ホルティ by GreenSnap 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

【ラン(蘭)の花の種類まとめ】洋ラン、東洋ランを解説!


ランは、野生種だけでも約1~3万種もあるといわれています。改良された園芸種をいれるとその数はとても多く、地球上で確認された植物(維管束植物)の1割近くがランということになります。

日本では、洋ランや胡蝶ランなどが有名ですが、なぜそんなに種類があるのか、どんな種類が有名なのかをまとめました。

目次

ラン(蘭)にはどんな分類の種類がある?洋ラン、東洋ランとは?

東洋ラン(蘭)の代表的な品種は?

ファレノプシス(胡蝶蘭/コチョウラン)

洋ラン(蘭)の代表的な品種は?

カトレア(カトレヤ)

デンドロビウム(デンドロビューム)

デンファレ(デンドロビウム・ファレノプシス)

シンビジウム(シンビジューム/半地生ラン)

オンシジウム(オンシジューム)

バンダ

パフィオペディラム(パフィオ)

色々な種類のラン(蘭)の花を育てよう!

ラン(蘭)にはどんな分類の種類がある?洋ラン、東洋ランとは?

原産国による分類

ランは、日本やアメリカ、オーストラリア、アフリカ地域など世界各国に自生しています。種類の数が多過ぎることや、種類間での違いが少ないことから、「東洋ラン(東洋蘭)」と「洋ラン(洋蘭)」という生息地によって分けられることがよくあります。東洋ランは、日本や中国を原産地としているランのことで、それ以外の地域のランを日本では洋ランと呼びます。

根っこの生え方による分類

ランは、土の中奥深くまで根を下ろす「地生ラン」と、木の幹や岩肌に張り付いて育つ「着生ラン」の2つの生育パターンがあります。地生ランは、「バルブ(偽鱗茎、偽球茎)」と呼ばれる根っこや茎に水分を貯めこむタンクを作ります。着生ランは、昼に気孔を閉じて水分の蒸発を防ぎ、夜に光合成を行うという特殊な性質をもちます。

8つの種類の分類

ランの種類はたくさんありますが、園芸用として流通しているものは「カトレア」「リカステ」「オンシジウム」「ファレノプシス(胡蝶蘭)」「バンダ」「デンドロビウム」「シンビジウム」「パフィオペディラム」の8つあります。次に、8つの分類をご紹介します。

東洋ラン(蘭)の代表的な品種は?

ファレノプシス(胡蝶蘭/コチョウラン)

日本では、胡蝶蘭(コチョウラン)の名前で親しまれている種類の東洋ランです。台湾、中国、オーストラリアに生息し、東洋ランのグループ内では一番ポピュラーな品種として贈り物としても人気があります。

肉厚の葉っぱが左右に生え、茎は短くて見えない特徴があります。一般に出回っているものはほとんどが交配種で、花色や大きさによってさらに6つのグループに分けられます。

■ファレノプシス(胡蝶蘭/コチョウラン)のグループ

グループ 特徴
白花 純白で形がよい花を付け、鉢花として最も人気がある
ピンク、赤花 淡いピンク、濃ピンク、濃紅色の花を咲かせる
黄花 レモンイエローの花を咲かせる
セミアルバ 白色の花びらで、中心のリップが紅色
ストライプ・スポット 花びらに細かく筋が入ったり、斑点が出たりする
ミニ 小輪でたくさんの花を咲かせる

洋ラン(蘭)の代表的な品種は?

カトレア(カトレヤ)

ラン全体の中で一番メジャーな種類の着生ランです。「洋ランの女王」とも呼ばれ、中央・南アメリカに約30種が自生しています。「優美な貴婦人」「成熟した大人の魅力」「魔力」「魅惑的」といった花言葉をもち、贅沢で官能的なランとしてヨーロッパ貴族たちに愛され、今でも格調高い花として人気があります。

また、樹木や岩肌など栄養が少ない環境でも生きられるよう、自分で養分を蓄えて育つ生命力の強い種類です。寿命がとても長いため、ガーデニングや栽培種としても人気が高く、育てやすいミニタイプも数多く出回っています。

デンドロビウム(デンドロビューム)

デンドロビウムは、熱帯アジアを中心にスリランカやネパール、サモアや日本、ニュージーランドなど幅広い範囲に自生している着生ランです。高い木の枝の上に根を広げて着生するのが特長で、ギリシャ語で「木」を意味するデンドロと「生じる」を意味するビウムに由来して名付けられました。

ランの中では、比較的育てやすい種類です。

デンファレ(デンドロビウム・ファレノプシス)

正式名称をデンドロビウム・ファレノプシスといい、デンファレの略称で親しまれている洋ランです。オーストラリアからニューギニアにかけて原種が自生し、ハワイ、タイ、マレーシアなどで盛んに栽培されています。

白やピンクなどのかわいらしい花はアレンジしやすいため、切り花で最も使われています。

シンビジウム(シンビジューム/半地生ラン)

シンビジウムは、主に東南アジアなどの熱帯から温帯に自生する地生ランです。寒さにも比較的強いので、冬の贈答用鉢花として人気があります。

シンビジウムという名前は、ギリシャ語で舟を意味する「Kymbe」と形を意味する「eidos」に由来しています。正面から見ると丸くくぼんでいる花びらの形が舟底の形に似ているところから、その名称が付けられたといわれています。

オンシジウム(オンシジューム)

オンシジウムは、中南米の熱帯・亜熱帯地域に約400種分布している着生ランです。枝分かれをした茎の先に、1~2cmほどの大きさの斑点が入った黄色い花を、垂れ下がるほどたくさん付けるという特徴があります。

花束やアレンジメントによく用いられる、一般的になじみのあるランの種類です。

バンダ

バンダは、東南アジア原産の洋ランです。樹木の上に太い根を張る着生ランで、放っておくと2m近くまで生長します。紫、赤、黄、白など花色のバリエーションが豊富で、他のランにはあまり見られない青色があることが特徴です。

その大きく生長する姿から、サンスクリット語でまとわりつくを意味する「バンダカ」が名称の語源といわれています。

パフィオペディラム(パフィオ)

パフィオペディラムは、東南アジアや熱帯、亜熱帯アジアに約70種が自生する洋ランです。基本的には薄暗い樹林の地面に根を張って育つ地生ランですが、着生ランの品種もあります。花の一部が袋のようになる変わった姿をしており、ユニークな形や大きな花が好きな方に人気があります。

短い茎に咲く花は、1ヶ月ほど楽しむことができますよ。

色々な種類のラン(蘭)の花を育てよう!

今回紹介したランの種類は、たくさんある中のほんの一部です。植物の1割がランといわれるほど、過酷な環境でも適応・変化して育ち、また繁殖力や生命力が強い花は、ランの他にはないかもしれませんね。

ランが好きな方は、色々な種類を育ててみると、それぞれの違いがわかって、一層夢中になってしまうかもしれませんね。

 

初回公開日: 2015年07月26日