ホルティ 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

コンパニオンプランツとは?おすすめの植物や植え方一覧

趣味で家庭菜園を始める人も増え、最近では「コンパニオンプランツ」という言葉を耳にする機会も徐々に増えてきました。

コンパニオンプランツは、野菜や花と一緒に植えることでよい影響をあたえる植物のことを指すのですが、具体的な影響や相性のよい組み合わせを知らない方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、コンパニオンプランツについて、おすすめの植物や植え方と一緒にご紹介します。

コンパニオンプランツとは?

スプレー 防虫 駆除 対策 殺虫剤 殺菌剤 ネット あみ 地植え

コンパニオンプランツとは、育てたい野菜や花のそばに植えることでよい影響をもたらす植物のことをいいます。別名、「共栄作物」「共存作物」とも呼ばれます。

コンパニオンプランツを植えることで、病気や害虫の被害にあいづらくなる、生育がよくなる、風味や味がよくなるといった作用があります。野菜の場合は、農薬や化学肥料の使用量を減らすことも。

バンカープランツとは?コンパニオンプランツとは違うの?

黄色 アブラムシ 防虫 虫対策

バンカープランツとは、病気や害虫の被害にあいやすい植物を近くに植えて害虫のほこ先を誘導するための植物のことをいいます。

本来育てたい植物への被害を減らす方法の1つとして利用される、コンパニオンプランツの一種です。

コンパニオンプランツには相性があり、組み合わせを間違えてしまうと、互いに生育が悪くなってしまうので注意してください。

コンパニオンプランツとして有名なマリーゴールド

オレンジ マリーゴールド

畑のあぜ道にマリーゴールドが植えられている光景をよく目にしませんか。これは、一年草のマリーゴールドが「植物のお医者さん」と呼ばれるほどコンパニオンプランツとして優秀だからです。

マリーゴールドは様々な植物と相性がよく、根の分泌液が土中のセンチュウを遠ざけ、葉っぱのにおいには防虫効果が期待できます。

マリーゴールドのコンパニオンプランツとしての効果は?

マリーゴールド

以下に、マリーゴールドと相性のよい野菜とマリーゴールドがそれぞれに及ぼす影響をまとめました。

植物 作用
アブラナ科(キャベツなど) アオムシ、コナガ、ハムシ類を遠ざける
カボチャ、ズッキーニ センチュウ類を遠ざけ、生育を助ける
キュウリ アブラムシ、センチュウ類を遠ざける
シシトウ、ジャガイモ 害虫を遠ざけ、生育を促す
スイカ 病気や連作障害を防ぐ
ダイコン 病気やセンチュウ類などの害虫を遠ざけ、連作を可能にする
トマト、ナス、ピーマン 病虫害を減らし、生育を助ける
ニンジン センチュウ類を遠ざけ、きれいな根をつくる
レタス 生育を促す

コンパニオンプランツとしておすすめの植物と相性のよい組み合わせは?

? 疑問 クエスチョン

マリーゴールド以外にもコンパニオンプランツは存在します。以下に、家庭菜園で人気の植物と、その植物を育てる際におすすめのコンパニオンプランツをいくつかご紹介するので参考にしてくださいね。

1. トマト

トマト 育て方

トマトの栽培におすすめのコンパニオンプランツは、ネギ類、マリーゴールド、レモンバーム、にんにく、コリアンダー、ナスタチウム、パセリ、ミント、アスパラガスなどです。

トマトにとってネギ類は、根に共生微生物をもっていることから、病害虫の撃退に効果があります。

トマトの苗を植え付けるとき、苗にくっつけるように3~4本のネギやニラを植えるとよいですよ。

また、アスパラガスはトマトのセンチュウ類を、トマトはアスパラガスにつくハムシを防ぐ効果があり、よく一緒に植えられています。

2. キュウリ

コンパニオンプランツ キュウリ かぼちゃ

キュウリの栽培におすすめのコンパニオンプランツは、オレガノ、ディル、マリーゴールド、トウモロコシ、長ネギ、ニラ、三つ葉、ギニアグラスなどです。

キュウリは風に弱い野菜です。強い風に吹かれて芽がこすれると、傷がついてそこから病気になったり、折れたりしてしまいます。

そこで、丈の高いトウモロコシをキュウリの畝の近くで育てることで、風を防ぐことができますよ。また、オレガノをキュウリの株の近くに植えると、風味がましておいしくなります。

3. オクラ

オクラ 地植え 実

オクラの栽培におすすめのコンパニオンプランツは、バジル、マリーゴールド、ニラ、ペチュニア、エダマメなどです。

オクラはアブラムシがつきやすい野菜なので、バジルを一緒に植えるとアブラムシがバジルの方に集中させると、オクラへの被害を減らすことができますよ。

オクラの苗とバジルの苗を交互に植え付けるのがポイントです。

4. キャベツ

キャベツ (2)

キャベツの栽培におすすめのコンパニオンプランツは、ソラマメ、コリアンダー、ペチュニア、レタス、マリーゴールド、タマネギ、スープセロリ、ゼラニウムなどです。

キャベツなどのアブラナ科の野菜は、アブラムシの被害がとても多いことで知られます。そこで、アブラムシの大好物であるソラマメをキャベツの株の間に植えて、キャベツへの被害を減らしていきましょう。

ソラマメは、アブラムシの天敵てんとう虫を呼び寄せる効果もありますよ。花を植えたいときは、虫が嫌いなにおいを放つゼラニウムがおすすめです。

5. カブ

カブ 畑 地植え 

カブの栽培におすすめなコンパニオンプランツは、カモミール、ニンジン、エンドウマメ、バジルなどです。

カブの生育を促し、アブラムシを防いでくれるのが、「植物のお医者さん」ともいわれるカモミールです。

植え付けのときに、カモミールの種を一緒にまくか、またはカモミールは繁殖力旺盛なため、そばにカモミールを植え付けたプランターや鉢を置いておくとよいですよ。

6. ブロッコリー

ブロッコリー 畑 収穫 栽培 地植え

ブロッコリーの栽培におすすめのコンパニオンプランツは、ナスタチウム、マリーゴールド、カモミール、パセリ、レタス、にんにく、セージ、サルビア、ミントなどです。

ブロッコリーのコンパニオンプランツは、ナスタチウムがおすすめです。アブラムシやナメクジなどの害虫を防いでくれますよ。

また、ナスタチウムのオレンジ色の花が、畑や庭に彩りを添えてくれます。合わせてハーブを育てたいときは、ミントやシソが生育を促してくれます。

コンパニオンプランツを活用して野菜や花を育てよう

コンパニオンプランツ 畑 親子 ネギ

コンパニオンプランツといっても、香りによって害虫を防ぐもの、害虫をおびき寄せるタイプのもの、土壌改良や連作を可能にするもの、病気を防ぐものなど効果は様々です。

相性のよい植物を組み合わせることで、農薬や殺虫剤の使用を減らせるので、有機栽培にもチャレンジできますよ。育てたい野菜や花にあったコンパニオンプランツを知り、ガーデニングをもっと楽しんでくださいね。

初回公開日: 2015年12月07日