちます。収穫した葉っぱは、料理の風味づけによく使われています。

ローズマリーの花言葉を添えてプレゼントしよう

ローズマリー

観葉植物としてだけではなく、ハーブや香水、香辛料の原料として人気が高いローズマリー。料理のシーンだけではなく、クリスマスリースなど、部屋の中のちょっとした飾り付けにも役立つ植物です。縁起がよく、かわいらしい花姿からよく記念日のプレゼントにもおすすめですよ。個性的なプレゼントを探している方は、ぜひ、ローズマリーの花言葉を添えて花束や植木鉢を贈ってみてはいかがでしょうか?

初回公開日: 2015年05月13日