ホルティ 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

【センリョウ(千両)の育て方】剪定や挿し木、植え替えの方法は?

冬の寂しい花壇に、真っ赤な実で彩りを添えてくれる千両。万両とともに、お正月飾りによく見かける植物です。樹高が1mほどの低木で、緑色の葉っぱを1年中茂らせていますよ。今回は、そんな千両の育て方について、剪定や挿し木、植え替えの方法などをご紹介します。

センリョウ(千両)とは?

千両は、センリョウ科・センリョウ属に分類される常緑性の低木です。東アジアの熱帯~暖帯に分布し、日本でも庭木として利用されてきました。

江戸時代までは、「仙寥花(センリョウカ)」と呼ばれていましたが、見た目の似ている万両よりも実つきがまばらなことと、縁起をかつぐ意味を込めて千両になったといわれています。

樹高は50~80cmほどに生長し、縁にギザギザのある濃い葉っぱを1年中茂らせます。6~9月頃に黄緑色の小さな花を10数個かたまって咲かせますが、花びらはなく目立ちません。10~2月頃につける真っ赤な実を鑑賞して楽しみます。

風水でも、この赤い実は幸運のシンボルとされ、物事が「実を結ぶ」縁起物と考えられているんですよ。

センリョウ(千両)の種まき、苗植えの時期と方法は?

種まき

10~2月の間に、熟した実から種を取り出してまいていきます。果肉を水で洗い流し、赤玉土(小粒)を入れた育苗ポットに植え付けましょう。

寒風の当たらない屋外に置き、敷きワラをかぶせるなどして、春の発芽まで土を乾かさないよう水やりをして管理します。樹高が20cm前後に育ったら、鉢か地面に植え替えて引き続き育ててください。

苗植え

4~5月か、9~10月が植え付けの適期です。寒さに弱い性質なので、東北より北の地域では、鉢植えで育てるようにしてください。

鉢植えは、苗よりも1回り大きなプラスチック製の深鉢が、土が乾きにくくおすすめです。底に鉢底石を1/3ほど入れ、中央に苗木を置いてください。春~秋は屋外、冬は屋内で管理します。

地植えは、日差しの穏やかな場所を選び、苗の1.5倍以上の植え穴を掘って植えます。深植えにならないよう注意して植え、倒れるようなら横に支柱を立てて支えましょう。

センリョウ(千両)の育て方!土作り、水やり、肥料の与え方は?

土作り

千両は、水はけと水もちのバランスがよい土を好みます。鉢植えは、赤玉土(小粒)7~8に対して、腐葉土や堆肥を2~3混ぜたものがおすすめです。地植えは、植え穴を掘った土に2~3割腐葉土を混ぜておきます。

水やり

千両は、湿り気のある土壌を好みます。鉢植えは、土の表面が乾いたら、たっぷりと水やりをします。地植えは、根付くまでは乾燥に注意して水やりをしますが、基本的には降雨のみで十分です。

肥料

千両は、1~2月に油かすや骨粉などの有機肥料を株のまわりに少量施します。鉢植えは、状態をみて9月に追加で同じ肥料を与えてもかまいません。窒素分が多い肥料だと、枝が間延びしてだらしない姿になるので注意してください。

センリョウ(千両)の剪定!時期と方法は?

千両は、地下茎が横にはって生長し、株元からいくつもの枝を生やします。放っておいても株立ちして樹形が乱れることはほとんどありません。ただ、枝が茂りすぎてしまうと、株が蒸れて株元の葉っぱが枯れてしまいます。

3年以上育てた株は、3月に枯れた枝や混み合っている部分の枝、実の付かない枝を適度に間引いていきましょう。また、株を若返らせたいときは、実がなっている枝を地際から切り落とすのも1つの方法です。

センリョウ(千両)の育て方!植え替えの時期と方法は?

千両の鉢植えは、2~3年に1回、4~5月または9~10月に1回り大きな鉢に植え替え、根詰まりを防ぎます。植え替えの手順は、植え付け時と同じです。株を大きくしたくないときは、地下茎を短く切り詰め、土だけを入れ替えて元の鉢に植え直します。

センリョウ(千両)の増やし方!株分けや挿し木の時期と方法は?

千両は、種まき、株分け、挿し木で数を増やすことができます。種まきの手順は、植え付け時にご紹介した方法と同じです。株分けは4~5月、挿し木は3~6月に行えます。

株分け

植え替えと同時に行うと効率的です。伸びている地上部の葉っぱが落ちてしまった古い枝を切り落とし、地下茎を掘り起こしたら、適当なところで切り分けます。その後、それぞれを植え付けていきます。

挿し木

枝を2~3節切り取り、挿し穂にします。芽吹く前の枝を使うと発根しやすいですよ。挿し穂は、先端の葉っぱを4枚残して他を切り落とし、30~60分ほど切り口を水に浸けてから、赤玉土(小粒)に挿していきます。

日陰で土が乾燥しないよう水やりをして管理していると、3~4ヶ月ほどで新しい根と芽が出てきます。

センリョウ(千両)の育て方のポイントは?

薄日が差す程度の日陰~半日陰で、冬の冷たい風に当たらないような場所に植え付けることがポイントです。直射日光の当たる場所や、乾燥した土壌が苦手なので注意してください。また、寒さにも弱いので、東北より北の地域では鉢植えで楽しみ、地植えであれば冬は防寒対策を施しましょう。

センリョウ(千両)は栽培しやすい樹木

千両は、目立った病害虫もなく、日本に多い日陰のじめじめした庭でも栽培しやすい植物です。剪定の苦労もほとんどなく、なにより人の背丈ほどの低木は手入れがしやすいですよね。

真っ赤な実は、お正月飾りにもぴったり。千両を育てて、花瓶に挿したり、アレンジメントに活用したりして、楽しんでみてください。

初回公開日: 2016年02月02日