ホルティ 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

サンスベリア(トラノオ)の育て方!植え替えや水やりの方法は?

上へと伸びる細長い葉っぱが特徴のサンスベリア。空気清浄効果のある観葉植物として近年人気が高まっていますよね。育て方が簡単なので、はじめての観葉植物にぴったりですよ。

今回は、植え替えや水やりの方法などサンスベリアの育て方についてご紹介します。

サンスベリア(トラノオ)はどんな観葉植物?

観葉植物 多肉植物 サンスベリア サンセベリア 空気清浄効果

サンスベリアとは、リュウゼツラン科・チトセラン属に分類される常緑性の観葉植物です。分厚く細長い葉っぱを地面からつきたつように生やします。

品種によって太さや色合いは様々ですが、葉っぱに入るシマシマの模様は共通です。この模様がトラのしっぽを連想させることから、「トラノオ(虎の尾)」という和名が生まれました。

アフリカや南アジアの乾燥が激しい地域が原産で、暑さと乾燥に強くなかなか枯れません。初心者でも安心して育てられますよ。

サンスベリア(トラノオ)は1日数時間だけ光に当たれば育つ

サンスベリア 窓辺 インテリア

多くの観葉植物は日光を浴びないと元気がなくなるので、窓辺などに置いて育てる場合が多いですよね。その点サンスベリアは、1日数時間日に当てるだけで十分です。むしろ、直射日光に当たると葉っぱが焼けて枯れるので注意してください。

テレビの横、ダイニングテーブルの上など、観葉植物を飾りにくいお部屋の内側に置くのがおすすめです。

サンスベリア(トラノオ)の育て方は?水やりや肥料を与える方法は?

水やり ジョウロ

サンスベリアは大きさにかかわらず、鉢に植えられて販売されていることがほとんどで、購入したらすぐに育てはじめられます。

乾燥に強く、生長も早いので、水やりや肥料を与える回数も多くありません。ここでは、サンスベリアの水やりや肥料を与える方法といった日頃のお手入れをご紹介します。

水やりの仕方

サンスベリアの分厚い葉っぱには水を貯めるが力あり、水をあげすぎてしまうと貯めこむこともできず、土の中に水分が残って根が腐ります。特に気温が低い時期は休眠で吸収力がないので、最低気温が8度を下回ったら水やりをストップしましょう。

春〜夏のよく育つ時期は鉢の土が乾いたらたっぷりと水を与えます。季節によって水やりのペースを変えるのが長く育てるコツです。

肥料の与え方

よく生長する5〜9月は、肥料を与えて生長をサポートします。液体肥料を2〜3週間に1回、水やりがわりに与えましょう。固形の化成肥料なら、生え際から少し離れた土の上に2ヶ月に1回置けば十分です。

サンスベリア(トラノオ)が枯れる原因は?病気や害虫はつくの?

害虫 防虫 スプレー 霧吹き

きちんとお世話をしているのに、サンスベリアの葉っぱが枯れたときは、病気や害虫の被害か、根腐れを疑います。

葉っぱの裏にポツポツが見られたら、「ハダニ」という害虫が悪さをしています。ハダニは葉っぱを食べる害虫で、すぐに大量発生するので、見つけたらすぐに殺ダニ剤を吹きかけて駆除しましょう。

また、水に弱いので、まめに葉っぱの表や裏に霧吹きで水やりをするか、勢いよく水をかけると発生を抑えられますよ。

土からの生え際が白っぽく変色し、葉っぱがしなって倒れはじめたら「根腐れ」を疑います。根腐れとは、名前の通り根が腐っている状態で、水やりのしすぎでいつも土が湿っていると起きる病気です。

すぐに水やりをやめて様子を見ましょう。症状が改善しなければ、サンスベリアは枯れるので処分するほかありません。

サンスベリア(トラノオ)を植え替える時期と方法は?

サンスベリア 観葉植物

サンスベリアは2〜3年に1回、5〜6月か10月に植え替えをします。

何年か同じ鉢で育てていると、根が伸びて鉢の中がいっぱいになります。これを「根詰まり」といい、根が呼吸できなくなって枯れる原因となります。そうなる前に、一回り大きな鉢へうつして、根が育つスペースを確保してあげましょう。

鉢の底穴から根が出ている、土に水が染み込まないといったときは、植え替えのサイン。次の手順で植え替えてあげてください。

■ 植え替えに必要なグッズ

  • 今よりも一回り大きな鉢
  • 観葉植物用培養土
  • 鉢底石
  • 鉢底ネット
  • ビニールシート
  • 細い棒(割りばしなど)

■ 植え替えの手順

  1. ビニールシートを広げて作業スペースを作る
  2. 新しい鉢の底穴に鉢底ネットを被せ、鉢底石を敷く
  3. その上に、観葉植物用培養土を鉢の1/3ほどまで入れる
  4. 古い鉢からサンスベリアを抜き出す
  5. 根についた土を手でほぐし、軽く落とす
  6. 根を広げながらサンスベリアを新しい鉢の中心に置く
  7. 鉢の縁から2〜3cm下まで土を入れる
  8. 土の表面を棒でつつき根と土をなじませる
  9. たっぷりと水やりをする

サンスベリア(トラノオ)は増やせるの?

サンスベリア

サンスベリアが気に入って、もっとたくさん栽培したい!という方は、新しい鉢を買ってくるのではなく、増やすのも1つの方法です。

植え替えと同時に行える株分け(かぶわけ)という方法で増やせます。株分けとは、サンスベリアを切り分けていくつかの苗にする増やし方です。詳しくは、関連記事を参考にしてみてください。

ユニークな葉っぱのサンスベリア(トラノオ)を飾って楽しむ

窓ぎわ 観葉植物 多肉植物 サンスベリア サンセベリア 空気清浄効果

シマ模様のユニークな葉っぱが魅力のサンスベリア。一回見ただけで覚えるほど個性が強く、インテリアとなじむのかな?と心配になり、購入を迷う方も多くいます。でも、飾ってみると案外どんなテイストとも合うんですよ。

日の光があまり当たらなくても元気に育つので、好きな場所に飾って楽しんでくださいね。

初回公開日: 2015年07月30日