ホルティ 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

ボケ(木瓜)の花言葉は?種類や品種は?実の利用法は?

ボケ(木瓜)は、春に赤や白の花を咲かせる花木で、平安時代の頃から日本人に親しまれています。現代でも生垣や、庭木として利用されているので、一度は見かけたことのある方も多いのではないでしょうか?今回は、ボケの花言葉と、実の利用法、種類や品種をご紹介します。

ボケ(木瓜)の花言葉

ボケ 赤 花

『先駆者』『指導者』『平凡』『退屈』『早熟』『熱情』『魅感的な恋』『妖精の輝き』

ボケはたくさんの花言葉をもっていますが、どれも由来や意味は伝えられていません。ただ、「先駆者」という花言葉は、織田信長が家紋としてボケを用いていたことに由来しているとされています。

ボケ(木瓜)の学名・原産国・英語

学名
Chaenomeles speciosa
科・属名
バラ科ボケ属
英名
Japanese quince
原産地
中国
開花期
3~5月
花の色
白、赤、ピンク、オレンジ
別名

ボケ(木瓜)とはどんな花?

赤色のボケの花の画像

ボケ属は、日本原産のクサボケ(Chaenomeles japonica)、中国のマボケ(C. cathayensis)とボケ(Chaenomeles speciosa)の3種があり、一般的には中国原産のChaenomeles speciosaをボケといいます。樹高は1〜2mで、枝にトゲがあるものとないものがあります。また、若枝には褐色の毛がありますが、古くなると灰黒色になります。

日本へは平安時代以前に渡来し、帰化しました。元々は「モケ」「モッケ」「ボックワ」と呼ばれていましたが、時代の移り変わりととみに変化し、「ボケ」と呼ばれるようになりました。漢字は、実がウリに似ており、木にウリがなったようにみえることからつけられました。

明治時代まではほとんど園芸には用いられてきませんでしたが、大正時代になって新潟県や埼玉県を中心に栽培されるようになり、昭和になると品種改良も盛んおこなわれて一般化していきました。現代では、200を超える品種が生み出され、庭木や生垣、鉢植え、切り花と広く利用されています。

ボケ(木瓜)の開花時期と見頃の季節は?

ピンク色のボケの花の画像

ボケは3~5月に赤、白、ピンク、オレンジの花を咲かせます。11月頃から花が咲き始めるものもあり、春に咲くものと区別して「寒木瓜」と呼ばれています。また、花後の9~10月には青い実をつけます。実は香りがよく、果実酒やジャムが作って楽しむことができますよ。

ボケ(木瓜)の実の利用方法は?効果効能は?

ボケ 実

ボケの実は、9~10月に収穫することができます。ただ、果肉は硬く、酸味と渋味が強いため、生食には向かず、ジャムやお酒に加工して食べられています。また、実には疲労回復や痙攣を沈める作用、利尿効果があるとされ、「木瓜実(モッカジツ)」という名前で乾燥させたものが漢方薬としても用いられています。

ボケ酒の作り方

【材料】
● ボケの実:500~800g
● 焼酎:1.8L
● 氷砂糖:300~400g

【作り方】
1. ボケの実をしっかりと水洗いして、表面の汚れを落とす
2. ボケの実の水気を拭き取る
3. 梅酒を漬ける用の容器に焼酎・ボケの実・氷砂糖を入れて漬け込む
※切った実を漬ける場合は2~3ヶ月/そのまま漬ける場合は6ヶ月以上

ボケは果肉が硬いので、リキュールになるまで時間がかかります。漬け込んで熟成させた後は、炭酸水で割って食前酒として楽しむのがおすすめです。

ボケ(木瓜)の種類や品種は?

木瓜は花の色や形にバリエーションがあり、200種類以上の品種があるといわれています。花の咲く時期によって、四季咲き、寒咲き、早咲き、中咲き、晩咲きの5種に品種は分類され12月~3月まで様々な品種の花を楽しむことができます。以下に、代表的なボケの園芸品種をいくつかご紹介します。

輝の嶺(カガヤキノミネ)

白い花をつける「越の輝(コシノカガヤキ)」の枝変わり品種で、ピンクの地に白覆輪の大きな花を咲かせます。花の形は一重咲きで樹高は1~1.5mほどに生長します。平成6年に作出されました。

高嶺錦(タカネニシキ)

早咲きの代表種である「東洋錦(トウヨウニシキ)の枝変わり品種で、ピンクの地色に白覆輪が入ります。一重の大輪の花を咲かせます。

世界一(セカイイチ)

通常のボケよりも遅く花を咲かせる晩咲き品種で、真っ赤な八重の花を咲かせます。花が咲いた時にはとても豪華な印象になりますよ。

ボケ(木瓜)の花や実を楽しもう

ボケ 赤 花

ボケは、たくさんの品種があることから、花の大きさや咲き方だけでなく、樹高も高いものから低いものまでバリエーションが豊富です。そのため、熱心にボケを育てている園芸家の方がたくさんいますよ。秋には香りのいい実をつけ、収穫して楽しめるので、庭木を検討している方は、ボケも候補に入れて検討してみてくださいね。

ボケの苗を楽天市場で探す


初回公開日: 2015年08月09日