ホルティ by GreenSnap 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

ノウゼンカズラ(凌霄花)の花言葉!毒性、種類、見頃の季節は?

ノウゼンカズラは、真夏に鮮やかなオレンジ色の花を咲かせる花木です。つるを壁や木に生やし、どんどん花を咲かせていく姿は迫力満点。平安時代には、薬として使われていたとか。今回は、ノウゼンカズラの花言葉や毒性、種類、見頃の季節などについてご紹介します。

ノウゼンカズラ(凌霄花)の花言葉は?

『名声』『名誉』『栄光』

● 西洋の花言葉…『fame:名声』

ラッパ状の花を咲かせる花姿から、英雄や勝者を祝福する際のファンファーレで吹くトランペットを連想し、「名声」「名誉」という花言葉がつけられました。

ノウゼンカズラ(凌霄花)の学名・原産国・英語・漢字

学名
Campsis grandflora
科・属名
ノウゼンカズラ科・ノウゼンカズラ属
英名
Chinese trumpet vine
Chinese trumpet creeper
原産地
中国
開花期
7~8月
花の色
オレンジ、黄、赤
別名
凌霄花(ノウゼンカズラ)

ノウゼンカズラ(凌霄花)とはどんな花?名前の由来は?

ノウゼンカズラ 花

ノウゼンカズラは、つる性の落葉樹です。枝や幹から根を生やし、壁や木の上を這いながら上に伸びていきます。

草丈は3~10mにまで生長し、3~7cmのギザギザした葉っぱをつけます。真夏になるとラッパ状の花を咲かせ、花の中から、周りを湿らせるほどの蜜を垂らす、という特徴があります。

名前の由来

和名は、漢名の「凌霄(りょうしょう)」という名前が「ノウセウ」となまり、その後ノウゼンになったといわれています。

英名は、ラッパに似た花の形から「トランペットヴァイン(Trumpet vine)」や「トランペットクリーパー(Trumpet creeper)」と呼ばれます。

ノウゼンカズラ(凌霄花)の開花時期と見頃の季節は?

真夏の7~8月に花を咲かせます。オレンジ、赤、黄と花色がはっきりしており、夏の青空によく生えますよ。

ノウゼンカズラ(凌霄花)に毒性はある?

花の蜜には、ラパコールという成分が多く含まれています。ただ、ラパコールがどれだけ有毒なのかはまだ明らかにされていません。

過去事例として、花びらに多く含まれているため、花の汁が手につくとかぶれ、目に入ると炎症を起こすなどの事故があったとされています。

ノウゼンカズラ(凌霄花)の種類や品種は?

アメリカノウゼンカズラ

原産国がアメリカで、別名「コノウゼンカズラ」と呼ばれる品種です。ノウゼンカズラよりも小ぶりで細長い花を咲かせます。花色は赤みがかったオレンジ色をしています。

タグリアブアナ

ノウゼンカズラとアメリカノウゼンカズラを交配させた種類です。花の形はノウゼンカズラ、花の色はアメリカノウゼンカズラの性質を受け継いでいます。代表的な品種に「マダム・ガレン」があります。

ピンクノウゼンカズラ

ポドラネア属のピンク色の花を咲かせる品種です。属が異なる南アフリカ原産の品種で、寒さに弱いため、鉢植えがおすすめです。

ノウゼンカズラ(凌霄花)は色々な仕立て方を楽しめる花

ノウゼンカズラ 庭 仕立て方

ノウゼンカズラは、夏に鮮やかなオレンジの花を咲かせます。つるをどんどん伸ばして生長するので、さまざまな仕立て方が楽しめますよ。アーチやフェンスの近くに植えれば、バラのような華やかさに。玄関付近の壁に這わせるのもすてきですね。ちょっと寂しいなと思う場所には、ぜひ、ノウゼンカズラを植えてみてください。

初回公開日: 2015年09月18日