ホルティ 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

サルナシ(コクワ)とは?育て方は?

山野に自生し、古くからごくありふれた果樹として親しまれるサルナシ。秋に付くキウイフルーツのような果実は、果実酒やジャムなどに調理されて楽しまれます。丈夫な性質で、ほかの果物に比べて神経質になる必要がないことから、果樹の入門編にもおすすめです。今回は、そんなサルナシとはどんな植物なのかと、育て方についてご紹介します。

サルナシ(コクワ)の花言葉とは?

『誘惑』

サルナシという名前は、果実を猿が好んで食べることから付けられたとされています。この名前にちなんで、花言葉も付けられたとされています。

サルナシ(コクワ)の学名・原産国・英語

学名
Actinidia arguta
科・属名
マタタビ科・マタタビ属
英名
Hardy kiwi
Hardy kiwifruit
Kiwi berry
Arctic kiwi
Baby kiwi
Dessert kiwi
Grape kiwi
Northern kiwi
Cocktail kiwi
原産地
日本、朝鮮半島、中国
開花期
5~7月
収穫期
9~11月
別名
コクワ
シラクチカズラ
シラクチヅル
ベビーキウイ
ミニキウイ

サルナシ(コクワ)とは?

サルナシはマタタビ科・マタタビ属に分類される落葉性のつる植物です。見た目がよく似ているキウイフルーツは、中国原産のオニマタタビという種類を改良して作られたものなんです。

丈夫で切れにくいツルをよく伸ばしながら3m以上に生長し、5~7月になると5枚の花びらを持つ白い花を咲かせます。雌雄異株なので、自宅で栽培するときは、雄株と雌株を植え付ける必要があるので注意してください。そして、秋になるとキウイフルーツによく似た2~3cmほどの実を付けます。楕円形の実の表面は無毛で、そのままかじりついて食べられます。また、ジャムや果実酒に加工して楽しむことができますよ。ビタミンCとタンパク質分解酵素を豊富に含んでいるので、疲労回復や強壮、整腸、補血などの効能があります。

サルナシ(コクワ)の育て方のポイントは?

日当たりのよい場所を選び、支柱やフェンスに絡ませて育てていきます。生育旺盛で、育てる手間はそれほどかかりません。ただ、よくほかの木や植物に絡まってしまい、生育を阻害することがあるので、近くで植物を育てない方が安心です。また、雌雄異株なので、実を採取したいなら雄株と雌株の2つを近くに植え付けてくださいね。

サルナシ(コクワ)の苗植えの時期と方法は?

12~3月がサルナシの苗を植え付ける適期です。鉢植えは、6~7号鉢に1株を目安に、高さ20~30cmに切り戻して植え付けていきます。赤玉土(小粒)7~8:腐葉土2~3の割合で混ぜた土や、草花用培養土など、水はけと水もちのバランスがよいものを使います。鉢の底に鉢底石を入れ、鉢の1/3ほどの高さまで土を入れたら、苗を中心に置いて周りを土で埋めていきます。その後、1~2年に1回、1回り大きな鉢に植え替えていきましょう。

地植えは、日当たりのよい場所を選んで植え付けていきます。樹高は、30~40cmになるよう切り戻しておきましょう。苗よりも1回り大きな植え穴を掘り、植え付けたら横に支柱を立てて巻きつけるとよいですよ。また、土の水はけが気になるようなら、腐葉土を2~3割混ぜ込みます。

サルナシ(コクワ)の水やり、肥料の与え方は?

水やり

鉢植えは、土の表面が乾いたら水やりをしていきます。地植えは、特に水やりの必要はありません。

肥料の与え方

地植えは2月と10月、鉢植えはさらに7月に油かすなどの有機質肥料か、液肥を与えると生育がよくなります。

サルナシ(コクワ)の手入れ!支柱立てや剪定の時期と方法は?

支柱立て

ツルが生長してきたら、支柱やフェンスを立てて誘引していきます。勢いのよい枝を1本支柱で上に向けて誘引し、棚の下30cmあたりのところで2本わき芽を生やして左右に枝を伸ばしていくTバー仕立てなど、キウイと同じような誘引の仕方もできます。面倒な人は、フェンスに絡ませるだけでもかまいません。

剪定

サルナシの剪定は、落葉しておいる12~2月が適期です。混みあった枝を間引き、株全体に日が当たるようにつるを切りそろえていくとよいですよ。ただ、ツルの基部には花芽を付けないので、短く切り詰めないようにしてください。

サルナシ(コクワ)の増やし方!挿し木の時期と方法は?

サルナシを増やすには、2~3月頃に挿し木をしていきます。あたらしく伸びたツルを先端から8~10cmの長さに切り取り、赤玉土(小粒)など清潔な土に挿していきます。その後は土が乾かないように管理して、発根を待ちましょう。

サルナシ(コクワ)は栽培しやすい果樹

サルナシ ミニキウイ

日当たりのよい場所で育てれば、サルナシは特に手間をかけずに育てることができる果樹です。秋になると、おいしい実をたくさん付けてくれますよ。また、ツルをよく伸ばすので、棚仕立てにすれば迫力も満点。自分好みの大きさや見た目にして楽しんでみてくださいね。

初回公開日: 2016年05月29日