ホルティ 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

スモークツリー(煙の木)の育て方!剪定や挿し木の時期と方法は?

花が咲いた後、綿毛のような穂が木全体を包み込むスモークツリー。煙が立ちのぼっているように見えることから名付けられた花木です。

見た目がユニークなことに加え、寒さや暑さに強く、生長も早いことから、庭のシンボルツリーとしても人気があります。

今回は、スモークツリーの育て方について、剪定や挿し木の時期と方法などをご紹介します。

スモークツリー(煙の木)はどんな植物?

スモークツリーは、英名を「smoke tree」、和名を「煙の木」と言うように、国を問わず煙をイメージしている名称がついている樹木です。

南ヨーロッパからヒマラヤ、中国と広い範囲に分布し、樹高は3~5mほどです。初夏から真夏にかけて、雌の木は長さ20cmほどの花穂をつけます。

直径3mmほどの目立たない花を咲かせた後、残った軸の部分が羽毛のようになり、煙が立ち上っているような姿になるのが特徴です。

これは、種が遠くに飛ぶように進化したもので、雄株の花には見られません。そのため、園芸では雌株がよく植えられています。

スモークツリー(煙の木)の鉢植え、地植えの方法や時期は?

真冬を避けた2月下旬~3月、または、11~12月上旬が苗を植える適期です。鉢植えは、苗よりも1回り大きな鉢に1株植えていきましょう。

地植えは、日当たりと水はけのよい場所に、苗よりも1~2回り大きな植え穴を掘って植えます。根は細く弱いので、植える時、根についた土は傷つけないようにほぐしていきましょう。

スモークツリー(煙の木)の土作り、肥料の時期と方法は?

土作り

水はけのよい土を好みます。鉢植えは、赤玉土(小粒)5:腐葉土3:川砂2を混ぜたものを利用します。地植えは、植え穴を掘った土に腐葉土や堆肥を土に混ぜて水はけをよくしておくと安心です。

肥料の与え方

植え付け時に腐葉土や堆肥を土に混ぜているようであれば、ほとんど肥料は必要ありません。

鉢植えだけ、12~2月の間、2ヶ月に1回ゆっくりと効く緩効性化成肥料か、固形の油かすを株元に少し与えます。

スモークツリー(煙の木)の水やり方法は?

乾燥には強いですが、高い湿度には弱い樹木です。苗を植えた直後にだけ軽く水を与えれば、庭植え場の乾燥には強いですが、高い湿度には弱い樹木です。

植え付けの直後にだけ軽く水を与えれば、庭植えの場合はその後の水やりがほとんど必要ありません。降雨からの水分だけで十分に育ってくれるので、毎日の定期的な水やりをせず、やや乾燥気味に育てるようにしましょう。

夏などの時期に晴れた日が続き、地面がひび割れているようなときにだけ水を与えるといいでしょう。

落葉が終わったあとの冬の時期は生育速度が鈍ることもあり、あまり多くの水分を必要としていません。冬も他の時期と同じように、降雨からの水分だけで問題ないでしょう。

スモークツリー(煙の木)の剪定の時期と方法は?

スモークツリーは生長が早いので毎年剪定を行います。剪定時期は葉っぱが落ちてしまう11~2月が適期です。

特に若い木は樹形が乱れやすいので、伸びすぎた枝や重なった枝、細い枝など不要な枝を切り落としていきましょう。

古い枝を毎年きちんと切り落とすことで、若い枝が生え、株を若返らせることができます。ただ、この時期に花芽が作られるので、切りすぎると翌年に花が咲かなくなってしまうので注意してください。

スモークツリー(煙の木)の植え替えの時期と方法は?

鉢植えは、根詰まりを防ぐために1~2年に1回、1回り大きな鉢に植え替えを行います。

ただ、ある程度苗が大きくなったら、地植えに切り替える方が懸命です。植え替えの時期や手順は、植え付け時と同じです。

スモークツリー(煙の木)の栽培で注意する病気や害虫は?

スモークツリーは特に気にする病気や害虫はありません。ただ、まれにカイガラムシがつくことがあるので、見つけたら薬剤を散布するか、ブラシなどを使って木からこすり落として駆除しましょう。

スモークツリー(煙の木)の育て方!栽培のポイントは?

広い栽培スペースを確保し、強い風の当たらない場所で育てることがポイントです。

生長が早く、すぐに3~5mほどの大きさになってしまうので、鉢植えで育てていても、1m以上になったら地植えにするのがおすすめです。また、根が浅くはるので、風で倒れてしまわないよう注意してください。

スモークツリー(煙の木)の種類は様々

スモークツリーは、シンボルツリーとしてお庭に植える以外にも、切り花にして生け花やフラワーアレンジメントなどの花材に使えるなど、色々な楽しみ方ができる花木です。

綿菓子のような独特の穂が、アレンジメントの幅を広げてくれると人気ですよ。一般的な白い穂以外に、赤や紫、グリーンなど色も豊富なので、自分の好みに合ったものを育ててみてください。

初回公開日: 2016年01月04日