ホルティ 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

すす病とは?カイガラムシが原因?薬剤や対策は?

葉っぱや花、果実などに黒ずみや黒い斑点が現れていたら「すす病」かもしれません。植物がかかりやすい病気の1つで、光合成ができなくなって植物が枯れる原因になります。

大切な草花を守るために、すす病の原因と対策、予防法をご説明します。

すす病とは?何が原因なの?

すす病とは、すす病菌(糸状菌というカビ)が植物の上で増殖することで発症します。庭木や観葉植物、野菜、果物など、発生しない植物はないくらいによく見られる病気です。

すす病菌が寄生すると、植物の葉や幹、枝が黒いすすで覆われたようになります。これは植物の美しさを損なうだけでなく、光合成や葉の表面からの蒸散が妨げられます。

生長が遅れ、最悪の場合には枯れてしまう危険性もあります。春から夏にかけて、暖かい時期に発生しやすくなります。

カイガラムシが原因?すす病はどうして発生する?

すす病菌はどこにでもいて、カイガラムシやアブラムシ、コナジラミといった害虫の排泄物や分泌物をエサにして増殖します。

すす病菌自体が植物に寄生して栄養を吸い取るわけではないので直接植物を枯らせることはありませんが、増殖して光合成を妨げることで生長を悪くしてしまうのです。

すす病菌が増殖するということは、害虫がいる証拠でもあり、植物にとってはよくない状況なので的鉄な対処が必要になります。

すす病の対策と予防法は?どんな殺菌剤や農薬を使えばいいの?

対策

すす病を発見したら、まず黒ずんでいる葉っぱや実は取り除いてください。そのうえで、ベンレート水和剤などの殺菌剤を散布します。その後、増殖の原因になる害虫を駆除する薬剤もかけておくと効果的です。

予防策

今後、すす病を予防するには、すす病菌を増殖させている害虫の発生を防ぐことが1番です。害虫をみかけたら、月に数回は殺虫剤を散布して寄せ付けないようにしましょう。

害虫は高温多湿の環境を好むので、日当たりがよく風通しのよい場所に置いてあげてください。また、枝葉が混み合っているとそれでも風通しが悪くなるので、日頃から剪定をしておくと害虫の被害を防げます。

すす病の対策には殺虫殺菌剤を!

すす病

すす病は、どのような植物でも発症する可能性があります。葉っぱや実が黒ずんでいたらすぐに対処しましょう。

また、普段から予防を心がけることも重要です。手入れが行き届かないとどうしても発生しやすくなるので、虫がついていないか、葉っぱの様子はどうかなどを見る習慣をつけてくださいね。

何度もすす病が発生してしまうときは、育てる場所を変えてみるのも一つの方法です。殺虫剤や殺菌剤などもうまく利用しながら、ガーデニングを楽しんでくださいね。

初回公開日: 2015年07月21日