ホルティ by GreenSnap 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

グリーンネックレスの花言葉|風水にいい置き場所や花の種類は?

グリーンネックレスは、グリーンピースを数珠つなぎにしたような葉っぱが特徴の多肉植物です。はじめて見た方は驚くかもしれませんが、昔からフラワーアレンジメントや花束に利用されてきました。今回は、グリーンネックレスの花言葉や風水にいい置き場所、種類などを紹介します。

グリーンネックレスの花言葉は?

『健やかな生長』『青春の思い出』『豊富』

うららかな日差しを浴びてすくすくと伸びるグリーンネックレスの姿から、「健やかな生長」という花言葉がつけられたそうです。

グリーンネックレスの花の色や別名は?

学名
Senecio rowleyanus
科・属名
キク科セネシオ属
英名
string of beads
原産地
南アフリカ
開花期
9~12月
花の色
白、黄
別名
緑の鈴(ミドリノスズ)

グリーンネックレスとは?どんな観葉植物?

グリーンネックレス

細長い茎に丸い葉っぱをつけた姿から、和名で「緑の鈴」、英名で「ストリングオブビーズ」と呼ばれるようになりました。テグスのような細い茎についている丸い粒は、実ではなく、葉っぱです。そのユニークな草姿にちなんで「グリーンネックレス」と名付けられました。

グリーンネックレスの風水の意味は?

グリーンネックレスのように丸い形のものは、風水では良縁を招くとされています。また、下に垂れる性質も、恋愛運をアップさせる効果があります。部屋の南側におくと、効果が高まるそうなので、運気アップを狙って南側の窓辺におくのがおすすめです。

グリーンネックレスの開花時期と見頃の季節は?

9~12月頃に、5cmほど伸びた花茎の先に白や黄色の花をつけます。キク科らしく、ラッパ形の小花が集まって1つの花を作り、しっかりとした総包(そうほう)でまとまっています。

秋から冬にかけては、白い小花から薄紫色の雌花を伸ばし、2色の織りなす色合いがとても上品できれいです。

グリーンネックレスの種類は?

グリーンネックレス

グリーンネックレスを含むキク科セネシオ属の仲間は、マダガスカル、南アフリカを中心に2,000種類以上確認されています。セネシオ属は、変わった形の葉が特徴的で、紡錐形(ぼうすいけい)、三日月型、矢尻型と、バラエティに富んでいます。グリーンネックレスもセネシオ属の園芸品種の1つですが、ここでは代表的な品種を6つ紹介します。

斑入りグリーンネックレス/緑の鈴錦(みどりのすずにしき)

グリーンネックレスの葉に、斑が入った品種です。緑色に白斑のアクセントがきいていて、フラワーアレンジメントの材料としても人気です。

ピーチネックレス

先が細長い葉っぱの品種です。この姿から、名前がつくまでは「玉が丸くない緑の鈴」と呼ばれていました。

アーモンドネックレス/京童子

紡錐形で、アーモンドのような形をした葉っぱが特徴の品種です。緑色をベースにうっすらと濃緑色の縦じまが入り、秋にはルビーネックレスのような赤紫色に紅葉します。

三日月ネックレス/ゲンゲツ

細長い三日月形の葉が特徴の品種です。先端にいくほど節間が広くなり、吊り鉢に植えると美しい茎のラインが際立ちます。1年を通して安定した草姿を維持できるため、インテリアとして人気です。

ルビーネックレス/紫月(しげつ)

全体が山ぶどうのような赤紫色で、グリーンネックレスよりやや縦長でふくよかな葉をつけます。秋には黄色の花を咲かせ、カラフルな色彩で目を楽しませてくれますよ。

紫麗玉(しれいぎょく)

ルビーネックレスによく似たぶどう色の茎に、黄色い花をつけます。葉色は通常のグリーンネックレスよりも濃い深緑色で、表皮から紫色がうっすらと透けて見えます。

銀月(ギンゲツ)

全体が白い毛で覆われ、まゆのような紡錐形の葉をつけます。生長すると茎立ちしますが、幼苗が土から生える様子は珍しいキノコのようです。

グリーンネックレスの花言葉と花を楽しもう

丸い葉っぱを垂らしながら生長していく姿で、インテリアとしても人気のグリーンネックレス。多肉植物との寄せ植えを楽しんだり、育てて花を咲かせたり、増やしたり、楽しみ方も様々です。

ぜひおうちでグリーンネックレスを育ててみてくださいね。

更新日: 2020年04月08日

初回公開日: 2015年08月24日

関連コンテンツ