ホルティ by GreenSnap 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

ノウゼンカズラの育て方!剪定、挿し木、苗の植え方、仕立て方は?

中国に自生する花木で、日本でも平安時代から栽培されていたノウゼンカズラ。気根と呼ばれる地上に現われる根を生やし、壁やフェンスをはうようにして伸びていきます。初夏には南国を思わせるオレンジ色の花を咲かせてくれますよ。今回は、ノウゼンカズラの育て方について、剪定や挿し木の時期と方法などをご紹介します。

ノウゼンカズラの育て方のポイントは?

日当たりと水はけがよい場所で育てるのがポイントです。

ただ、生命力が強い分、つるがどんどん伸びていき、収拾がつかなくなることもしばしば。葉が落ちている冬に、剪定はかかせません。

また、つるが変な方向に伸びないよう、支柱を立てる、フェンスの近くに植えるなど、つるが伸びる方向を決めてあげるときれいに仕立てることができますよ。

ノウゼンカズラの苗植えの時期と方法は?

苗は、3~4月に植え付けて育てます。生長が早く、高さ3~6mに生長するので、広いスペースで地植えにするのがおすすめです。

鉢植え

苗よりも一回り大きな鉢に、水はけのよい土を入れて植え付けていきます。その後は、日当たりのよい場所に置いて管理しましょう。つるをどんどん伸ばすので、「あんどん支柱」という朝顔に使う輪のついた支柱を立てておくと、つるがきれいに伸びます。

地植え

日当たりと水はけのよい場所で、つるが伸びてもよいくらい広いスペースがとれる場所に植え付けます。フェンスや棚の近くに植えるか、支柱を立てるようにしてください。苗よりも一回り大きな植え穴を掘り、苗を植えていきます。

ノウゼンカズラの土作り、水やり、肥料の与え方

ノウゼンカズラ 花

土作り

鉢植えは、赤玉土(小粒)7:腐葉土3で配合した土がおすすめです。地植えは、掘りあげた土に1/3ほど堆肥や腐葉土をまぜ、2週間ほど寝かせた土を使用しましょう。

水やり

鉢植えは、土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。

地植えは、植え付けてから根がはるまでは土の表面が乾いたら水を与え、開花期は毎日水を与えてください。

肥料の与え方

鉢植え、地植えともに、2月と4~5月に1回ずつ肥料を与えます。ゆっくり効く緩効性の化成肥料か、鶏糞や油かすなど有機質の肥料を株元に施しましょう。

ノウゼンカズラの剪定の時期と方法は?

ノウゼンカズラ つる

葉が散る12月~2月下旬頃に剪定をします。太い枝は芽を3~4個ほど残して、幹から伸びる細い枝を全て切り落とします。冬に剪定することで、春に勢いよくつるが伸ばし、たくさんの花を咲かせますよ。

ノウゼンカズラの仕立て方!つるの誘引、越冬の方法は?

つるの誘引

ある程度、高さがでてきたら、つるを仕立てます。支柱やフェンスに、ワイヤーや麻ひもでつるを絡ませるのが一般的です。スペースに余裕のある方は、アーチやポールに絡ませても、すてきに仕上がりますよ。

冬の過ごし方

-5度までの寒さであれば、冬を越すことができます。ただし、地面が凍ると根が傷むので、冬は地面に腐葉土やわらを敷いて防寒しましょう。

ノウゼンカズラの植え替えの時期と方法は?

鉢植えは、根が鉢いっぱいに広がったら、3~4月に一回り大きな鉢に植え替えます。植え替えの手順や土は、植え付け時と同様です。このとき、傷んでいる根は取り除きましょう。

地植えの場合は、植え替えの必要はありません。

ノウゼンカズラの増やし方!挿し木の時期と方法は?

3~4月に挿し木で数を増やします。

1. 前年に伸びた枝を15~20cm切って挿し穂を作る
2. 切り口を1時間ほど水に浸ける
3. 湿らせた赤玉土の入った鉢に挿す
4. 直射日光の当たらない場所で、土が乾かないように管理する
5. 根がでて1年ほど育ててから、大きな鉢や庭に植え替える

ノウゼンカズラの栽培で注意する病気や害虫は?

病気や害虫の心配がない丈夫な樹木ですが、ときどき新芽にアブラムシがつくことがあります。アブラムシは、針を挿して植物の栄養を奪うだけでなく、すす病を誘発します。

見つけ次第ガムテープなどで引きはがすか、薬剤を散布して駆除しましょう。また、窒素の多い肥料を与え過ぎると発生しやすくなるので注意してください。

ノウゼンカズラの育て方は手間いらず

ノウゼンカズラ 空

ノウゼンカズラは、丈夫な植物で、病害虫の心配がほとんどありません。庭植えにすれば、水やりの手間もほとんどかからず、たくさんのつるを伸ばして生長していきますよ。

ただ、放っておき過ぎると、思ってもいないところにつるが伸びてしまったり、日陰を作って他の植物が弱ってしまったりします。適度に剪定しながら、ノウゼンカズラの美しい花を楽しんでくださいね。

初回公開日: 2015年09月19日