ホルティ 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

仏花とは?花の種類や作り方・生け方は?

お墓や仏壇に供える仏花は、それぞれの家や地域によっても風習が違い、何かと気をつかいますよね。特に親戚が集まる場だと、失礼のないようにしたいものです。そこで今回は、造花やプリザーブドフラワーなど種類や作り方など仏花について詳しくご紹介します。

仏花とは?読み方は?

仏花(ぶっか)とは、お墓や仏壇に供える花の総称です。仏教では、「お香」「お花」「灯燭」「飲食」「浄水」の5つを仏様に備えるとよいとされ、花はとても大切な存在です。仏様や先祖、故人に対して捧げるものであると同時に、供えたその人の心を穏やかにするものとされています。

仏花を供えるときのマナーは?

お盆 花 お墓葬儀 葬式 お墓

仏花は、極楽浄土をイメージできるよう、左右1対で飾るのがマナーです。また、花の本数は3本、5本など奇数で準備します。

選ぶ花にルールはありませんが、バラやアザミなどトゲのある花や、毒のある植物は縁起が悪いとされています。また、百合など香りの強い花も避けます。ただ、近年は故人の好きだった花であれば自由に選ぶ風習も広まってきていることから、場の雰囲気によっては何を選んでもかまいません。不安なときは、親戚や家族に相談してから決めるとよいですね。

仏花におすすめの花の種類

通年 スプレーマム、ピンポンマム、カーネーション
アイリス、キンセンカ、スターチス
リンドウ、グラジオラス、ケイトウ
お盆 ミソハギ、ホオヅキ

造花やプリザーブドフラワーなど仏花にできる花の種類は?

仏花というと、生花で作られた花束をお花屋さんで購入するイメージではないでしょうか?ただ、生花は水の取り替えをするなど、きれいな状態を保つためにはそれなりに手間がかかります。また、管理上の問題から、生花の仏花の持ち帰りを依頼する霊園が増えてきています。

そのため、プリザーブドフラワーや造花で作られた仏花が近年たくさん出回るようになりました。いずれも、枯れる心配がなく手入れの手間がかからないことが最大のメリットです。ただ、仏教では「生あるものは必ず滅する」という考えがあり、生きた花が枯れることで世の理を表していると考えられています。そのため、場合によってはプリザーブドフラワーや造花は、仏花に適さないという意見もあります。自身の環境や、家族・親戚の意見を取り入れながら、最適な仏花をお供えしていけたらよいですね。 ただし、長い間お供えしたままにして、花にホコリがかぶらないようにしてください。

仏花の作り方は?生け方はある?

仏花は、まず一番長い花を中心にして、花立(花瓶)を含め菱形になるよう整えるのが基本の形です。3本で作るなら白・黄色・紫、5本で作るなら白・赤・黄色・紫・ピンクの花で仕立てていきます。ただ、厳しいルールはないので、全体的に明るい色でお墓や仏壇の大きさにあったサイズでまとめてあればよいですよ。

仏花を作るときの注意点は?

お花の種類や数、生け方などは仏教の宗派や地域、家のしきたりによって違いがあります。供える人がよかれと思って準備しても、遺族や親戚にとっては不快に感じることもあるので、状況に応じて準備するようにしてくださいね。

仏花を長持ちさせるなら延命剤を使うのも1つの方法

花 葬儀 葬式 お墓

仏壇やお墓に供える仏花は、堅苦しく選ぶのも一苦労と思う人が多いかもしれません。ただ、実はそれほどむずかしいルールがあるわけではないんです。それよりも、いつもきれいなお花が飾られていることが大切。切り花を長持ちさせたいときは、延命剤を使ってみてください。細菌やバクテリアが水の中で繁殖するのを防ぎ、長持ちしますよ。

初回公開日: 2016年06月05日