ホルティ by GreenSnap 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

熊童子(熊の手)の育て方|挿し木での増やし方や花言葉は?

ユニークな姿が魅力の多肉植物。中でも熊童子は、ぷっくりとふくらんだ葉っぱがかわいらしく、人気がありますよ。長く育てていくと、茎が立ち上がって違った姿も楽しめます。今回は、熊童子の育て方や花言葉、挿し木での増やし方についてご紹介します。

熊童子(熊の手)の花言葉は?

『枯れない愛』

かわいらしい姿と、手間がかからず枯れにくい性質が花言葉の由来です。ただ、もともと花言葉はなく、最近になってつけられたといわれています。

熊童子(熊の手)の花の色や別名は?

学名
Cotyledon tomentosa spp. ladismithensis
科・属名
ベンケイソウ科・コチレドン属
英名
Bear’s Paw
kumadouji
原産地
南アフリカ
開花期
9~11月
花の色
黄、オレンジ、ピンクなど
別名
熊の手(クマノテ)
コチレドン
コティレドン

熊童子(熊の手)とは?どんな多肉植物?

クマドウジ コグマノテ コチレドン (3)

熊童子は、南アフリカ原産の多肉植物です。カランコエと同じベンケイソウ科に属し、肉厚の葉っぱが特徴的です。葉の先端には、爪のような突起が3~5個ついており、茶色くなっています。秋になると、紅葉して、葉の先端の赤みが増します。

株がまだ幼いうちはこんもりと茂っていますが、生長すると茎が立ち上がり、枝も増えて樹木のようになって違う姿を楽しむことができます。また、大きな株は、9月下旬〜11月中旬頃に、葉っぱの間から細い茎を伸ばし、釣り鐘型の小さな花を4~6個咲かせます。花びらは5~6枚で、ピンクやオレンジ、黄色をしています。

名前の由来

学名のtomentosa(トメントサ)は、「ビロード毛のある」「 密に細綿毛がある 」という意味で、葉の表面が産毛で覆われていることに由来します。触れると、とても気持ちよい肌触りをしています。また、和名の「熊童子」や別名「熊の手」は、葉っぱの姿が熊の子供(童子)の手のように見えることにちなんでつけられました。

熊童子(熊の手)の種類や品種は?

ベンケイソウ科コチドレン属の1品種である熊童子には、約3亜科1400品種仲間がいます。葉に黄色や白の斑のあるクマドウジニシキ(熊童子錦)や細身でギザギザも少ないコネコノツメ(子猫の爪)などの種類が知られていますよ。今回は、熊童子と同じ南アフリカのケープ地方が原産地の、ベンケイソウ科・コチレドン属の代表品種をいくつかご紹介します。

熊童子錦(クマドウジニシキ)

熊童子の品種で、葉っぱに白やクリーム色の斑が入ります。斑の入り方が株によって違うので、複数揃えて楽しめます。

子猫の爪(コネコノツメ)

葉先が3つほどに分かれ、熊童子に比べて小さいことから名付けられた品種です。生長が遅く、じっくりと育てることができます。

聖塔・大型白美人(せいとう/おおがたはくびじん/デクッサラ)

1933~34年頃に渡来した品種で、草丈75cmほどに生長します。細長く先の尖った葉っぱをつけ、先端が赤みを帯びているのが特徴です。3cmほどの赤縞の入った黄色いを咲かせます。

輪廻(りんね/福娘/オルビキュラータ)

草丈50〜90cmの低木で、細長く直立した葉っぱが特徴です。全体的に灰白色をしており、先端や縁が紅色を帯びています。花の長さは20mm前後で、オレンジ色です。日本には、1934年頃に渡来してきました。

熊童子(熊の手)の育て方のポイントは?

インテリア リビング 観葉植物 インテリア 室内 部屋 

適度な水やりが重要なポイントで、日当たりと風通しのよい場所で元気に育ちます。熊童子は、春と秋に活動し、夏と冬に休眠する「春秋型」の多肉植物です。休眠期は、生育期よりも水やりの頻度を下げ、乾燥気味に育てます。

置き場所

日当たりと風通しのよい場所を好みます。多湿に弱いため、鉢の中の水が乾きやすい環境に置きましょう。梅雨や盛夏など高温多湿になりやすい時期は、冷房の風が直接当たらないよう気をつけ、風通しをよくするとよいですよ。

冬越し

最低でも、気温0~5度が保てる環境であれば、冬越しができます。冷たい風や霜に当たると葉が枯れることがあります。もし、土が凍っても、根がダメージを受けていなければ、春に新芽が出てくることもありますよ。

夏越し

関東・関西の大都市圏では、夏越し対策が重要になります。朝夕の涼しい時間に水やりを行い、直射日光や気温が高くなる場所には置かないようにしてください。昼間の水やりは、土が温まって蒸し風呂のような状態になり、株がダメージを受けます。

熊童子(熊の手)の植え方!鉢植えの時期と方法は?

ソファー 花 観葉植物 インテリアグリーン

苗を購入して鉢植えで育てるのが一般的です。鉢植えや地植えともに、3〜6月中旬、9月中旬〜11月中旬頃が植え付けの適期です。

鉢植え

1. 黒ポットや素焼き鉢に土を入れる
2. 中央に割り箸などで穴をあけ、中に苗を植え付ける
3. 苗がぐらつかないよう、手で優しく土を押さえる
4. 半日陰で管理し、3〜4日後に水やりをする

地植え

年間を通して、最低でも5度が保てる環境あれば、地植えは可能です。風通しと水はけのよい場所に植えましょう。植え付けの2週間前、土を掘り上げ、苦土石灰を混ぜて酸性濃度を中和します。そして、1週間前に腐葉土や川砂を混ぜて寝かせておきます。苗を植え付けたら、1週間ほどは水やり不要です。

雪、霜、凍結によって枯れる場合があるので、冬は鉢植えに植え替えて室内に入れるか、暖地で育てるようにしてください。

熊童子(熊の手)の土作り・水やり・肥料の時期と方法は?

大粒 赤玉土 赤土 植え付け 土作り

土作り

水はけと通気性のよい土を好みます。市販の多肉植物専用土をそのまま使ってもかまいませんが、日向砂や軽石、バーミキュライト、川砂を加えると水はけがよくなりますよ。自作するときは、赤玉土(小粒)か鹿沼土(小粒)3:軽石2:腐葉土2の割合で混ぜた土がおすすめです。

水やり

1年を通して、乾燥気味に育てます。土が乾き、葉がしわしわになった頃が水やりの目安です。

肥料

3〜6月中旬と9月中旬〜10月下旬頃、ゆっくりと効く緩効性化成肥料を2ヶ月に1回施すか、液肥を10~15日に1回与えてください。真夏と真冬の肥料は不要です。

熊童子(熊の手)の剪定の時期や方法は?

軍手 剪定はさみ

日照不足で茎が伸びすぎ、葉も枯れ出したら、時期にかかわらず切り戻しをします。3〜6月中旬、9月中旬〜11月中旬頃であれば、切り取った葉を葉挿しに利用できますよ。

方法

1. 伸びすぎた茎を清潔なハサミでカットする
2. 全体の高さを新芽に揃えるように切りそろえる
3. 日当たりがよい場所で管理する
4. 2ヶ月ぐらい経つと親株の部分に新芽が出てくる
5. 種を必要としないときは、花柄を摘みとる

熊童子(熊の手)の植え替えの時期や方法は?

適期は、3〜6月中旬と9月中旬〜11月中旬頃です。小さな鉢の場合、生育が早いので春と秋の2回の植え替える場合もあります。3〜5年育ったものは1年に1回、それ以上のものは2年に1回を目安に植え替えましょう。

1. 鉢から株を抜き、根についた古い土を丁寧に落とす
2. 傷んだ根を清潔なハサミでカットする ※軽く引っ張って取れてしまう根は傷んでいる
3. 1回り大きな鉢に、乾いた土を入れる
4. 株がぐらつかないように根を広げながら植え付ける
5. 半日陰で管理して、1週間後に水をやる

熊童子(熊の手)の増やし方!挿し木(葉挿し、挿し芽)の時期と方法は?

クマドウジ コグマノテ コチレドン (1)

適期は3〜6月中旬、9月中旬〜11月中旬頃です。

挿し木(葉挿し、挿し芽)

1. 葉を数枚つけた状態で、株元の少し上あたりをカット
2. 切り口を数時間乾かす
3. 底の浅い容器に土を入れ、茎を挿す、または、土の上に置く
4. 発根するまで水やりをせずに管理する
5. 発根と同時に、小さな新芽が出る
6. 明るい日陰で管理し、葉がしわしわになったら霧吹きで水を吹きかける

熊童子(熊の手)の寄せ植えの時期や方法は?

3〜6月中旬、9月中旬〜11月中旬頃、同じ春秋型の多肉植物を寄せ植えにして楽しめます。ただ、別々に育てた方が長持ちするので、ある程度寄せ植えを楽しんだら、それぞれを別の鉢に植え替えてあげましょう。

おすすめ多肉植物

ガステリアリリプターナ/クラッスラ”綺麗”/クラッスラ・クラバータ/ドドランタス/ヘレイ/天錦章(てんきんしょう)/パーティードレス/レインドロップ/チワワエンシス/リラシナ/ボンビシナ/高砂の翁/大和錦/紅司(こうじ)など

寄せ植えのアレンジ例

● 葉の色彩や品種、大きさなどで立体感を演出
● 色づく大きな葉をメインに、薄い色の小さな葉を植えてメリハリを出す
● 左右に濃い色を配置して互いを引き立てる
● 白~黄緑色などと、グラデーションをつける

熊童子(熊の手)の育て方で注意する病害虫は?

虫除け 水やり 防虫 葉水 霧吹き スプレー

特に病害虫の心配はありませんが、まれにカビ類が土に発生し、根腐れを引き起こすことがあります。風通しのよい窓辺に鉢を移動させましょう。カビや害虫を見つけたら、被害を受けた箇所を取り除き、薬剤を散布するか植え替えをしてください。

おすすめの薬剤

酢と焼酎を同量で混ぜ、ニンニクの絞り汁や乾燥した唐辛子、木酢液などを加え、水で500倍に薄めたものを霧吹きで植物に散布します。ほとんどの害虫に効果があり、色々な殺虫剤を揃える必要がないので経済的です。

熊童子(熊の手)を育てよう

クマドウジ コグマノテ コチレドン (4)

水苔を使ってバスケットやブリキに植えてみたり、ハイドロカルチャーで育ててみたり、好みのアレンジが楽しめる熊童子。和風のお部屋であれば、苔玉で仕立ててみると、植木鉢とは違った雰囲気を味わうことができますよ。

更新日: 2020年05月13日

初回公開日: 2015年11月14日

関連コンテンツ