ホルティ by GreenSnap 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

【毒性に注意!】スズランには毒がある?致死量は?

スズランは、そのかわいらしい姿からは想像もできないほど、強い毒をもっています。食べてしまうと、死に至る危険性もあるので、誤飲には注意が必要な植物です。今回は、スズランの毒性や致死量についてご紹介します。

スズランには毒がある?致死量や毒性は?

スズランには、コンバラトキシンやコンバロシドなどの有毒物質が含まれています。特に根や花に多く含まれ、体に取り込むと、嘔吐や頭痛、めまい、血圧低下、心臓麻痺などを引き起こします。ほとんどの症状は、1時間以内に発症し、最悪の場合は死に至ることもあります。

致死量は、体重1kgあたり0.3mgで、青酸カリの約15倍の強さがあります。

スズランの毒で注意することは?

花・葉・茎を食べない

草姿がオオアマドコロやギョウジャニンニクに似ていることから、誤って食べてしまったケースやスズランをさしておいた花瓶の水を飲んで死亡した例も報告されています。特に子供は、毒による影響が大きいので注意してください。

花粉が付着する場所に飲食物を置かない

スズランの毒は、花粉にも含まれています。花を食卓に飾ると、花粉が食べ物の上に落ち、気づかず食べてしまい、下痢や嘔吐の原因となります。たとえ花がきれいでも、食卓には置かず、子供やペットの手が届かないところに置きましょう。特に、植物の葉っぱを食べてお腹の調整を行う動物を飼っている方は要注意です。

スズランは手で触るだけでも毒の影響がある?

スズランの毒は草全体にあるので、触る場合は気をつけてください。植え替えや植え付けなど長時間触るときは、ゴム手袋をつけて、直接触れないように。また、小さな子供やペットが周りにいないときに作業をした方が安全です。触れてしまった場合は、すぐに水で洗い流しましょう。

スズランに似た植物、ギョウジャニンニクにも毒がある?

ギョウジャニンニクは、スズランと葉の形が似ています。山菜採りのときに、間違って採取して食べてしまい中毒症状を引き起こした事例も。ギョウジャニンニクは、狩るときにネギのような香りがしますが、スズランは無臭なので、違いを覚えておきましょう。

山菜採りに不慣れな方は、知識のある方のアドバイスを受けて楽しんでください。素人の判断はとても危険なので、十分に注意して採取し、山菜に詳しい人にみてもらいながら、一緒に食べるようにしましょう。

スズランの毒に注意して!

スズランの毒はとても強いものですが、口にしなければ中毒になる心配はありません。また、汁や花粉がついてしまっても、しっかりと洗えば被害は深刻にならずにすみます。子供やペットが間違えてスズランの毒や花粉に触れないように注意を払いながらスズランを楽しめるといいですね。

参考文献: 東京都福祉保健局 食品衛生の窓 参考文献: 長野県庁 食べると危険!有毒植物に注意しましょう!

初回公開日: 2015年08月30日