ホルティ 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

ジャカランダの育て方は?種まきや苗木植え、剪定や挿し木の方法は?

「紫の桜」とも呼ばれ、世界三大花木の1つとして世界中の人々に愛されるジャカランダ。見頃を迎えると、紫色の花が木を覆うほどたくさん咲かせます。南国の植物ですが、日本でも育てて楽しむことができますよ。今回は、ジャカランダの育て方について、苗植えや剪定の時期・方法などをご紹介します。

ジャカランダの育て方のポイントは?

熱帯アメリカ原産の植物で、暑さと乾燥に強い樹木です。一方で寒さには弱く、0度以下になると枯れてしまうことから、日当たりのよい屋外で鉢植えで育てるのが一般的です。ただ、本来は10m以上に生長する大木なので、きちんと防寒対策を施せば地植えでも育てられます。

ジャカランダの種まきや苗木植え!鉢植え、地植えの時期と方法は?

種まき

ジャカランダの花後についた実から種を採取し、育てることができます。4~5月が種まきの適期です。ただし、木が若いうちは花を咲かせないので、種は入手困難。最初は、苗木を購入して植え付けるのがおすすめです。

1. 一晩、メネデールなどの植物活力剤を入れた水に種を浸ける
2. 育苗ポットやトレイに赤玉土(小粒)か、バーミキュライト、市販の種まき用の土を入れて湿らせておく
3. 種をまき、種が隠れるくらい軽く土を被せる
4. 25~30度の環境で、土を乾かさないように水やりをする
5. 7~20日で発芽し、その後ある程度苗が育ったら、鉢に植え替える

苗木植え

5~9月が苗木植えの適期です。

鉢植えは、苗木よりも一回り大きな鉢に土を入れ、植え付けていきます。根についた土は1/3ほど落としてから植え、日当たりのよい場所に置きます。冬は必ず室内に取り込んでくださいね。

幹の太さが3~5cm以上ある苗の場合、暖地であれば地植えすることができます。日当たりと水はけのいい場所を選び、苗よりも一回り大きな植え穴を掘り、苗を植え付けていきます。苗が若いうちは寒さに弱いので、冬には防寒対策を施します。苗木から数年間は、できれば地植えは避けたほうが無難です。

ジャカランダの土作り・水やり・肥料の与え方

土作り

栄養が豊富で、水はけのいい土を好みます。赤玉土(小粒)7:腐葉土3で配合したものか、草花用の培養土を使います。地植えのときは、庭土に腐葉土を3割ほどまぜておきます。

水やり

春~秋の生育期は、土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。そして、秋からは生育が衰えるので、徐々に水やりの回数を減らし、冬は乾燥気味に育てます。

地植えの場合、根がはるまでは土の表面が乾いたら水を与えますが、その後の水やりは不要です。

肥料の与え方

5~9月に、2ヶ月に1回固形の油かすかゆっくり効く緩効性化成肥料を株元に施すか、10~14日に1回液体肥料を与えます。

ジャカランダの剪定の時期と方法は?

ジャカランダ 花 枝

樹形が乱れやすい樹木で、毎年5~6月に剪定をします。株がまだ若いときは、先端の枝を切る摘心をして樹形を整えることで、新しい枝がたくさん生えてきますよ。

地植えで花を咲かせているものは、7~8月までに剪定をしておかないと、花芽がつかず翌年花が咲かなくなるので、ご注意を。

混み合っている枝や伸びすぎた枝、細く弱い枝、枯れている枝は根元から切り落とします。また、葉が重なり合っているところは、間引いて風通しをよくすることで病害虫の予防につながります。

ジャカランダの冬越しの方法は?耐寒性はある?

0度よりも気温が高ければ冬越しができます。0度以下で霜に当たると枯れてしまいます。冬になったら落ち葉やワラで株元や幹を多い、根の温度を保ちましょう。

ジャカランダの増やし方!挿し木の時期と方法は?

ジャカランダ 挿し木 増やし方

5~7月に挿し木をして数を増やすことができます。剪定した枝を使うと効率がいいですよ。

1. 枝を10~15cmの長さにカットする
2. 下の方の葉を1/3ほど切り落とす
3. 残した葉は1/2のサイズにカットする
4. 赤玉土(小粒)やバーミキュライトを鉢に入れ、枝を挿す
5. 明るい日陰で、土が乾かないように管理すると、1~2ヶ月で新しい根が出る
6. 十分に発根したら、鉢に植え替え、日当たりのよい場所で育てる

ジャカランダの栽培で注意する害虫や病気は?

カイガラムシ

植物の葉や茎に寄生する害虫で、栄養を吸って弱らせます。幼虫のときは見つけたら薬剤を散布して駆除していきます。成虫は薬剤が効きづらいので、歯ブラシでこすり落としてから薬剤をまいてください。湿度の高い環境で発生しやすいので、風通しのよい場所に置いて予防します。

すす病

カイガラムシなどの害虫の排泄物によって引き起こされる病気です。発生すると、葉や枝が黒くなって光合成ができなくなり、弱って枯れてしまいます。病変部分は切り落とし、薬剤を散布して繁殖を抑えましょう。高温多湿の環境で発生しやすいと害虫に寄生されやすいので、風通しのよい場所で育ててください。

ジャカランダの木は観葉植物として育てる

ジャカランダ 花

ジャカランダは寒さに弱く、地植えで育てるのが難しい樹木です。そのため、日本では観葉植物として楽しまれます。ただ、宮崎や熱海などの暖地では、大きく育った木を見ることができますよ。

開花期になると、たくさんの紫の花が咲き乱れます。鉢植えで観葉植物として育てていると、大きく丈夫になっていくので、暖地にお住まいの方は、園芸やガーデニングの庭木として、地植えにもチャレンジしてみてくださいね。

初回公開日: 2015年09月21日