ホルティ 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

ハマユウ(浜木綿)の花言葉や育て方は?

太い茎の先に、白い線のような花をたくさん咲かせるハマユウ。毎年花を咲かせる多年草で、千葉県南部の房総半島から沖縄の広い範囲に自生しています。名前の「浜」とつくように、海岸沿いで見かけることが多く、真夏の青空や海と花がよく似合いますよ。今回は、そんなハマユウの花言葉や育て方などをご紹介します。

ハマユウ(浜木綿)の花言葉とは?

『どこか遠くへ』『汚れがない』『あなたを信じます』

ハマユウは、神事のときに使われる木綿(ユウ)という布と花が似ていることから、名付けられました。これに由来して、「汚れのない」という花言葉がつけられました。「どこか遠くへ」は、種が波に乗って遠くへ運ばれる姿にちなんでいます。

ハマユウ(浜木綿)の学名・原産国・英語

学名
Crinum asiaticum var.japonicum
科・属名
ヒガンバナ科・ハマオモト属
英名
Crinum
原産地
日本、韓国
開花期
7~9月
花の色
別名
浜万年青(ハマオモト)

ハマユウ(浜木綿)とは?どんな花を咲かせる?

ハマユウは、ヒガンバナ科・ハマオモト属に分類される常緑性の多年草です。花が、神事のとき榊から垂れ下げる木綿(ユウ)という布に似ていることから、名付けられました。また、大きく肉厚の葉っぱが万年青に似ていることから、「浜万年青(ハマオモト)」という和名を持ちます。

地際から長さ50cm以上の細長い葉っぱをたくさん生やします。そして、中心から長さ50~80cmの太い茎を伸ばし、7~9月の間に白い花を10数個咲かせます。線形の花びらは6枚で、外側に反り返って咲きます。夕方から開花し、深夜に満開を迎え、よい香りを放つことが特徴です。

ハマユウ(浜木綿)の育て方のポイントは?

ハマユウを育てるポイントは、日当たりのよい場所で育てることです。朝から晩まで日陰にならない場所が最適で、日光不足になると葉が下を向き元気がなくなります。また、寒さに弱く、霜に当たると枯れてしまうので、温暖な地域以外は鉢植えで管理すると安心です。

ハマユウ(浜木綿)の種まきの時期と方法は?

ホームセンターや園芸店ではめったに見かけませんが、海岸近くの観光地に行くとハマユウの種や球根が売られていることがあります。種は、手に入れたらすぐに土へまくか、保管して霜が降りる心配のない4月以降にまいていきます。

  1. 育苗ポットに種まき用の土を入れる
  2. 地中に種を埋める
  3. たっぷりと水やりを与える
  4. 土が乾かないよう水やりをして日向で管理する
  5. 発芽し本葉が3~4枚ほど生えたら、鉢や地面に植え替える

ハマユウ(浜木綿)の苗植えの時期と方法は?

ハマユウの苗植えは、4~8月か11月が適期です。霜の降りる地域では、鉢植えで育ててください。

鉢植え

草丈が高くなるので、8~10号くらいの大きな植木鉢に、1株ずつ球根や苗を植えていきます。鉢が小さいと、花つきが悪くなるので注意してください。土は水はけのよいものを好むので、赤玉土(小粒)7:腐葉土3の割合で混ぜ合わせたものを使います。

  1. 鉢底石を敷く
  2. 土を1/3~1/2ほど入れる
  3. 苗を置き、球根が隠れるよう周りに土を入れる
  4. たっぷりと水やりをして、日向に置く

地植え

温暖な西日本では、ハマユウを地植えで楽しむことができます。一日中日の当たる場所を選び、直径と深さが30cmほどの植え穴を掘ります。そして、掘り上げた土の3割ほど腐葉土を混ぜ込んでおきます。苗を植え穴に植えたら、土を埋め戻し、たっぷりと水やりをしたら植え付け完了です。

ハマユウ(浜木綿)の水やり、肥料の与え方

水やり

春~秋にかけての生育期は、土の表面が乾いたらたっぷりと水を与え、乾燥させないように気をつけます。冬は、生育が鈍るので、土の表面が乾いて2~3日たってから水やりをするくらいで十分です。

肥料

芽が出る春と、花後の年2回、油かすなどの有機質肥料を施します。

ハマユウ(浜木綿)の植え替えの時期と方法は?

ハマユウの鉢植えは、根詰まりをしないよう定期的に植え替えが必要です。鉢底から根が飛び出している、水が土に染み込みづらいなどのときは、根が鉢の中いっぱいに回っているサイン。3~8月か11月に、一回り大きな鉢に植え替えてください。植え替えの手順は、植え付けで紹介した手順と同じです。

ハマユウ(浜木綿)の増やし方!株分けの時期と方法は?

ハマユウは、種まきか株分けで数を増やすことができます。花が咲いた後に種が実ったら、上述した方法で種は育ててみてください。株分けは、4月頃が適期となっています。株分けをするときは、球根を傷つけないように気をつけ、根もできるだけ切らないよう丁寧に作業するとよいですよ。

  1. 土から株を掘り上げる
  2. 球根をハサミやナイフで根と一緒に切り分ける
  3. それぞれを鉢や地面に植える
  4. 通常通り管理する。

ハマユウ(浜木綿)を鉢で栽培して冬越ししよう

浜木綿 ハマユウ

ハマユウは、生育がよい多年草で、陽の光を浴びてどんどん生長していきます。ただ、耐寒性が低く、暖地でないと庭植えでの冬越しはむずかしいとされています。はじめて育てるなら、気温の管理が簡単な鉢植えでの栽培がおすすめです。大きく育つと、万年青のような立派な葉っぱが生え、花のない時期でも観葉植物として楽しむことができますよ。

初回公開日: 2016年07月16日