ホルティ 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

千両(センリョウ)とは?花言葉の意味や由来は?

千両は、日本に古くからある低木の1つです。今も昔も愛される庭木の定番で、赤や黄色の実をつける枝は、正月飾りによく見かけます。万両とともに「千両、万両」と称され、商売繁盛の縁起木としても人気ですよ。今回は、そんな千両とはどんな植物なのか、花言葉や万両との違いについてご紹介します。

千両(センリョウ)の花言葉!意味や由来は?

『利益』『祝福』『富』『財産』『恵まれた才能』『可憐』

「利益」「裕福」「財産」など縁起のよい花言葉は、たくさんの実をつける姿が豊な印象を与えることにちなみます。「恵まれた才能」は素質の高さ、「可憐」は端正な見た目を表し、可能性や美しさも兼ね備えた樹木であることを表しています。

千両(センリョウ)の学名・原産国・英語

学名
Sarcandra glabra
Chloranthus glaber
科・属名
センリョウ科・センリョウ属
英名
Japanese Sarcandra
Sarcandra
原産地
日本~中国、マレーシアなど東アジア
開花期
6~9月
※実がなるのは10~2月
花の色
別名
仙寥花(センリョウカ)
草珊瑚(クササンゴ)
仙霊草(センレイソウ)
竹節草(タケフシソウ)

千両(センリョウ)とは?どんな花を咲かせる植物?

センリョウ

千両は、センリョウ科・センリョウ属に分類される常緑性の低木です。東アジアの熱帯~暖帯に分布し、日本でも庭木として利用されてきました。江戸時代までは、「仙寥花(センリョウカ)」と呼ばれていましたが、見た目の似ている万両よりも実つきがまばらなことと、縁起をかつぐ意味を込めて千両になったといわれています。

樹高は50~80cmほどに生長し、縁にギザギザのある濃い葉っぱを1年中茂らせます。6~9月頃に黄緑色の小さな花を10数個かたまって咲かせますが、花びらはなく目立ちません。10~2月頃につける真っ赤な実を鑑賞して楽しみます。風水でも、この赤い実は幸運のシンボルとされ、物事が「実を結ぶ」縁起物と考えられているんですよ。

千両(センリョウ)や万両、百両、十両の違いは?

千両とよく似た植物で、同じく縁起のよい植物として、「万両」「百両」「十両」があります。いずれも真っ赤な実をつけることから、混同されがちです。そこで、以下にそれぞれの違いをまとめました。

千両 万両 百両 十両
分類 センリョウ科・センリョウ属 サクラソウ科・ヤブコウジ属
別名 草珊瑚(クササンゴ)など 藪橘(ヤブタチバナ) 唐橘(カラタチバナ) 藪柑子(ヤブコウジ)
樹高(cm) 50~80 100以上 20~50 20~30
特徴 ● 万両より実がつかない
● 葉の上に実がつく
● 左右対称に葉っぱがつく
● たくさんの実をつける
● 葉の下に実をつける
● 互い違いに葉っぱをつける
特に無し

千両(センリョウ)の種類や品種は?

千両は、東アジアの温暖な地域に自生しています。日本では江戸時代初期から栽培されてきましたが、流通しているのは赤実と黄実の2種が大半です。これは、変異がほとんど起こらず、品種改良がむずかしい植物であることが関係しています。下記に、千両の種類や品種、近い仲間をご紹介します。

キミノセンリョウ

オレンジがかった黄色の実をつける園芸品種です。黄色はお金がたまる縁起のよい色とされ、庭木に好んで利用されます。観賞価値の高い美しい姿ですが、赤い実の品種よりも実つきは少なめです。

ムラサキセンリョウ

「紫葉千両」「黒葉千両」「烏葉千両」とも呼ばれます。花は深紅色で、赤い実がつきます。葉裏が濃紫色、葉表は深緑色で、紫黒色の新葉は特に美しく、リーフプランツとしてもおすすめです。

シロミノセンリョウ

白い実のつくとても珍しい品種で、実姿はシロミノマンリョウによく似ています。あまり出回っておらず、入手がむずかしくなっています。

斑入りセンリョウ

白い覆輪やクリーム色の散斑などが葉っぱに入る希少品種です。フイリアオキの斑を淡く繊細にしたような雰囲気で、生産数が少ない上に人気が高いことから流通量は少なめです。

ヒトリシズカ

日本各地の林に自生し、山野草として栽培されている千両の近縁種です。名前は、1本の花穂を静御前の舞姿に見立てており、複数の花穂が出る「フタリシズカ」もあります。

チャラン

江戸時代から観葉植物として栽培されている近縁種の1つです。花にランのような香りがあり、葉っぱがチャに似ていることから名付けられました。原産地の中国では「金栗蘭」と呼ばれ、茶葉の香りづけに利用されます。

千両(センリョウ)は縁起のよい植物

センリョウ

真っ赤な実をつける姿が美しい千両。万両とともに縁起のよい樹木として、日本人に古くから愛されてきました。樹高もそれほど高くなく、鉢植えでも地植えでも楽しめることが人気の理由。また、切り花にすれば、お正月の雰囲気をより盛り上げることができますよ。自分好みの楽しみ方で、千両を堪能してみてください。

初回公開日: 2016年02月02日