ホルティ by GreenSnap 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

カルミアの花言葉|種類や開花時期は?毒性があるの?

カルミアは、常緑性の低木で、鉢植えや庭木として楽しむことはできます。春になると、金平糖のような星形の花を枝の先端にたくさん咲かせます。今回は、カルミアの花言葉や、剪定・挿し木の時期や方法など育て方についてご紹介します。

カルミアの花言葉は?

西洋シャクナゲ カルミア

『優美な女性』『大きな希望』『野心』

「優美な女性」という花言葉は、レースの日傘を広げて佇む女性のような花姿に由来しています。

カルミアの花の色や別名は?

学名
Kalmia
科・属名
ツツジ科・カルミア属
英名
Kalmia
Mountain laurel
原産地
北アメリカ
開花期
4~6月
花の色
白、赤、ピンク、茶
別名
アメリカシャクナゲ
ハナガサシャクナゲ(花笠石南花)

カルミアとはどんな花?名前の意味は?毒性があるの?

カルミア 花 植物

カルミアはツツジ科に属する低木で、樹高が20~500cmに生長し、緑色で光沢のある葉を茂らせます。春になると、金平糖のような形のつぼみをつけ、開花期にはピンクや白の花が木を覆うほどたくさん咲きます。花の雄しべは、虫が飛んできた刺激によって飛び出し、花粉が散るという特徴があります。

大正時代にアメリカに桜を寄贈したお礼として、ハナミズキとともに渡来し、戦後に普及していきました。

毒性

葉にはグラヤノトキシンをいう有毒成分が含まれ、特に羊が中毒を起こしやすいことから、一部の種は「羊殺し」とも呼ばれます。誤って食べてしまうと、心臓や筋肉を収縮させ、心筋梗塞や麻痺を起こす危険性があります。

名前の意味

学名は、スウェーデンの植物学者ペール・カルム氏の名前に由来しています。アメリカから渡来したことから、「アメリカシャクナゲ」という別名がつきました。また、花の形が花笠のように見えることから、「花笠石南花(ハナガサシャクナゲ)」とも呼ばれます。

カルミアの開花時期と見頃の季節は?

4~6月が開花期で、白やピンク、紅色に染まった鮮やかな花を咲かせます。剪定など手入れをうまく行うことで、鉢植えや庭木など自由な育て方が可能になります。

カルミアの花の種類は?

カルミア 山

ツツジの仲間で、北アメリカが原産の常緑低木で、7種ほどがアメリカからキューバにかけて自生しています。カルミアには、ラティフォリア種、アングスティフォリア種、ポリーフォリア種の3種大きな系統としてあります。園芸で流通しているのは、ほとんどがラティフォリア種です。今回は、その中のいくつか代表品種をご紹介します。

カルミア・ラティフォリア

流通数が多く、一般にカルミアというとこの種を指します。つぼみの頃は薄ピンク色で、花びらは白いのが特徴の最もポピュラーな品種です。草丈は30~300cmほどまで生長します。

オスボ・レッド

赤とピンク色の花びらを咲かせる品種で、草丈が40~300cmほどまで生長し、育て方によって鉢植え、地植えの両方で楽しむことができます。

レッドクラウン

薄ピンク色の花びらの一部が濃紅色になっている、複色の品種です。50~300cmほどまで生長します。

サラー

鮮やかな紅色に染まった花びらの人気品種です。40~300cmほどまで育ちます。

カルミアの花は暑さに弱い

カルミア 庭 花

カルミアは、金平糖のようなつぼみと、日傘のようなかわいらしい花を咲かせる花木です。繁殖が難しいことから、たくさん出回っていないので、珍しい植物を育てたい方にはおすすめですよ。

ただ、シャクナゲ同様、暑さにはあまり強くありません。たくさんの花を楽しむためにも、日差しを気にして育ててあげてくださいね。

更新日: 2020年10月14日

初回公開日: 2015年09月25日

関連コンテンツ