ホルティ by GreenSnap 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

ガザニアの花言葉・種類・品種は?宿根草や開花時期は?

ガザニアは、形がはっきりとした花びらをつける夏の花です。オレンジや黄色のきれいな花が夏の空に映え、グランドカバーとして人気があります。今回は、ガザニアの花言葉、種類・品種、開花時期などについてまとめました。

ガザニアの花言葉や意味・由来は?

『あなたを誇りに思う』『笑顔で答える』『身近な愛』

「あなたを誇りに思う」は、勲章のような花姿をしていることに由来します。「笑顔で答える」は、見ている人に元気を与えてくれる花色にちなみます。

ガザニアの学名・原産国・英語

学名
Gazania
科・属名
キク科・ガザニア属
英名
Gazania
Treasure flower
原産地
南アフリカ
開花期
4~7月、9~10月
花の色
赤、ピンク、白、黄、オレンジ
別名
クンショウギク(勲章菊)
トレジャー フラワー(宝の花)

ガザニアってどんな花?名前の由来は?

ガザニア 花

ガザニアは、南アフリカ原産の草花で、15~40cmほどに生長します。濃い緑色でヘラ状の葉をつけ、茎の先に直径5~10cmの花を咲かせます。たくさんの園芸品種があり、カラーバリエーションが豊富なうえ、一重や八重咲きなど咲き方も様々。

日本へは大正時代の終わり頃に渡来しました。冬に枯れてしまうことから、一年草として扱われますが、最近は品種改良が進み、寒さにも耐えられるものが出回るようになりました。

原産地では耐暑性、耐寒性のある多年草として栽培され、花は日に当たるときだけ咲き、天気の悪い日や夜には閉じてしまいます。

名前の由来

名前は、古代ギリシアの書物をラテン語に翻訳したセオドルス・ガザ氏にちなんでつけられました。また、花姿が勲章に見えることから、勲章菊という和名がつきました。

ガザニアの開花時期と見頃の季節は?

5~10月頃までと長いことが特徴です。真夏を除いた4~7月と9~10月に見頃を迎えます。最盛期には白や黄色、オレンジと色とりどりの花を咲かせてくれますよ。

ガザニアの種類や品種は?宿根草はある?

ガザニア 種類

南アフリカに約40種が分布しています。現在ガーデニングに用いられるのは、野生種を改良したヨーロッパ生まれの品種です。以下に、代表的な種類や品種をいくつかご紹介します。

ガザニア・リネアリス

原種の1つで、黄色やオレンジの細長い花びらをつけます。草丈が15~20cmと低いことから、鉢植えでよく育てられます。

ガザニア・リゲンス

黄色やオレンジ、赤の花を咲かせ、シルバーリーフが美しい原種です。草丈は15~30cmほどに生長し、リネアリスとともに多くの園芸品種の元となっています。葉が白い毛でうっすらと覆われているのが特徴です。

ニューデイ

通常のガザニアよりも一回り大きな花を咲かせる品種です。花色も黄、オレンジ、ピンク、白など様々で、品種によっては、花びらの中心にスジが入ります。

シルバーカーペット

シルバーリーフが美しい品種で、花が咲いていない季節もカラーリーフとして楽しむことができます。10~20cmの草丈で、鮮やかな黄色の花を咲かせます。寒さに強く、宿根草として育てることもできます。

ガズー

宿根ガザニアの代表品種で、ガザニアの中でも人気があります。花の直径が10cm前後と、他のガザニアとは比べ物にならないほど大きな花を咲かせます。

カシスクリーム

白ベースの花びらに、カシスのような濃い紫のスジが入る品種です。葉はシルバーリーフで、白い毛で覆われています。コンパクトにまとまり、花壇や鉢植え、プランターなど使い勝手がいいことも魅力です。

ガザニアの花は色のバリエーションが豊富

ガザニアは、日当たりと水はけさえよければ、元気に育ってくれる草花です。近年は宿根草の品種もたくさん出回り、グランドカバーとしての人気も高まってきています。花色にも黄・オレンジの他に、ピンクやストライプの入ったものなど様々で、植える場所の雰囲気に合ったものを選べますよ。ガザニアを寄せ植えにして、真夏のガーデニングを楽しんでみてくださいね。

更新日: 2015年09月19日

初回公開日: 2015年09月19日

関連コンテンツ